来る者 去る者

3月14日、北陸新幹線が開業しました。土日のニュースはこれ一色でした。50年来の悲願が実現したわけですから、金沢をはじめ沿線の方々の盛り上がりは半端ではなかったでしょう。特に金沢駅の賑わいは凄かったですね。ただ気になったのは、映像で紹介されるのは金沢駅がほとんどで、少しだけ富山駅が映った程度。長野駅から先はこの2つの駅しかないのか? と錯覚してしまいそうなほどの偏り方でした。

観光客に限れば、黒部宇奈月温泉駅は駅名さえ聞けば黒部観光の起点とわかるのでPRしなくても大丈夫なのかもしれませんが、糸魚川駅や新高岡駅はマイナーで「かがやき」は通過。全列車が停車する富山駅だって、決して安泰ではないでしょう。隣の金沢駅の盛り上がり方が凄すぎて、どうしてもその陰に隠れてしまっているというのが正直なところ。日程にあまり余裕のない旅行者は、知名度のある金沢を選択するのではないかと思ってしまうのです。おまけに名古屋・米原からの特急「しらさぎ」、大阪からの「サンダーバード」は富山駅までの運転が廃止されて金沢駅止まりとなり、富山へ行くには乗り換えを強いられることになりました。これがネックになるような気がしてなりません。

来る者があれば去る者がいます。大阪駅発の寝台特急「トワイライトエクスプレス」が廃止、上野駅発の「北斗星」が定期運行を終了しました。こちらも始発駅や終着駅での盛り上がり方は異常なほどでした。北海道新幹線のテスト走行や車両の老朽化が廃止の理由ですが、確かに車両は改造しているのですでに40年が経過しています。冬は雪の中を走行します。車体をよーく見ると本当にボロボロなんです。名残惜しいのは自分も同感ですが、新型車両の製造も出来ず、メンテナンスにも限界がある以上、この2本の列車に限れば廃止・解体が最善の選択のような気がします。

ただ、時間をお金で買うのなら、遅い方にお金をかける選択肢があってもいいんじゃないでしょうか? 新幹線網が充実すればするほど、定期列車でのんびり移動する方が旅の醍醐味だと感じてなりません。鉄道の趣味が「昭和」で止まってしまった自分にとって、周遊型の「ななつ星」はとても手が出ないし、終着駅のない列車に魅力はありません。しかも、新幹線の開業で特急が廃止されてしまった路線は、採算の関係で次々と第3セクターに移管されています。線名は消え、JRカラーも塗り替えられて、いったいどこの鉄道なのか皆目見当もつかなくなるのではと危惧しています。さびしい限りです。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。