秋のライブ終了

「カフェ・グリューン」秋のライブが終了しました。3連休の初日ということもあって、お客様はいつもの半分でしたが、盛り上がり方や満足感はいつもより大きかった印象でした。ありがたいことにこれまで毎回満席にしていただいていましたが、今回は20日前になってもわずか7名の予約しかありませんでした。そこでふと頭に浮かんだことは、「このままの人数でやったらどんな雰囲気になるだろうか」でした。お名前を拝見すると常連さんたちだったので、いっそのこと忘年会みたいなスタイルにしてしまおうかって思いました。その後お店に来た方が数名予約して下さって、最終的には10名でのライブとなりました。

今回は「オヤジたちのフォーク夜話」と題して懐かしいフォークを中心に曲を並べ、毎回音作りをしていただいている師匠のAさんにもご出演願いました。冒頭アンコールを含め4曲を歌って下さいましたが、昔のままのハスキーボイスは未だに健在で、65歳の渋さとガットギターのやさしい音色は、このライブではとても新鮮に感じました。本人も久しぶりの弾き語りにえらく緊張したと言っていましたが、「こういうのを味わってしまうとクセになるよね」と、前向きな発言。ぜひまた次もお願いしたいと思ってます。

自分は新しい相棒の「J-45」を初めてアンプに繋ぎ、別途オフ気味にマイクで音を拾う方法で行いました。スピーカーが後方の壁に掛けられているので、なかなか自分ではその音を聴くことは出来ませんでしたが、マホガニーの性格からかレギュラーの「J-45」と比べると柔らかい音だったそうです。ラインだけで出すよりも今回のようにダブル出しの方が粒が立つんだそうです。Aさんの友人でバイオリンの職人さんがいらしていて、オールマホガニーの木目を見ると「珍しいですね」と言いながら目を丸くされていました。

JASRACの検索ロボットが常に監視しているので曲目は書けませんが、‘70~80年代のフォークは、この時代になっても劣化していないことが証明されました。終了後、この曲が流行っていた頃は○歳だったとか、みなさんで大盛り上がりでした。忘年会的に進めようと思っていましたが、結局お客様のペースに乗せられていつものライブに。あっという間の2時間、本当に自分も楽しんでしまったライブでした。ライブの模様はこちらをご覧下さい。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。