マナーを守れない親たち

昨日は二男の運動会だった。毎年校内の駐車場をお借りしている。今年は応援席が1番遠い位置だったので、安全のために初めて車椅子を使うことにした。視線が低くなるので撮影には不利になるが、背に腹は代えられない。案の定気温が低く、いつもより足の運びが重く感じた。

校舎の向こうに雪を被った富士山。時折小雨が降る気温の低い中、競技がスタート。すると間もなく、いつもの光景が目に飛び込んできた。父兄が応援席に入り込んで撮影を始めたのだ。ひとりが入ると我も我もとそれに続く。この行為は禁止事項としてプリントにも記載されていたし、開始前の放送でも「くれぐれも」と念を押された。なのにである。応援席の後ろでは当然不満が上がるが、同じクラスという遠慮からか誰も注意をしようとしない。とにかく毎年のことなので自分も相当に腹を据えかねていたためか、それがとうとう爆発。
「みなさん、ちゃんとルールを守ってるじゃないですか。誰だって子供をしっかり撮りたいのは同じですよ。大人がルールを破っちゃダメでしょ」
自分でも信じられないぐらい大声だったような気がする。すると、どこからともなく
「下がって下がって、車椅子の人もいるんだから」
という声が聞こえた。振り返ると二男の友達のおじいさんだった。当人たちは自分を睨み返して応援席をシブシブ出て行った。面倒くさいヤツだ、と思ったに違いない。

自身が恥ずかしいとは感じないのだろうか。もしかしたら、その行為が自身の子供に恥をかかせることに気付かないのだろうか。誰かがやってるから自分もやる、こういう親が子育てをしてるのだから心配になってくる。子供が同乗している車内からゴミやタバコをポイ捨てしたり、禁煙区域で隠れてタバコを吸う親・・・。似たような光景は日々目にするが、子供にはルールを守れと言う。このダブルスタンダードは何とかならないものか。

生徒たちはみんな頑張ったし楽しそうだった。ガマン出来ない一握りの父兄のために、自分は今年もほろ苦い気分が残った。

1310192.jpg  この日富士山が初冠雪

1310191.jpg 二男はこの競技に燃えてました!!

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。