「トワイライトエクスプレス」復活に思う

3月12日に廃止になった寝台特急「トワイライトエクスプレス」が、5月16日に団体ツアー専用列車となって早くも復活を遂げた。その呼称は「特別なトワイライトエクスプレス」。ロイヤルとスイート、展望車、食堂車の計8両編成で、大阪駅から琵琶湖を1周し、その後山陽本線を一晩かけて下関駅へ向かうという。上りはその逆で終着が京都駅となる。料金は1名20~30万円という設定だ。もちろんツアーに申し込まないと乗車することは出来ない。まさに「特別」なのだ。

終焉の日、多くのファンに見送られて北へ旅立ち、帰阪した上り列車を出迎えたあの「想い」はいったい何だったのだろうか。惜別の悲しさやこの列車を守ってきたスタッフへの感謝を込めて、それぞれが心の中にある「トワイライトエクスプレス」にピリオドを打ったはずなのに、舌の根も乾かぬうちにとんでもない豪華仕様(豪華車両ではない)になって戻ってきた姿を見て、絶句したのは自分だけではなかったはずだ。しかも、車両の老朽化と北海道新幹線のテスト運行が廃止の理由だが、さらに次回車検の平成29年まで走らせるというから驚きだ。

この復活を喜んでいる人もいるだろう。鉄道ファン、スタッフ、そして高額な料金を支払って乗車する人たち。JR九州の「ななつ星」が盛況なことから、まだ走れるのなら復活させてJR西日本もそれに肖ろうとしたのだろうが、それはもはや「トワイライトエクスプレス」ではない。

わずか2ヶ月での復活が横暴なら、運用の設定はまったくの中途半端。夕暮れの日本海を望める山陰本線ではなく、瀬戸内海に面した山陽本線を選択したからだ。単線区間が多い山陰本線より複線でダイヤに余裕のある山陽本線の方が理に叶っていることは理解出来るが、列車名とそのイメージを大切にするのなら、時間をかけても山陰本線での走行を実現すべきではなかったか。こういった「企画物」が自社の路線内しか走行出来ないのなら尚更だ。7月からは山陰本線での運用もあるらしいが、ダイヤが発表されていないのでこれまた見切り発車になるのではと懸念している。

誰にでも通常料金のチケットを購入出来るチャンスを持ち、それを手にした幸運な人たちのみが北海道への旅を満喫するための特別列車ならば納得もいく。だが、上述のように何もかもが中途半端で高額な料金を支払わなければ利用出来ない列車ならば、無理をして復活させるべきではなかったのではないか。自分はそんな「特別なトワイライトエクスプレス」に微塵の魅力も感じない。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。