サブカメラ

同じ品物を少しでも安く買いたいという気持ちは誰でも一緒だと思いますが、それを探し出すのには結構時間がかかります。今回コンデジを4年ぶりに買い換えることになり、地元の店やネットショップ、オークションと調べまくりました。今まで使っていたCASIOは壊れた訳ではないんですが、たまに液晶にノイズが入ることと、シャッターを切るタイミングと実際の画像にタイムラグがあることが買い替えのポイント。あまりカメラには詳しくないかみさんにしてもあのタイムラグはガマン出来なかったようで、最近はずっとスマホを使っていたほどです。
自分的には簡単に持ち歩ける優秀なサブカメラがほしかったから。モーターショーとかあまり高画質を必要としない時に、漬物石並みの重量のあるデジイチを持っていくのは辛いんです。しかもストロボは外部専用なので、その重量たるや半端ではありません。

堅牢で広角側の解像度が高くて連写が可能・・・これを条件に探していたら、FUJI FILMの「FinePix S1」が見つかり、口コミを読んだり実際に店で手に取ったりして購入を決定。問題の価格ですが、どの店もほぼ3万1千円から3万5千円ぐらいで推移していました。終了間際の入札価格の吊り上げがイヤでオークションはあんまり好きではないんですが、「即決価格2万5千円」「出品のために開封」というページを発見しました。出品者の方に質問したところ、昨年5月に新品で購入したものの、仕事が忙しくなって外出が出来ず結局使わずにそのままになっていたとのこと。すでに生産終了品ということでこの価格に設定したそうです。かみさんに相談して半額自分が持つことで交渉成立、落札して先日到着したという次第です。

当然ですが、ボディはピカピカでレンズやファインダーにもゴミひとつありませんでした。電源を入れて何枚か撮ってみましたが、シャッターのフィーリングも良く、タイムラグも無し。何せ手の中にすっぽり入ってしまうのがいいですね。これでマクロ付き24ミリ~1200ミリの光学50倍ズーム、防塵防滴、連写は最高秒9コマ。もちろん良いことばかりではありません。フードとフィルターとフィルターを入れる際のアダプターが別売りなんですが、フードとフィルターの同時装着が出来ないんです。レンズを保護するためにフィルターは使いたいし、光線次第ではフードも必要になってくるし・・・。でも、さしあたってはフードかな。電池の持ち具合も知りたいし、とにかくいろいろと使ってみることにします。

1501311.jpg  1501312.jpg  1501313.jpg



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。