講演の下準備

今日の写真は、地元「富士山」です。
山梨県境にほど近い朝霧高原にある、「田貫(たぬき)湖」からの撮影です。ここは年に2回、富士山の頂上から太陽が昇る「ダイヤモンド富士」が撮影出来る場所です。その頃になると湖の周囲には500人近いカメラマンが訪れ、日の出とともに凄まじいシャッター音が響き渡ります。自分が撮影に臨んだ日は、雲ひとつない澄み切った好条件下で、午前4時を過ぎると次第に空の色に変化が現れました。それからというもの、分刻みで空の色合いが変わり、夢中でシャッターを切ったのを憶えています。「ダイヤモンド富士」よりも、こちらの写真の方が自分的には力のこもったものとなりました。リバーサルからのスキャンニングですので、若干色落ちしていますがご覧下さい。
fuji01b.jpg



6月24日に、愛知県刈谷市教育委員会からお招きいただいた講演会について、リッキーからレジュメが送られてきました。今回は「父親としての子育て参画~しているようでしてないけど、してないようでしていたり~」というタイトルで、子育てに父親も積極的に参加してもらえるようにと、リッキー共々フォークを織り交ぜながら、お話をさせていただきます。子どもが育っていく時に経験出来る楽しみを、母親だけでなく父親も一緒に体験してほしいというのがその趣旨です。

「仕事が忙しくて休日しか子どもと遊べない父親は、いざ遊ぼうとするとどうやって接していいのか戸惑う人もいるから、そんなに構えなくても大丈夫っていう話とか、この役目は父親、母親ときっちり分けたりしないで、夫婦が協力して子育て出来るアドバイスをしたいと思ってる。おまえさんが実践している子育て法をまとめといてよ。」
と、メモが添えてありました。このような宿題を頂戴し、今日1日パソコンとニラメッコして下原稿をまとめました。

とは言え、大したことを書いた訳ではありません。長男から見れば、父親は障害者という我が家です。小さい頃はなぜうちだけそうなんだろうと不思議がっていました。障害を持つに至ったいきさつをわかりやすく説明して、あとは自分が消極的な生活をしないこと、卑屈な態度をとらないことを心掛けてきただけです。そして、自分の友達をしっかり長男に紹介することも。そういう気持ちを受け止めたかどうかはわかりませんが、普段から父親が障害者だという意識はまるでないし、でも車椅子を使っている人を見かけると、「手伝ってきていい?」と聞いてきたりします。次男はまだ2歳になったばかりですが、もちろん長男と同じ接し方で子育てをしていくつもりです。
リッキーのようにそれを専門に学んできた訳ではないので、自分のありのままをお話させていただくのが、理に適っているのではと思いました。

また、ミニコンサートでの演目も決定しました。いつもは7~80年代のフォークソングを中心に選曲をしますが、今回は来場いただける方々の年代を考慮して、誰でも知っていて且つ耳に馴染みのある曲を選びました。
・冬の稲妻(アリス)・・・ノリがいい、ハモれる
・案山子(さだまさし)・・・我々「F&R」のオハコ
・空も飛べるはず(スピッツ)・・・ちょっとオヤヂたちが若ぶってみた
・涙そうそう(BEGIN)・・・いい作品をじっくり歌いたい


今週の土曜日から練習を始めます。このような講演のスタイルがどんな風に受け取られるのか、楽しみでもありやや不安でもあり・・・です。

コメント

ピンピンシニア #-

この富士山の写真。パープル色の世界ですね。
湖に写る富士山の姿もいい形をしてます。
タヌキ湖、行ってみたいです。

2007年06月07日(木) 06時19分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

もう
「素晴らしい」
この一言です!
この時間帯って空の表情がどんどん
変わっていくんですよね。
この色が撮れるのは、ほんの数分ですよね。
もう本当に素晴らしくって、暫く眺めていました。

私も昔、フォークギターを弾いていて
バンドを組んだりしていました。
「オフコース」や「チューリップ」
「浜田省吾」などを弾いていました^^

2007年06月07日(木) 08時05分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

富士山の西側に広がる朝霧高原は、富士山を麓から眺めることが可能です。牧場もありますし、ご紹介した田貫湖ではキャンプやボートで遊ぶことも出来ます。何もしないで1日富士山を見て過ごすのが、自分には一番性に合っています。

2007年06月07日(木) 12時08分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

ありがとうございます!
この時はNikon F4で撮影しました。オートで撮影するのが怖かったので、すべてマニュアルで行いました。ソフトで補正どころか、露出にシビアなリバーサルだったので、一発勝負的な面白さはありましたよ。

