長男の珍道中

スタンドでアルバイト中の長男が、2級コーティングの検定に合格しました。これで4グレードある商品のうち下から2グレードのコーティングが可能になるそうです。横浜にあるトレーニングセンターで午前と午後1グレードずつの研修を行ったそうですが、クルマの塗装も色々だし経年変化もあるので、基本はあるもののそれぞれに合った作業を行わなくてはならないそうで、帰宅した時はボロ雑巾のように疲れ果てていました。

当然これからはそういう作業も増えてくるでしょうが、お客さんも顔を憶えてくれるようになったそうなので、仕事にいっそう張り合いが出てくるのではと思います。自分のクルマも一番簡易なコーティングをやってもらっていますが、丁寧に洗車した後出来るだけ水分を取り、その後1時間半かけてのコーティングですから大変な作業です。ちなみに最上級グレードになると5年間保証となるため、施工時間は7時間かかるそうな。

ただ、今回の横浜行脚にはいくつかハプニングがありました。ほとんど新幹線には乗らないヤツなので、新横浜までいくらかかるかも調べずに1万5千円ぐらいしか持たずに出掛けたそうです。朝は駅まで送りました。新横からも乗り継ぎをするのでその往復交通費、昼食代、それから帰りのタクシー代・・・そんなんで足りるのかと案じていました。

19時前に研修センターを出たというメールを最後にプッツリ連絡が取れなくなり、だいたいの勘で新幹線に乗る時間と到着する時間を想像しましたが、21時過ぎても音沙汰なし。すると21時半ぐらいに「ただいま~」の声が。よくよく聞いてみると、スマホは電池切れ、家とバイト先に土産を買って残金は1300円。タクシーに乗った際「1300円で行けるところまでお願いします」と伝えたそうです。ある意味かなりの度胸。で、止まったのが自宅の500mほど手前だったので、そこから歩いてきたので遅くなったんだそうです。しかも支払いはすべて百円玉というオチが付き、カミさんと大笑いしてしまいました。長男には良い経験になったでしょう。でも、キャッシュカードも忘れていったそうで、怖さ知らずというのはホント恐ろしい・・・。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。