怒りっぱなしの「リッキー'sブランチ」

今日の写真は、ニュージーランド第3弾です。2枚ですのでご容赦下さい。出掛ける前から、行きたい場所はいくつかありました。この「テカポ湖」もそのひとつ。あまりにも有名なポイントですが、どうしても自分のカメラに収めたい。しかも晴天でなくてはダメ。湖水の色は、晴天の時にしか本来の色を見せてはくれません。そして、その湖畔に建つ石造りの古びた教会の中から、十字架越しに見るサザンアルプスが撮りたかったんです。日頃の行いのおかげ(?)で当日は快晴。思う存分シャッターを切ることが出来た訳です。

wnz065.jpg

「善き羊飼いの教会」です。この教会は開拓者のために1935年に造られ、半径5マイル内に限定した石のみを使い、湖岸の砂利で固められたと言われています。すでに70年以上の歳月が経過しているんですね。観光客も次から次へとやって来ましたが、その谷間を狙って撮影しました。

wnz063.jpg

中に足を踏み入れると、本来ステンドグラスが用いられるはずの場所に、大きな窓が宛がわれ、十字架の後方には、ミルキーブルーのテカポ湖とサザンアルプスが、例えようのないバランスで配置されていました。やはり自分の目で見た瞬間は、撮影を忘れるほどでした。



今週の「リッキー'sブランチ」は、昨日収録してきました。スタジオの関係で夜9時近いスタートとなりましたが、かえってその方がスムーズに進みます。深夜放送の「ノリの良さ」が分かる気がしました。

最初の話題は、先日富士宮市で開催されたB級グルメの祭典「B-1グランプリ」について。2日間で25万人が訪れたこの大会、21品からグランプリに選ばれたのが、地元「富士宮やきそば」。これは、昨年に続き2連覇だそうです。ちなみに2位「八戸せんべい」、3位「静岡おでん」。来場者が食べるのに使った割り箸で投票し、重さで順位を決めたのだそうです。ただそうなると、当然短時間で料理が出来て回転のいい食べ物が断然有利。「あんまり公平とは言えないぞ。」と、リッキーがコメント。ディレクターの小坂Pも、プロユニット「CRESC.」とライブを2回行う予定でしたが、あまりの混雑で機材が運べず、午前の部はキャンセルになったほど。会場へのアクセスや運営方法について、来場者からクレームの嵐でブログが閉鎖されてしまったほど。華やかな舞台裏で、問題山積のイベントだったようです。

次の話題は、厚生労働省から事業所の指定を打ち切られた「コムスン」について。リッキーは、「介護本来の使命を無視して利益に走った企業に、血の通った介護なんて出来る訳が無い。ヘルパーさんに頼っている人が6万5千人いるのに、これから不安を抱えることで、具合が悪くなってしまう人もいるはず。」と怒り心頭。実はリッキーの奥方は、別の介護派遣会社でペルパーさんたちのスケジュールを管理する業務に就いています。今回の問題が表面化してからというもの、「そちらで契約出来ないか。」という問い合わせが増えてきているそうです。「いつも弱い人たちが犠牲になる」というのが3人の意見でした。

最後は、大学のオープンキャンパスに学生がなかなか集まらず、地方大学の先行きが不安だらけという話題。「うちの大学も、策を講じないで胡坐かいてると、そのうちひっくり返るぞ。」とリッキー。
そして県立高校の教室にエアコンを設置する学校が増えているという投稿があり、「地球温暖化を一番考えてほしい世代に、許可した教育委員会は何を考えているのか。オレたちの時代はありえなかったよ、なあ!」と、思い切り振られてしまいました。

今回は30分間ずっと怒っていたような気がするのですが、終了後リッキーの「実は来週も収録で・・・」のひとことに、「来週もかぁ?」と最後まで怒っていたのは自分でした(笑)。

今週の2曲  大江千里「夏の決心」 矢野顕子「夢のヒヨコ」

コメント

ピンピンシニア #-

湖のほとりの協会。
半径5マイルの石というのがいいですね。
権力者がはるばる遠くから石を運ばせた物と違い、地に密着しています。
リンクはご自由にドウゾ。
こちらも前々からたまっている読者様に対してその処理をしないといけないと思いつつ、ものぐさのまま今日まで来てしまってます。

