歌が歌えない

4月28日にライブを行うことは、すでにブログで既述していますが、予定しているうちの1曲が、どうにも歌いこなせないでいます。グレープの「フレディもしくは三教街」がそれ。フルコーラスで7分ほどの長い曲なのですが、途中で集中力が途切れてしまい、最後まで歌うことが出来ません。それに加えて歌詞に反応してしまい、自分の気持ちの奥底の方が強く震えてしまって、歌えないというか言葉にならないというか…。何度か歌ったことはあるのですが、こんなことは初めてです。

ストーリーは、1930年代中国本土・漢口で知り合った主人公と恋人フレディとの恋物語。しかし、大日本帝国軍の猛爆でフレディが命を落とし、その後主人公が大切な想い出を紐解いていく・・・静かに反戦を訴えた歌です。好き・歌いたい、でも、歌えない… これは相当に苦しいです。
「リズムがつかめない」「音程が外れる」とは、かなり異質なもののようです。テクニックとしての感情移入ではなく、何かこう「今の自分の状態との酷似」みたいなものがあるのでしょうか。

ソロで歌う曲なので、先日のスタジオでの練習の際は歌いませんでした。差し替えても「てまえみそ」に演目は伝えていないし、リッキーにも迷惑はかからないはず。でも、それで済ませていいのかなぁ。やはり「不安神経症」が、ここでも悪さをしているんでしょうか。

「曲を変更するかもしれない」とリッキーに伝えたところ、「実はオレも」という思いがけない返事が。彼は「テルーの唄」を予定しているのですが、冒頭部分の歌詞
「夕暮れ迫る空の上 いつも独人で飛んでいる 鷹はきっと哀しかろう」
が、辛くて歌えないというのです。「何かのトラウマを抱えちゃってるのかな」と笑っていましたが、多忙な生活とのオーバーラップかもしれません。

自分が歌いたい歌、伝えたいメッセージの有無で演目を決めていきます。その中で実際に歌ってみて、それを十分に伝えられないと判断した時は、残念ですがそれを諦めることにしています。中途半端に歌えば、その歌に関わったアーティストたちに失礼だからです。今回の躓きは少しだけ意味合いが違うかもしれませんが、自分で納得出来なければ、やはり歌うことは出来ません。病気の影響なのか否かはわかりませんが、初めての出来事だけに、戸惑いのあることは正直なところです。悔しい。

コメント

シチューパン #3p3E4xCk

 「フレディ・・・」は好きな歌のひとつです。
 最近は、自分もちょっとおかしい。歌を聴くだけで反応してしまい、涙が出たり、一緒に歌っているうちに感極まって歌えなくなったり。
 これはでもきっと、心が敏感になっていて、言葉に反応しているのだと思います。
 年をとるごとに心が過敏になり、涙もろくなっていく気がします。これは解放なのでしょうか。無理をしないでくださいね。のんびり、心に逆らわないことが大事だと思います。

2007年04月14日(土) 07時27分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

歌っているうちに涙が出てくるなんて、昔の自分では考えられなかったことです。スタッフの頑張りに感動して、ライブが終ってから泣いてしまったことはありましたが、言葉に反応するとはね・・・。驚きです。
アドバイスどおり、心に逆らわないことにします。明日の夜に、またスタジオでの練習があります。相棒と十分話し合って決めることにします。ありがとうございます。

2007年04月14日(土) 19時19分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。