喧しい外野 ガンバレ、大谷投手!!

花巻東・大谷投手の日本ハム入りが決定した。当初彼はメジャーに行くことを公言していたが、日本ハムや両親、監督の説得で急転直下、日本でのプロ入りを決意したのだ。何をおいても日本ハムスタッフの努力が大きい。「指名をいただけたならどこでも」という状況ではなく、まったくゼロから、いや、100%メジャー志望だったからマイナスからのスタートだったかもしれない。20歳前の夢膨らむ怖いもの知らずの若者にどのような説得を続けてきたのかはわからないが、紛れもなくこれは日本ハムの努力の成果だろう。本人はここを踏み台にしていずれメジャーに挑戦するかもしれないが、厳しいプロの世界で揉まれていればまた考え方は変わるかもしれない。誠意を持って手を広げたチームを選んだことに対して、自分は心から拍手を贈りたい。

しかし、この決断に不満を漏らすプロ野球関係者がいる。楽天・星野監督は、「メジャーに行くっていうから指名しなかったのに話が違う」と怒り心頭だし、野村克也氏は「ドラフトそのものを見直さないといけない」と言い放った。確かに「ドラフト」は数多くの問題や事件を生んできた。人の進む道をクジで決めるというのは穏やかではないが、こうしないと人気球団に優秀な選手が偏ってしまうのは周知の事実。ドラフト前に球団と選手が接触することは禁止され、逆指名も廃止された。意中の球団があっても、選手たちはその時をじっと待つ。
星野監督のひとことは、楽天の見込みの甘さではないか。ほしい選手がいたら、とことん喰らいついて、今回の日本ハムのように口説き落とすのが熱意ではないのか。土俵に上がる前に退散する方がどうかと思うし、取れなかった原因を大谷投手のせいにするような発言はあまりにカッコ悪すぎる。
昨年、巨人と蜜月関係にあった菅野投手を、逆風覚悟で指名したのも日本ハム。結局入団は適わなかったが、ルールに則って交渉を進めた球団側にバッシングが飛ぶことはなかった(巨人ははらわたが煮えくり返るほどの思いをしただろうが)。
交渉権が権利ならば、入団するか否かの決定も選手の権利なのだ。それを経て入団決定となった大谷投手を、自分は応援したい。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。