責任は日テレに

いろんな方面から物議を醸しだしている日テレのドラマ「明日、ママがいない」、こんな騒ぎの中で第3話まで放送された。自分は第1話を観て、以降は辞めてしまった。理由は芦田愛菜の演技だけが浮いてしまっていたから。あんな非の打ちどころのない芝居をされたら、引き込まれるどころかまったく子供らしさを感じない。何かシラケてしまったのだ。その際にかみさんが、「これって熊本のあの病院をモデルにしてるんでしょ? フィクションになってないし」と怪訝な顔で言ったひとことが、偶然にも翌日のNET記事に掲載されて、以後大騒ぎとなった。病院側は改善要求をする、日テレ側は最後まで観てくれという、スポンサーは全社CMを自粛、どっかのクリニック院長がスポンサーにとしゃしゃり出る、日テレは改善を検討・・・というのがこれまでの流れだ。途中に何人かのタレントがコメントを寄せているが、その中で佐藤弘道氏のコメントが一番的を得ていると思った。「人それぞれの捉え方があって当たり前」。一方的に放送している以上、観るか観ないかは本人の自由だし、観た人がどう感じようがそれも自由だと思う。問題が起きそうだと判断したら、子供に視聴させるのを検討するのが親の役目というもの(もともとそんな時間に視聴させること自体が問題かもしれないが)。自分が視聴を辞めたのも「捉え方」のひとつだろう。

スポンサーもいい迷惑を被ったものだ。競合する企業が多いだけに、消費者にソッポを向かれれば存亡の危機に関わる。ゴールデンのCM枠がどのくらいの金額になるかわからないが、それよりも世間の評判を重んじた企業にとっては苦渋の決断だっただろうし、対応の悪い日テレにやりきれない思いを感じているに違いない。

これだけ大事になったのは、やはり日テレに問題があるように思う。実在する病院に対して十分な配慮を怠り、こういう騒ぎになることが前もってわかっていたとすれば相当な確信犯だ。毎夏あの24時間テレビをブチ上げるテレビ局が、なぜ事前に対応しなかったのかという大きな疑問が残る。言うまでもなく、毎年弱者や障害者を引っ張り出し、実話に盛れるだけ盛ってお涙頂戴の「ドキュメンタリー」作品に仕上げる。いやしくも「福祉」という大命題を打ち出しているテレビ局がやることではないと思うのだ。エンターテイメント化されてしまっているから、上っ面しか福祉を見ていないから、こういう問題が起きる。どうしても放送したければ、映画やCSで興味のある人だけを対象にすればいいだけの話。

もともと日テレには良い印象を持っていないから多少は偏見だと捉えられるかもしれないが、デリケートなジャンルを扱うのならば、それなりの準備と心構えが必要ではないかと思った。役者や脚本家ばかりに気を遣うと、肝心なものを見失ってしまう典型ではないか。


また始まる・・・

「24時間テレビ 愛は地球を救う」がまた始まる。身障者の自分は、何とも気分の悪い2日間を味わうことになる。まったく観ることが無くてもだ。1週間前から日本テレビに出演するキャスターやタレントたちが、こぞって着ているあの「T-シャツ」でさえ嫌悪感を抱く。日頃福祉については協力したいと積極的に参加しているが、このイベントだけは・・・。

チャリティーに、上っ面の笑顔とお涙頂戴は必要ない。意味不明なマラソンもだ。

車椅子を購入しました

自分と、82歳になった母親のためです。とは言っても、自分は普段の生活では使わないし、母親もまだまだしっかりと歩けます。購入のきっかけは東日本大震災。状況が一変してしまうと、移動にきっと困ってしまうだろう・・・という発想です。車椅子が使える状況か否かは別にして、避難する際の手段としてはとっても重要なアイテムなんですね。震災直後からかみさんと話をして、いろいろなメーカーのものを調べてきました。1週間ほど前に余震が頻発した時に決断し、購入に至りました。昨日組み立ててみましたが、実にしっかりしていておまけに軽量。タイヤもメンテナンスフリーのノーパンク仕様です。一昔前だったら、こういった介助用品をネットで購入するなんて一般的ではなかったし、価格もずいぶん安くなりました。