2007年06月09日(土) 05時49分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 湖の色がすごいい!
やっぱり本物を目にしたいです。

 ところで、教室のエアコンです。
 現場から言えば規定の大きさの教室に30人から40人の人数が詰め込まれます。
教室は決まって南に窓があるように作られますから、冬などは、ストーブは晴れていれば午前中だけでも大丈夫・・・って、自分のクラスは何回か問題が起きて一冬ストーブなしをやりましたが問題ありませんでした。
 神奈川という地域の気候の問題もありますが、そんなところに今度は夏です。
 全て開放しても、室温は優に30度を超えます。
 授業をしていて熱中症みたいになる生徒もいます。
 エアコンは、一概に切り捨てられません。
 エアコンを入れたいと言っているのではないです。
解決策をきちんと考えるべきだといっているのです。
 昔は我慢したよなで精神論のように言う大人達、どこか違うと思います。
 加えて、当校では団扇や扇子の使用は不可です。生徒は下敷きでばたばたあおいでいます。これも変。授業中にバタバタやると授業の邪魔と言うのはわかりますが、下敷きでというのは・・・・。団扇や扇子を許容しない感覚を疑います。

 教室が風の道を考慮して作られ、部屋がもっとゆったりつかえたらエアコンなんて要らないのに。

 因みに学校のサイズは文科省の基準があって、窓もドアも一般サイズではありません。おかげで修理に一般の部品を使えないこともしばしば。これって特定業者と実質的な癒着じゃないかと思っちゃいますよね。

 自分はクーラーが苦手なので汗かいてもエアコンなしがいいです。でも30度を超えた部屋の中で、タオルを首に巻きながら汗だくになって机に向かっている生徒を見るとなんともねとは思います。

 教育委員会、無くてもいいとかなくしたほうがいいとか言われないためにも、もう少し抜本的に物事の解決に取り組んで欲しいものです。

2007年06月09日(土) 06時53分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

もう…
溜息しか出ませんでした。
あまりにも綺麗な青空で…
思わず涙が出そうになりました。
部屋の中から見た景色は
どんな絵画も叶わないほど…
十字架に「平和」という願いをかけたくなりました。
もう本当に素敵です!!

リンクさせていただきました。
これからも宜しくお願いいたします(*^^*)

2007年06月09日(土) 08時41分 | URL | 編集

兎丸 #9exCmNi2

クーラー要らない

クーラーは要らないなぁ。

あの理不尽な夏とありえない冬を過ごした人間と、過ごさない人間では後の人生は相当違うと思うけど。
かといって、あの夏と冬を社会人になってから体験させるのは、逆に難しいと思うしね。

まぁ、逆境に強く自立心の強い人間よりも、逆境に弱く依存心の強い人間の方が、組織としては使いやすいんだろうけどなぁ。

それに学校につけるクーラーや電気代は学生が払う訳ではないよね。
それは大人が子供達の将来に対する投資をしているような物です。だから決して子供達は「お客さま」ではないとおもいますけど。

個人的には、一番体力があるあの時期にクーラーが無いと夏を乗り切れない人間には、あまり将来性は感じないけどなぁ。

2007年06月09日(土) 12時49分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

こんにちは♪
空の色も湖の色も、こんな色の空も湖も見たことがありません。
日本でもずーと以前は、こんな色の空や湖だったんでしょうか?
行動範囲が狭い私は…このような色の空も湖も見たことがないんです。こんな湖水の色に出会えたギターオヤヂさんはラッキーでしたね♪(日ごろの行いがいいからですよね;笑)

また、私が学生だった頃は、大きな扇風機が天井に取り付けてあったり、大型扇風機で暑さをしのいだものです。その頃は、電車やバスなどの交通機関でもクーラーがなかった時代です。
今は、バスも電車も各家庭でもクーラーがついています。
我が家はマンションですので、風の通りはとても悪いです。
夜には寝苦しいからと、クーラーをつける日もあります。
地球温暖化の問題は…本当に大きな問題です…。
一人一人が意識していかなければいけない、と口では言っておきながら…超自分には甘い私デス;汗汗汗。反省せねば!!

