WRX STi その後

マイカーが替わってから今日でちょうど5ヶ月が経過した。走行距離は6千キロちょっと。それほど遠距離のドライブはしていないが、そこそこの距離数だと思う。遠出は夏休みのお楽しみということで。
これまでの燃費は、リッター8.5から9キロの間。2500ccでターボで4WDでと考えたら、なかなかの数値だろう(ECOカーに乗られている方からは笑われそうだが)。ECOモードに当たる「インテリジェント・モード」でもまったく力不足は感じないので、日常はダイヤルを「S」や「S♯」に切り替えることはない。ワインディングでやっと「S」にする程度。「S♯」はどこか異次元に飛んでいってしまいそうなパワーなので、まだ数回しか使用していない。

吹け上がりの良さとエンジン音の相乗効果で、通勤での運転さえ楽しくなる。硬めの足回りも、しっかりと路面を掴んでくれているような感覚で安心出来る。当分エンジンと足回りに手を入れるつもりは無い。が、純正のアルミは1本20kgほどあるので、もしも半分程度の重量になったら、きっとハンドリングが変わってくるだろう。とはいっても、18インチとなれば4本で20万は下らない。ローンの返済をしながらだと、宝クジにでも当たらない限りそれは決して叶うことはない。

というわけで、お金のかからない小変更を慎ましやかに行っている。4月21日のブログで紹介したフロントグリルのレッドモール以降に変更したのは、フォグランプのイエローバルブ化、フェンダー後方のサイドオーナメントをコンプリートカー「R205」用のブラックに、シフトパネルにカーボンシール(ブラック)を貼り付け等々。
フォグランプは雨天時しか使用しないが、見難いために交換。霧の中の走行でもホワイトよりは断然見やすいし、対向車からの視認性も良い。
サイドオーナメントはもともとシルバーだが、ホワイトのボディーでは埋もれてしまうためにアクセントを付けるために交換。
シフトパネルとナビの収まるパネル、そしてシフトノブがシルバーになっている。それ以外はガンメタで良い感じなのに、この部分が浮いてしまってどうも気に入らない。ということで、一番面積の大きいシフトパネルにブラックのカーボンシールを貼り付けた。貼りモノはあまり得意ではないが、手順どおりに進めたらキレイに仕上がって大満足。今年中に残りのシルバー部分のブラック化を目論んでいる。

この3点の費用は合計で12,000円。すべてセルフで済ませたので品代だけで済んだし、間隔を空けながらコツコツ弄ってきたので、少ない小遣いでも何とかなった。次回も地味にいこうと思う。

1206301.jpg  1206303 (2)  1206303 (1)


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。