それから、もうひとつの用途。出先が広大な施設の時は、これまでも車椅子を使用してきました。「東京ディズニーリゾート」や東京モーターショーの会場「東京ビッグサイト」をはじめ、動物園や大型ショッピングモールでも借用してきましたが、数に限りがあるのと、あまり整備されていないのでは?と思う状態のものもあり、現地に行ってみないとわからないという不安が付きまとっていました。でも、これで安心です。
それなりに歩行可能な障害者が、車椅子を使う時って若干の抵抗があるものです(自分もそうでした)が、自分の歩行能力を見極めてそれを超えてしまう場合は、こういう用品にお世話になることで負担を軽減したり転倒等のケガを回避することが出来ます。

1203211.jpg

今年もやるんだ・・・「24時間テレビ」

今年の「24時間テレビ」のマラソンランナーは、これまで総合司会を担当していた徳光和夫さんに決まった。「こなすばかりで取り組むことがなくなった」というのが決断の理由だそうだが・・・。実際、大丈夫なのだろうか。10年前には心筋梗塞で闘病生活を送っている。しかも70歳という高齢だ。酷暑の中、たとえ100キロ走ることは無くても、相当な負担になることは容易に想像がつく。日本テレビ、何を血迷ったか。奇を衒った企画で視聴率を稼ごうとでも目論んでいるのだろうか。

これまで幾度と無く「24時間テレビ」に苦言を呈してきた。自身が障害者だから、24時間限定のお祭り的チャリティーは異様に感じる。これでもかとお涙頂戴企画が次々に放送され、司会者や出演者が涙を流す。随時募金総額を発表してさらに募金を煽る。そして、最もその意味が分からないのが「24時間マラソン」だ。何を目的に走らせるのか、未だにその意図が掴めない。「本当は走ってないんだろ」「グランドフィナーレに上手いこと間に合うのはおかしい」と様々な憶測はあるが、自分的にはそれ以前の問題。やはり万策尽きて血迷ったとしか思えない。

3月の大地震で未だに多くの被災者が苦しい生活を送っている。しかし、日本テレビにすればこれほど美味しいネタはない。大量のスタッフを被災地にバラ撒いて、全国を泣かせるための取材をすでに行っているはずだ。きっと夏には、素晴らしいドキュメンタリーや震災をテーマにした再現ドラマが放送されるに違いない。しかし、いくらそんな番組を並べたところで、首相の記者会見で「また、原発の話かよ」「笑っちゃうよね」と言った記者やアナウンサー(フジテレビ)、取材中に「それは面白いよね」と瓦礫の前で口を滑らせたリポーター(日本テレビ)がいたりと、悲惨な現状も所詮は他人事としか映っていないのだ。そんな連中が報道したりこの手の番組を制作するのだから・・・。
障害者や高齢者だけでなく、被災された人たちまで食い物にするのは許されない。

募金のおかげで、今までよりも体に負担をかけずに生活出来る方がいるのも事実。だったら年間を通じてチャリティーに取り組んだらどうだろう。大金を投じてあれだけ大々的に企画を打てる力があるのなら、十分に可能だと思う。たった24時間だけ善人面して、あとはパラリンピックさえ中継しないテレビ局なんて、どう考えたっておかしい。そう思うのは自分だけだろうか。


ご報告です

 身障者用駐車スペースについて、コメントはもちろんメールでもたくさんの方からご意見をいただきました。本当にありがとうございます。ほぼ全員のみなさんが「おかしい」という意思表示をして下さいました。

 またある方が、このショッピングセンターに入っているテナントのHPに、現状を訴える書き込みをして下さいました。そのおかげで6日に自分が確認した時には、移動販売車は一般駐車スペースに移動をして商売を行っていました。勇気ある行動に心から拍手を贈りたいと思います。大勢の方が「おかしい」と思ったことを改めることが出来、本当にうれしく思います。ご意見をいただいた方々にご報告申し上げます。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。