どんだけ好きやねん?

3月31日に退役したANAのB747。そろそろ映像や写真集が出揃ってきた。「トワイライトエクスプレス」引退の記事を書いた直後にB747の感傷に耽るって・・・どんだけ好きやねんって、関西弁でツッコミを入れてしまうほど自分でも呆れている。外国の航空会社ではまだ現役で何機も飛んでいるが、JALやANAのカラーリングが好きだったので心のどこかでモヤモヤしているのかもしれない。とにかく記録モノをいくつか集めておきたいと思ったのだ。

ポニーキャニオンから発売された「ANA 747 FOREVER」(Blueray)はvol.1とvol.2があり、vol.1はこれまでのB747の活躍をまとめたり里帰りフライトの模様を収録してある。各地の空港を離着陸するシーンが抒情たっぷりに描かれていて、特に雪の新千歳空港への着陸シーンは圧巻。逆噴射で舞い上がった雪煙はハンパない。
vol.2は、まさに2014年に入ってからのラストフライトを網羅してあり、数名の機長の機内アナウンスやインタビューは感慨深いものがある。社員が撮影した飛行中のコックピット内の様子も貴重なシーンだ。作品の評価はそれほど高くはないが、自分的にはB747にどっぷり浸かっていられるので満足のいく作品といえる。

「ANAB747の全機録」は、ANAが所有したすべてのB747の写真と履歴が掲載されている。「ポケモンジャンボ」「ピカチュウジャンボ」ほか、特別塗装機のジャンボが懐かしい。あとは「ANA 747 FOREVER」の写真集版とでも言いたいが、映像よりはるかに詳細に取材してあって、ラストフライトの全貌が楽しめた。さすがイカロス出版である。

ちなみに昨年7月に城南島で撮影した機番JA8961は、偶然にも3月31日のラストフライトに使用されたB747だった。と、勝手に「縁」を感じている・・・。

1406011.jpg  1406012.jpg



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。