2007年06月09日(土) 16時51分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

教会の中には、管理をする女性の方が常駐しています。軽く挨拶をした後、しばらく十字架を眺めていた時です。日本人かと確認した上で、
「あなたの国の人は、ほとんどと言うくらい団体で来て、騒いだ後にあっという間に次の場所へ行ってしまう。あなたは個人で来たのですか?時間の許す限り、ゆっくりここでの時間を楽しんで下さい。」
と、声を掛けられました(大雑把な解釈ですが)。どこへ行っても日本人の素性は、誰にも見抜かれてしまうものだと痛感した瞬間でした。
リンクの件ありがとうございました。

2007年06月09日(土) 20時11分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

我々の時代と、一概に比較は出来ないんですかね。昔も暑かったし、背中にワイシャツがくっつくなんて当り前だったし。エアコンが普及したことが原因かなぁ。暑い教室も当り前、どこへ行ってもエアコンがあるのも当り前。シチューパンさんのように毎日生徒さんたちと生活を共にしていると、現場でしか気付かないことが絶対にありますよね。
設計段階から空調機器に頼らないようにするとか・・・微力ながら永いスパンで考えたら、人にも環境にもやさしくなれるのではないですかね。近々教育委員会の方とお会いしますので、今回のような疑問を投げかけてきたいと思っています。

2007年06月09日(土) 20時45分 | URL | 編集

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤヂさんへ
ニュージーランド、とっても素敵なときですね。今の私はこんな大自然に行って癒されたい気分です。
ご友人、怒りっぱなしだったのですね。ギターオヤヂさんまで。。。なんとなくわかります。

2007年06月09日(土) 21時04分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

ありがとうございます。
「渾身の一枚」ではなく、「無我夢中の一枚」でした。十字架、湖水、雪のアルプスと、すべて明るさの異なる素材が並んで、どうしたものかと悩んでしまいましたが、結局十字架と湖水を重視して撮影しました。ただ、すべての写真が決まって右下がりになってしまい、自分が冷静さを失っていた状況が如実に出てしまいました。恥ずかしい・・・。
海月さんのように、被写体には常に冷静でありたいと思います。
リンクの件ありがとうございました。

2007年06月09日(土) 21時14分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

兎丸さん

逆境に強く自立心の強い人間は、会社の弱点が見えた途端に転職を考えるでしょうし、逆境に弱く依存心の強い人間は、存在感を主張出来ずに言われたことだけをこなす・・・というのが、30年近く仕事をしてきた自分の感想です。自分がこんな状態ですから、人のことは言えませんが・・・。
エアコンに限ったことではありませんが、逆境を受け入れることより、それに対する不平不満を訴える人間の方が多くなってきたような気がします。世の中すべてが自分の思い通りには行かないんだぜ、ということに気付かない人が多過ぎますね。

2007年06月09日(土) 21時39分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

旅行のパンフレットを見ると、この教会の周りにはルピナスが咲き乱れています。それは見事な写真なのですが、それは何年も前のものだそうで、自分が訪れた時は1本もありませんでした。教会の管理人に聞いたところ、ルピナスは外来種なので、農業国のニュージーランドでは徹底的に駆除しているのだという答えが返ってきました。自然を重んじる国には、美しい草花も外敵でしかないんですね。

エアコンの使用は否定しません。ただ、使用に際して温度管理やこまめにON OFFする気配りが必要ですね。寝苦しい夜に我慢をしたり、朝までつけっ放しの末に体調を崩してしまうのは問題。温暖化についても然りです。でも、やっぱり教室にエアコンを設置してはいけないと思います。古いかなぁ・・・。

2007年06月09日(土) 22時28分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

体調の方はいかがですか?
ニュージーランドへ行けば、悪い部分があっという間に治癒してしまいそうです。「じゃ、おまえも行けよ。」と言われてしまいそうですけど。
人にやさしい国です。機会があれば、ぜひ出掛けてみて下さい。

相棒の怒りっぱなし状態は、話がうまく進んでいるバロメーターなんです。実際に番組を聴いていただけたらいいのですが、こういう日は曲に入った途端、「今日はテンポがいいぞ。」というのが口癖。日頃から人前で話をしている相棒には、とてもとても敵いません。

2007年06月09日(土) 22時54分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。