「カフェグリューン」秋のライブ

今年2回目のワンマンライブが、11月24日(土)に行われた。毎回満席にしていただいているので、本当に皆さんには感謝の気持ちでいっぱいだ。しかも、数人の仲間がセッティング&撤収を手伝ってくれたり、たくさんの方から差し入れをいただいたりした。来ていただけるだけで十分なのに、つくづく自分は幸せ者だと思う。
前回に引き続き、サポートゲストのK君が登場。初めてハモリに挑戦した。だいぶ緊張が取れてきた感じはするが、始まる前はまだ口から心臓が飛び出すくらいドキドキなんだそうだ。ずいぶん気持ち良さそうに歌っていたので、彼へのサポートの依頼は成功だったと確信した。

今回はリクエストもあって世良公則さんの曲を3曲用意したが、ハイキーが祟って最後の2曲で声がかすれるトラブルが発生。必死で修正を試みたが、無駄な抵抗だった。完全にトレーニング不足だ(翌日咳をすると痰に血が混じり、まったく声が出せなかった)。次回はしっかりと準備をすることと、ハイキーを回避してカポタストで音域の調整をすることが課題だ。

当日の模様は、「カフェグリューン」のHPをご覧下さい。

○第1部
 1.島人ぬ宝・・・BEGIN
 2.あんたのバラード・・・世良公則
 3.少 女・・・村下孝蔵
 4.もうひとつの土曜日・・・浜田省吾
 5.遠くで汽笛を聞きながら・・・アリス
  
○第2部
 1.今宵の月のように・・・エレファントカシマシ(with 小松宏司)
 2.チェリー・・・スピッツ(with 小松宏司)
 3.銃 爪・・・世良公則
 4. 燃えろいい女・・・世良公則
 5. いつか・・・ゆず(with 小松宏司)
 6.主人公・・・さだまさし

 アンコール:世界に一つだけの花・・・槇原敬之
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。