これがドラフト制度

今年のドラフト、巨人と菅野選手にとっては天国から地獄へ突き落とされたような時間だったに違いない。「相思相愛」「一本釣り」こんな見出しが前日の新聞で躍っていたから、当人たちはもとより、メディアや我々も「きっと」そうなるとしか考えていなかったろう。

祖父は東海大相模高→東海大野球部の監督だったし、伯父は巨人の4番を経て現監督。その伯父の姿に憧れて今日まで頑張ってきたのだから、巨人で野球をやりたいという気持ちはよくわかる。

ところが、予想だにしていなかった日本ハムの参戦。巨人のスタッフは茫然自失で、原監督にいたってはくじを引くことさえ出来ず。代わりに清武球団代表がピンチヒッターに立ったが、日本ハムに交渉権を持っていかれてしまったのだから、これ以上のショックはないだろう。まさに青天の霹靂。しかし、この一連の日本ハムの行動に、会場の招待客から歓声が上がった。

ドラフト後のインタビューで原監督は顔面蒼白、「監督と伯父という二つの立場で・・・とにかく残念です」と答えるのが精一杯だった。一方菅野選手も記者会見で笑顔はなく、「今は終わってホッとしています」のひとこと。胴上げも写真撮影も中止となった。

日本ハムの行動を「KY」と感じるか、はたまた一部新聞にも掲載された「強奪」と受け取るか。それは本人や取り巻きに任せるとして、後にも先にもこれがドラフト制度なのだ。どのチームにも公平に選択権が与えられ、くじを引いて交渉権を獲得する。だから「逆指名」という正当な権利でも何でもない、口約束の武器をかざす選手には良い印象はなかった。

これまで「相思相愛」というお墨付きを手にしながら、悔し涙を流した選手がどれほどいただろう。あの江川氏の入団のゴタゴタはあまりにも有名だし、清原氏は巨人からの指名を心待ちにしていたが、指名したのはよりにもよってチームメイトの桑田氏だった。西武に入団した清原氏は、翌年の日本シリーズでその巨人と覇権を争い、優勝目前最後の守備についた時、万感の想いが込み上げて目から涙が溢れた。
今回のケースとは少し違うかもしれないが、いずれにしてもそんな壁を歯を食いしばって乗り越えて、彼らは一流選手となったのだ。

菅野選手がどういう選択をするのか注目されるところだが、少なくとも高く評価した日本ハムを逆恨みすることだけはしないことだ。日本で野球をやる以上、それは自身の大きな汚点となってずっと付き纏うことになるかもしれないからだ。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。