悪夢

今日は、とんでもないから覚めたところから始まりました。

「不安神経症」の原因である上司が突然自宅にやってきて、
「いつまで休んだら気が済むんだ!」
と、罵声を浴びせかけるんです。何度か言葉のやり取りをした後目が覚め、時計を見たらAM3:40。それからはまんじりとも出来ないまま、朝を迎えることとなりました。
当然今日1日不安定な状態になり、気持ちを切り替えようといつものようにあれこれ手を出してみましたが、どれもこれも15分として続かず、食欲もありませんでした。

12月上旬までは安定した日が続いていて、人事部の担当者へ状況報告をしようと思っていた矢先、その上司からメールが届きました。

「昇格試験があるので、1月8日までに『自職場の課題と解決に向けての方策』というテーマで論文を提出せよ」

一瞬目を疑いました。なぜ、この時期に? 事務的に記された文面には、病気に関する表記は一切なし。「具合はどうか?」「書くことが不可能な状態であれば今回は見送る」といった但し書きがあってもよさそうなものですが、考査日程と原稿用紙が添付されていただけでした。

快方に向かっていた病状は、一気に逆戻り。一睡も出来ないまま、翌日急遽カウンセリングを受けました。医師は、毅然とした態度でこう言いました。

「治療療養中の部下に対して、論文を提出させるのは言語道断。あなたが昇格について、情報の提供をお願いしていたのなら私が口を挟むべきことではないが、休職者に対してのフォローも記載せず、上司の義務としてメールを送ってきたのなら、あなたの現在の状態を考慮して、それは無視するべきです。現に病状が悪化してるじゃないですか」


このままでいいんだ・・・と、少しだけ安心して自宅に着くと、今度はカミさんが上司へ抗議すると、電話を掴んで離しませんでした。何とか宥めて納得してくれましたが、発症してからの経緯を知っているので、我慢の限界に来ていた故の行動だったそうです。つくづくありがたいなぁと身に沁みました。

休職中には、チーム内で1番まともに話が出来た派遣社員(3年も勤務してくれました)が、業務改善を訴えてもまったく聞き入れてもらえないことから10月で契約を打ち切り、後任の派遣社員もその上司に馴染めずに、12月末で辞めてしまったそうです。
現在どのような状況で仕事を処理しているのか、考えただけでもゾッとします。

この記事を書き始めて2時間が経ってしまいました。いつもと違って集中して書き込めないし、かと言って眠気も感じません。さっき睡眠導入剤を飲みました。眠れない夜というのは、とても長いし辛い。たった一瞬の夢を見ただけで、これほど生活のリズムが狂ってしまうとは、正直落胆しました。

今夜も、長い夜がやってきます・・・。

コメント

シチューパン #-

むかつく!

眠ることはできましたか?
すごく心配です。奥さんの気持ちがわかります。
完全なパワハラですね。
その上司の上の方で、話ができる方がいるといいんですが・・・。どうなんでしょうね。
自分の職場でも、同様の話は聞きます。
今、ものすごく療養休暇が多いです。
人をいたぶることでしか自己認識ができない上司がいるということなんでしょうね。
悲しみと怒りで、心底むかつくと言う言葉が適当な気分です。
良い家族、良い主治医に恵まれただけでも幸運でしたよね。
それが正しいかどうかはわからないけど、状況に負けそうな子供達には、「好きな人だけ見てなさい。わかってくれる人だけ見て、後は自分の気持ちの世界から消して、本当に落ち着くまでは休んで楽しいと思えることだけしておいで。」と言います。
だって、世界は嫌な奴で満ちているわけではない。好きな人で世界をいっぱいにして、心がゆっくり充電できたら、また歩き出せばいいんです。
あなたを思う人たちがそばにいることに安堵します。薬に頼ってもいいから、ゆっくり寝てくださいね。

2007年01月16日(火) 05時57分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ありがとう

昨晩は1時間ほど眠ることが出来ました。
6時過ぎにパソコン開いたら、シチューパンさんからの書き込み・・・。
体からスーッと力が抜けていきました。ありがとう。

>あなたを思う人たちがそばにいることに安堵します。

シチューパンさんもそのひとりです。
心の引き出しがまだ少ない子供たちがこんな状況になったら、周りにいる大人たちがしっかり守ってあげないと・・・。

昼過ぎに、主治医にメールを送りました。「何時でもいいから、不安になったら来て下さい」との返事。ありがたいです。

2007年01月16日(火) 16時39分 | URL | 編集

patent #-

協力します!

 復帰に協力したいです。精神的な病を経験したので、気持ちが良く分かります。何かできることはないですか?

2007年04月10日(火) 18時48分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

patentさん

書き込みありがとうございます。ご無沙汰しています。
あなたも1ヶ月ほど休まれたのですよね。もう大丈夫ですか?
今はカウンセリングと投薬治療を続けていますが、どのような状況になっても発作が出なくなるまで、医者は復帰の許可は出さないと言っています。この先1ヶ月で回復するのか、1年かかるのかはまったくわかりませんが、自身では病気を治すことが出来ないので、指示通りゆっくり構えて治療に専念します。
お気持ち、ありがたく頂戴しておきます。

2007年04月10日(火) 19時42分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。