ラスト・イベント

チビの夏休み最後のイベント「恐竜王国2012」へ行ってきた。会場は千葉「幕張メッセ」。東京モーターショーが開催されていた頃は、何度も通った場所だ。自宅からは180km、休憩と渋滞にハマって、しっかり3時間半かかってしまった。
展示されているのは10~11ホールで、9割方が骨格標本だ。いったい何体あっただろう。中国から運んだり国内の有名な博物館から借用したりで、かなり貴重な標本らしいのだが、名前を見ても聞いてもまったく覚えられないのは年齢のせいだろうか。
照明を落として迫力を増す演出も、ストロボ撮影は禁止。コンデジは自動発光してしまうので、係員の「ご遠慮くださ~い」の声がやたらと耳についた。

チビはテンション上がりっ放しで、ありったけの知識で説明をしてくれた。クイズラリーや体験イベントにも積極的に参加して、冷房が効いているのに汗だく状態。そしてハイテンションのまま、出口間際にあるショップに突入!! どうやったらこんなに集まるの? と思うくらいの恐竜グッズが並んでいて、ここだけは立錐の余地もない大盛況ぶり。お菓子やぬいぐるみ、Tシャツから文房具・・・とにかくすごい種類なのだ。100万円もする巨大ぬいぐるみ、買う人はいるのか? 結局チビはちっちゃなぬいぐるみと鉛筆を買ってもらった。

昼食後、今度はかみさんのテンションが急上昇。一度行ってみたいと言っていた「コストコ」でのショッピングが叶うからだ。「幕張メッセ」駐車場の出口の正面が「コストコ幕張店」なので、移動時間はわずか1分。2階で会員登録を済ませると、さっそく巨大カートを押して店内探検にスタートした。この店の特長は、アメリカンサイズの商品を箱のまま積んであること。地元スーパーではお目にかかれない新鮮な光景だった。1ガロンのマンゴージュースとか1kg入りのポテチとか、思わず手が伸びてしまった。流れは基本的に一方通行で、2階の雑貨フロアからエスカレーターで1階に降り、食料品売場の最後にレジがあるというスタイル。カートが大きいからだろうが、通路もそこそこ広くて混雑している割に流れは良かった気がした。

2時間半の「コストコ」ツアーを堪能したかみさんは、「また来たい」と超ゴキゲン。
片や疲れ果てたチビは不機嫌。でも、クルマに乗ればふたりともいつものように爆睡状態。オヤジは大渋滞の首都高を黙々と運転・・・といってもこれが楽しみな自分は、お台場や横浜の夜景を満喫出来のだ。

1209011.jpg  1209012.jpg

1209013.jpg  1209014.jpg


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。