薬とか番組とか

今日も暑い1日でした。外でお仕事をされている方、外回りをされた方には、本当に頭が下がります。お疲れ様でした。ゆっくりお休み下さい。

一昨日の新聞に、「抗うつ剤パキシル服用の自殺者増加 副作用の疑い」という記事に目が止まりました。この薬の副作用が疑われる自殺者が05、06年度と2年連続で2ケタに増えたというのです。うつ病やパニック障害に効果があるということで、自分も現在服用しています。
KC370003.jpg

一瞬ギョッとしましたが、記事を読んでいくと、ごく一部の患者に見られる傾向であって、処方や服用方法を誤らなければ問題ないとのことで、胸を撫で下ろした次第です。毎日服用している薬の記事が出ると、「頼むよ~」って思わず口から出てしまいます。ただ、同じ記事に掲載されていましたが、「厚労省の患者調査では、うつ病などの気分障害も増加傾向で、96年の43万3000人に対し、05年は倍以上の92万4000人に上っている」というのです。つくづく住み難い世の中になっているのだなぁと痛感しました。

今日の「リッキー'sブランチ」は、木曜日に収録しました。遅い時間のスタジオ入りだったので、ふたりともものすごくテンションが高かった。そのくせタイトルコールでリッキーがカフを上げ忘れて、いきなり録り直ししたりと、このチグハグさに小坂P大爆笑。収拾がつかないまま収録はスタートしました。

最初の話題は、リッキーの勤務する大学のオープン・キャンパスの話。なかなか来てくれる学生さんが少なくてねぇというボヤキから始まり、入試~合格発表の時期がどんどん前倒しされることを憂いていました。
「10月に合格しちゃったら、もう勉強なんてしないだろ。かといって今の学生さんじゃ本も読まないだろうしな」
大学に入るための準備や心構えが不十分なまま入学してくるので、こんなはずじゃなかったと勝手に勘違いして、辞めていく学生も結構いるらしいのです。
「推薦もせめて年が明けてからの方が、お互いのためだよね」
とのコメントでした。

2つ目の話題は、先週行った刈谷市での講演会の模様を、リスナーの方々にご報告しました。

3つ目は、三島市内にある公園「楽寿園」から、大型遊戯施設がすべて撤去されるというニュース。エキスポランドで発生した遊戯施設の事故により、点検の結果老朽化が著しいためで、市民の憩いの場は小さな遊具と僅かな動物が残されるだけとなりました。我々も小学生の頃はずいぶんとお世話になった場所で、出掛ける前日はうれしくてなかなか寝付けなかったのを憶えています。
「流行のテーマパークでもアミューズメントパークでもないんだから、あまり無理をしないで、その分安らげる場所として残してほしい」
と、リッキーがコメントしました。

だんだん饒舌になってきました。最後の話題は、子供向け教育番組の歴史について。2曲目に「およげ!たいやきくん」をかけたことがきっかけです。老舗番組では「おかあさんといっしょ」や「ロンパールーム」「ママとあそぼう!ピンポンパン」が有名ですが、歌やダンスのみを扱ったもので「教育番組」ではなかったそうです。その後「カリキュラマシーン」や「ひらけ!ポンキッキ」が放送開始。この2番組の目標とされたのが「セサミストリート」で、書く、読む、数えるという学習を、アニメーションやキャラクターを用いて、初めての「幼児向け教育番組」として注目を浴びたのだそうです。もっともその「セサミストリート」制作の発端は、宇宙開発で旧ソビエトに遅れをとったために、幼児からの教育の重要さを唱えたアメリカ政府の肝いりだったとか。
その後「ひらけ!ポンキッキ」は高視聴率を続け、そこから生まれた「およげ!たいやきくん」がミリオンセラーを記録。「いっぽんでもニンジン」や、「恐竜が街にやってきた」「パタパタママ」は懐かしいところです。

「最後の3分は圧巻だったね。勉強になったよ」
と言うと、
「幼児向けの番組は、授業でもよく使うからね」
と、リッキーは涼しい顔。咄嗟に話題を決めて3分で話をまとめてしまうのですから、さすがは「リッキー教授」といった頼もしさでした。

本日の2曲
・「君の好きなとこ」(平井 堅) シチューパンさんからのリクエスト、ありがとうございました。
・「およげ!たいやきくん」(子門真人)




コメント

ピンピンシニア #-

精神的に疲れる世の中。
今は、定年になっても年金がもらえないから、さらに5年間何とかしないといけないです。十分働いたあとも、さらに働かないと生活が出来ない世の中です。のんびり出来ない世の中は心の疲労が重なり、ほぐれなくなっていくのでしょう。
不思議に、子供の頃見たテレビを良く思い出すようになりました。子供の頃の体験は一生の宝ですね。

2007年07月01日(日) 06時27分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 リクエストかけてくださったんですね、ありがとう。

 ご承知だと思いますが、結構教育番組は好きです。
セサミストリートもよく見ていました。
 昨日、TVの特番で「世界が100人の村だったら」という番組を、飲みながら仲間と見ていました。
 「かわいそう」と涙ぐむ女優のレポーターたち。ちょっとむかつきました。安定した日本からの同情が見えたからです。
 募金も大切です。(自分もクリック募金を皆さんにお願いしていますから) でも、一番彼らに必要なのは何かを捉えたり、与えたりすることをしていない気がします。
 必要なのは教育と現場を変えるための政治活動です。かつて奴隷解放後のアメリカにおける劣悪なる児童労働を買えたのはジャーナリズムと若き信念を持った活動家であったはずです。そういった根本を立て直すためにマスメディアは何ができるか、何をしたいか考えるべきです。お涙ちょうだい風は仲間の受けは良かったです。でも、現実を知らない。画面に映っている子が特別みたいに思ってしまって「この子、かわいそう」「子供に頼る親なんて最低」と安易に口に出します。
 教育TVのビデオをあのこ達にも見せてあげたいな。きっとポンキッキなんて、目を輝かして見ると思いますよ。
 