バンドをやられていたんですか?今はギターを弾くことはないのでしょうか?「ハマショー」は自分もよく歌いました。「オフコース」は、あの小田さんの声のイメージが強すぎて近寄りもしませんでした(笑)。もちろん曲は好きでしたよ。未だに歌わせていただいているのは、とてもありがたいことだと思っています。

2007年06月07日(木) 12時17分 | URL | 編集

チェルシー #wnVGP2ss

はじめまして

こんにちは
チェルシーといいます。
海月さんのところからきまして。
案山子、いいですねぇ~
泣けちゃいますね、この唄。
・・・無償の愛を感じます。
どうぞ、歌い続けてくださいね。

2007年06月07日(木) 17時51分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

楽しみです・・・・

こんにちは♪
また、6月24日に向けて、いろいろと大変ですね。
講演会ので内容も良かったら、ブログにも載せて下さいね。父親の子育て参加のお話なので、特に興味があるんですよ。
(下原文が見たいです・・な~んて)
また、今回のギターオヤヂさんの記事にご自分のことを書かれていますが、足の障害のことなんて、すっかり忘れていました。(変な書き方をして、すみません;汗)
というのは…ギターオヤヂさんは、それを自分できちんと受け止められて普通で…いつもポジティブなんですもの・・・・。
そして、歌に写真に鉄道に旅行に…とたくさんのことを体験されているんですものね。いつもそんなお元気で忙しくされてる様子ですので、そのバイタリティとお友達に恵まれている温かいギターオヤヂさんの笑い声しか想像できないんですよ♪♪

また、スピッツの「空も飛べるはず」は今日、久々に聴きました。
これもリッキーさんとハモルんですかぁ?練習も大変だと思いますが、頑張って下さいね☆☆☆
「涙そうそう」は、私もカラオケで歌いますが、歌い回しがヘタクソで、一緒に行く旦那様の方がじょうずに歌います。
男の人の優しい声での歌は…温かいので好きです。
今度は、おかしなサプライズもなく楽しく会場の方と一体になって楽しめると良いですね♪♪

また、写真はこんな素敵な色があるんだってビックリしています。
実際にこの色を見られたギターオヤヂさんが羨ましいですが、そのお裾分けをしてもらえて…うっとりしている危ない?私デス;汗。(目がイッテルって感じです;汗)

2007年06月07日(木) 18時37分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

チェルシーさん

はじめまして。ご訪問いただきうれしいです。ありがとうございます。
「案山子」は、相棒の強いリクエストでレパートリーのひとつに加えました。この歌を好きな方、本当にたくさんいらっしゃいます。我々も何度も歌っているうちに、イベントの際には欠かせない曲となりました。
「無償の愛」・・・まさにその通りです。
これからも、よろしくお願いします。

2007年06月08日(金) 00時22分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

じっとしているのが性に合わないんでしょうね。体を動かすのには大変な部分もありますが、状態を見ながら出来る範囲内で、いつも何やら手を動かしています。それが出来るのは、カミさんや友達のおかげですね。「人を喜ばせたい」とか、そんな大それたことは考えていませんが、こんな自分でも何か出来ることはないかと、手探り状態でやっとこ生きています。
写真、喜んでいただけてうれしいです。この日のことは、今でももちろん憶えています。

2007年06月08日(金) 00時39分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 写真、素晴らしいですね。
 色が素敵です。やはり、写真はこうじゃないと思います。Nikon F4 欲しくて仕方なかったカメラです。いいカメラですよね。

 講演会、肩肘張らない話のほうがしみると思います。
よく、結局は「わかってるよ、そんなこと。でも出来ないこといわれても。」となってしまう、偉そうな話をなさる方がいますが、共感を持って自分の明日につなぐことの出来る話こそが聞く側にとっても一番意味があります。
 歌、なかなかのラインナップですね。
 「案山子」は、金八先生以前に武田鉄也がTBSのドラマに出ていたときの主題歌で、母がこの歌が良くてドラマを見ていたという個人的に思い出の曲です。

 無理ない程度に頑張ってくださいね。

2007年06月08日(金) 05時41分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

Nikon F4 の良さをわかってもらえてうれしいです。デジタルのおかげでその活躍の場は減りましたが、今でも大切に使っています。重量バランスと、シャッター音が素晴らしい!

せっかくのお休みの日に、講演会に足を運んでいただくのですから、堅い話をしても逆に失礼に当たります。リッキー共々、いつも講演会での主役は誰?と自問自答です。立派な待合室の提供や、胸につける大きな花など無意味。講師(リッキー)に失礼が無いようにという主催者の配慮はわかりますが、それを来場者に向けてほしいと常々思っています。決して無理はしません。楽しく臨みます。ありがとうございます。

2007年06月08日(金) 11時05分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。