内定

来春高校を卒業予定の長男の就職が内定しました。場所はクルマで10分ほどの距離です。業務内容は、カーボン(炭素繊維)の設計と成型。カーボンは軽量で強度も稼げるために、様々なものに用いられています。この会社では、主にレーシングカーやバイクのカウルやパーツを扱い、国内外のレーシングチームに納品しています。

もともと長男の専攻は建築科でした。将来はその道に進むつもりでいましたが、コピーしてきた求人票はクルマ関係ばかり。整備士、ディ-ラー、はたまた富士スピードウェイまであり、それならなぜ初めから機械科にしなかったのかと、頭の中は疑問符だらけ。よくよく聞いてみると、友達と年に5回ほど富士スピードウェイに出掛けてレースを観るうちに、その方面の仕事に携われたらなぁという思いが強くなったんだとか。「お父さん(私)の影響もあるかも」とかみさんに言われ、だったら仕方ないかと変なところで納得したりして。もっとも内定をいただいた会社にレースに関係するワードは一切無く、「カーボン」という文字だけでビビビッときたのかもしれません。

自分にも不思議な巡り合わせがありました。7月頃かみさんのクルマの用事で、ネッツ店へ出掛けた時のことです。ロビーに見たことがないレーシングカーが展示されていました。すると担当セールス氏が新聞記事のコピーを手渡して、「うちも絡んでるのでレンタルしてきました。現車ですよ」とガルウイング式のドアを開けてくれました。現車なのに乗っちゃっていいの? と思う前にすでに着座。コクピットはまさにレーシングカーのそれでした。記事の内容は、「トムス」の関谷正徳氏が発起人となって、なるべくお金をかけないでレースを楽しめるカテゴリーを作りたいというコンセプトで企画されたのが「インタープロトシリーズ」。様々なサプライヤーが協力して一からマシンを製作したのだそうです。そのカウルを担当したのが今回の会社だった訳で、やはりレースに関係していることがわかった次第です。
改めてHPを観てみると、レース界との関わりがよくわかりました。国内ではトヨタ系、海外ではトヨタ(レクサス)系とBMWモーターサイクルに太いパイプがありそうでした。
いずれにしても1/1000秒を争うモータースポーツ、きっとオーダーも相当に厳しく、それをクリアする腕利き職人の中に飛び込んでいくことになります。卒業までの半年で、働くことの意味や自分の価値観を何に見出すかを少しでも考えてくれたら・・・と願っています。まずはおめでとう。

1309301.jpg

「ユーシンチーム」の19号車

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。