2007年07月01日(日) 07時08分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

日本人て、みんな駆け足で移動しているように見えます。働くだけ働いて、体が好きなように動かなくなる頃に年金を受け取る訳ですね。それさえも不透明な現状・・・。嫌な世の中になったものですね。

子供の頃は、道具が無くても自分たちで様々な遊びを工夫したものです。それがやたら楽しかったのを憶えています。仰るように、その頃の思い出は宝物です。

2007年07月01日(日) 20時44分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

こんばんは♪
「おかあさんのいっしょ」「ひらけ!ポンキッキ」などで歌った曲は、今でも忘れておらず、すぐに歌えるのは自分でも不思議に感じます。言葉の意味もよく分からないのに、目を輝かせて歌ってる子供の姿は昔も今も変わらないんですよね。
「パタパタママ」「いっぽんでもンジン」「恐竜が街にやってきた」「およげ!たいやきくん」の歌は子供も私も大好きです。

また、体調の方はいかがですか?
娘が一日中外でテニスをしていましたら、水分を十分に摂らなかったためか…軽い脱水状態になってしまいました。主人も精神的な疲れからか?なんだか不調のようです。
肉体的にも精神的にも疲れすぎると体調を崩すことになりますので…気をつけないといけないですね。ギターオヤヂさんも、長男さんの野球の応援の際には、十分に気をつけられて下さいね!!

2007年07月01日(日) 21時10分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

「世界が100人の村だったら」は、カミさんと観ました。シチューパンさんと同じシーンを観るたびに、ふたりして憮然としましたよ。どれだけこの人たちのことを知ってるんだって。ドキュメントとして伝えたいのなら、薄っぺらいレポーターは必要ありません。

ネパールを例に取ると、勉強出来る環境が整っている小学校は、首都カトマンドゥの1~2校ぐらいだそうです。地方に行けば行くほど、その環境は劣悪なものになっていきます。相棒が言っていました。学用品はかなりの学校に届けられたけど、子供たちは真っ白なノートを目の前にしても、もったいなくて使えないと言うのだそうです。集まったらまた届けに来るからたくさん書いていいよと言うと、ニコニコしながらそのページが真っ黒になるまで字を書き続けるんだそうです。
こういう純粋な気持ちの子供たちに、教育番組を観せてあげたいですね。

2007年07月01日(日) 21時14分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

ご主人、今日はゆっくりお休み出来たでしょうか? 体力的な疲労とはとは違って、休めば回復するというものでもないかもしれませんが、思い切って有休をとるのもひとつの方法だと思います。娘さんの脱水症状は改善されましたか? テニスは激しいスポーツなので、この時期十分な水分を摂られた方が賢明です。

今日は、自分も1日グラウンドに貼り付きでした。グラウンドに設置されているトイレは大概隅っこの遠いところにあるので、自分の場合は水分を最低限にして、なるべく行かないようにしています。試合中は撮影しているので当然動けませんしね。さすがに1日いると疲れますが、練習試合で3連勝したのでそれも報われました。

2007年07月02日(月) 00時02分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

私もネットで見ました。
私も以前「パキシル」を飲んで一週間後ぐらいに
「吐き気」などの副作用が出て
ダメになりしまた^^;
住み難い・・・本当にそう思います。
うちは家族で自営をしていて、父が障害があるので
余計にそう感じてしまいます^^;
でも、頑張ります(^-^*)/

「ポンキッキ」
懐かしいです!!私も見ていました^^
「パタパタママ」覚えています。
昔の番組の方が子供らしかったですよね。

2007年07月02日(月) 07時19分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

「パキシル」は、合わなかったんですね。自分も最初医師から「合わない患者さんがいるから、その時はすぐ知らせてね」と言われました。薬は体質があるので難しいですね。

ご家族でお仕事されているんですか。それはそれでご苦労があるはずです。みなさん、めいっぱいで頑張っているんですよね。お父様に障害がおありになるとのことですが、ご自身がそういう意識を持たずに暮らせる世の中になってほしいと思います。自分は生まれつきのようなものなので、割と精神的なダメージはありませんでしたが、歳をとるごとに福祉という言葉が目につくようになりました。お父様には海月さんを育て上げたご褒美に、楽しい時を出来るだけプレゼントしてあげたいですね。

2007年07月02日(月) 20時24分 | URL | 編集


トラックバック

大人の人と手をつないで出来る簡単な踊りや、手遊びの歌を収録した知育をメインとしたアンパンマンシリーズ。(アンパンマントハジメヨウオウタトテアソビヘンゲンキ100バイユウキリンリンオユウギシヨウネ 4988021153447 VPBE-15344   バップ アンパンマン DVD)スタ

2007年07月22日(日) 11時23分 | 子供向けへの思い

教育番組教育番組(きょういくばんぐみ)とは、テレビ番組|テレビ、ラジオ番組|ラジオなどの番組で特に学校での利用や、もしくは家庭での視聴であっても、子どもの教育上好ましいものであるように意図されて製作されたものを言う。子どもに限らず、成人に向けた教育番組とい

2007年07月26日(木) 10時12分 | 教育問題.com

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。