字なんてどーだっていいのさ

(5/25 Yahoo News より)
「障害者」という言葉を「障がい者」と置き換えることには反対――。熊谷俊人・千葉市長のツイートが反響を呼んでいます。熊谷市長はどんな思いを込めたのでしょうか。

◆「障碍」は、なぜ「障害」になったのか? 表記をめぐる経緯
「障がい者」派の自治体も 近年、「障がい者」と漢字かなの交ぜ書きにする動きが増えています。自治体でも、施設案内や行政文書などで「障がい者」とするケースが相次いでいます。 2009年に表記を改めた岩手県滝沢村(現滝沢市)の担当課長は当時、朝日新聞の取材に「害の字は、妨げや災いといった否定的な意味を含む。村内の障害者団体からも意見があり、人権に配慮して変更した」と説明しています。

◆「社会との関わりの中で障害に直面」
 この問題について熊谷市長は20日、自らのツイッターで次のように語りました。
 「『障害者』とは『社会の障害』でも『身体に障害を持つ者』でも無く、『社会との関わりの中で障害に直面している者』という意味であり、私たちはその障害を一つひとつ解消していくことが求められている、と理解しています」
 「その考えから、私は『障害』を『障がい』と置き換えることには反対です。『障害』という言葉が引っかかるからこそ、それを社会的に解消しなければならないわけで、表現をソフトにすることは決してバリアフリー社会の実現に資するものではありません」


この記事を読んで武者震いしました。一番ややこしい問題を、これほど簡潔に言い切った人は過去に記憶がありません。そうなんです。「障害者」というのは体に障害がある人のことを指すものではないんです。だから、字を置き換えても何の意味もありません。自分は以前から違和感を持っていました。「害」がいつのまにか「がい」に変わり、さらにあまり見たこともない「碍」に変わりました。障害者に配慮してのことかもしれないと何となく察しはつきましたが、もしそうならばそれは世の中をひっくるめて大きな勘違いをしていることになると危惧していました。

毎年の「24時間テレビ」。次々と放送される「お祭り」と「見世物」に終始する企画こそが差別と感じています。「○○さんは、障害を持ちながらもこんなに頑張っています」。こんな企画をブチ上げて涙を誘う演出をする局側は、きっと「体に障害を持っている者」と決めつけて疑いもしないのでしょう。このイベント以外では募金活動を一切オープンにしないあたりに稚拙さが垣間見えます。

話を戻します。千葉市という限られた地域ではあるけれど、市長がこういう考え方で動いている場所がひどく羨ましく思えました。呼ばれ方がどうあれ字がどうあれ、誤った認識で対応すれば何の意味もありません。自治体や健常者のみなさんにもう一度見直していただきたいこと、そして自分たちもこのことをもっともっとアピールしていかなくてはならないと感じました。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。