日本平動物園

GWのイベント第一弾は、静岡市内にある「日本平動物園」でした。チビが2歳位の時以来ですから実に8年ぶり。以前は古めかしい「昭和」の匂いがする動物園で、来園者数も芳しくない状況が続いていました。ところが、北海道「旭山動物園」の見せる動物園を真似て、あらゆる角度から動物たちを観られるように大リニューアルを行ったところ、来園者は回復するどころか県外からもやって来るように。自宅から1時間ほどの距離なので出掛けてきました。

9時オープンですが、10分ほど過ぎて駐車場に向かうとすでにゲート渋滞が。身障者用スペースをお願いすると、メーンゲートのすぐ前に案内されました。メインゲートはすっかりきれいになって広くて入りやすくなり、入場券売り場やゲートも流れがスムーズでした。ここは山を切り開いて作られたので坂が多く、しかも場所によっては勾配もきつい部分がネックでした。リニューアル後は、坂の途中に「ビジターセンター」「レッサーパンダ館」「オランウータン館」「猛獣館299」等の屋内設備を新たに設けて、動物を観ながらエレベーターで昇ることが出来るようになりました。観終わるとちょうど坂を登り終えた場所に出られるのでとても助かりました。

けっこうな種類があった遊園地は規模が縮小されて場所も変わりましたが、跡地には「ふれあい動物園」がオープン。ヤギや羊、ポニーといった定番の動物の他に、ニシキヘビといった爬虫類にまで触れ合うことが出来ます。自分は苦手なので外で待っていたら、ニシキヘビを抱っこしたチビの写真を見せられて冷や汗が吹き出てきました。「温かかった」と喜んでましたっけ。

そんなに長い時間はいないだろうと思っていましたが、結局3時半ぐらいまで楽しんできました。チビは最後「富士山の天然氷で作った抹茶かき氷」をぺろりと平らげて、帰路はかみさんとともにこれまた定番の爆睡。手軽に行かれる場所なので、せがまれたらまた連れてきて「放し飼い」にしておきます(笑)。

1505031.jpg 1505032.jpg 1505034.jpg 1505033.jpg
写真左から
定番の記念撮影  隙間からチラ見するジャガー  プレーリードッグ  恐怖のヘビ抱っこ

1505035.jpg 1505037.jpg 1505038.jpg
頭痛持ち?のオランウータン  ミニ遊園地  新種の動物

 

  


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。