進化するデジカメ

長男が本屋へ行きたいというので、午前中出掛けてきました。長男が物色中、自分も「鉄道」コーナーで雑誌を手に取って、「風情がなくなっちまったなぁ」とひとりごとを言いながらふと横に目をやると、以前毎月買っていた「デジタルカメラマガジン」を見つけました。中をめくっていくと、3年ほどブランクが空いた間に、ずいぶんと進化したもんだと驚いてしまいました。
top_img.jpg

自分が一眼レフのデジカメを購入したのが5年前。ニコンのD100という機種です。610万画素という、現在の機種からすれば入門機にあたるグレードですが、価格は22万円もしました。しかしながら、記録媒体によって枚数を気にせずに撮影出来ること、その場で確認出来ること、そして自分で画像のレタッチが出来ることが、今までのフィルムカメラでは考えられないこと。しかも、今まで使っていた交換レンズがそのまま使用出来るということもあり、あっという間にその魅力に取り付かれてしまいました。

それでは、何が進化したのか-。
画素数から言えば、1000万画素オーバーが当り前となって、より精細な写真が撮れるようになったこと。コンパクトタイプのデジカメでさえ、すでにこの領域に達しています。そこまで必要なのかいなとも思うのですが、一眼レフではとてもありがたいことです。
また、撮影した画像を確認したり様々な設定を行う際に、簡単なボタン操作で完了してしまうこと。初心者にやさしいし、とっさに撮影条件を変更する時に、とても強い味方になります。

本当に機種が増えました。メーカーなりに特色を出してはいますが、どこも一長一短という印象です。ただ、そこそこ使うというのであれば、どのメーカーを選択しても遜色のないレベルだと思いますし、自分が購入した頃に比べれば、いろいろ選べて羨ましいとさえ感じます。もちろん写真は、カメラだけでは撮影出来ません。レンズも重要な道具です。こちらもその数がスゴイ!カメラメーカーのレンズ、レンズメーカーのレンズ、広角、望遠と、その種類は選り取りみどりです。これからさらに、その選択肢は多様化していくはずです。

ただ・・・
どんなに画素数が上がっても、従来のフィルム、特にリバーサルフィルムには、まだまだ太刀打ち出来ません。ありのままをそのまま切り取った「圧倒的な臨場感」は、デジタルでは表現することはかなり難しいと思います。それに現在はデジタル全盛期ですが、いずれフィルムカメラに再び光が当たる時が来ることを信じているので、大切に保管しています。ブームには、必ず回帰がありますからね。

コメント

mammie #-

時代に流されてみました。

世の中の主流がデジカメになったのね。と感じてからも
そうとう長い間、購入はしませんでした。
だって、ブレやすいし(下手なだけ?)フィルムで残らないし・・。
でも3万円で1,000万画素、データも簡単に残せるみたい・・
そうなったら買うしかないかと。(笑)
娘の小学校の卒業式!買ってて良かったぁ。
お母様方、み~んな「デジカメ」なのですよ。
時代の流れに乗り遅れずにすみました。アハハ。

2007年03月30日(金) 01時50分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 デジカメ、持ち歩いていますが、シャッターのタイムラグに今だ慣れません。特にスポーツシーンを撮るときにむかつくほどです。
 アナログな、本当にアナログな単純なカメラが好きです。ズームがなくても接写がなくても、いい表情いい瞬間がとれるカメラが欲しいんです。使い捨てはなんとなくもったいなくて、今だ冷蔵庫の中にはフィルムがあるという、アナログな自分を発見します。

2007年03月30日(金) 05時57分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

mammieさん

デジカメ全盛期、百花繚乱、時代の趨勢となっているので、流されてしまっても十分大丈夫ですよ。「誰でも簡単に使える、保存出来る」がウリなので、これからもどんどん機種が増えて便利になっていくでしょうね。mammieさんのようにパーソナリティーをやられていると、取材やいろいろな方とお目に掛かる機会も多いと思うので、ますます必需品になっていきますね。

2007年03月30日(金) 09時48分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

タイムラグ・・・デジカメの最大の弱点です。コンパクトカメラでは顕著でしょう。昔CMで「撮りたい時が見たい時」というコピーがありましたが、これがまったく通用しないのです。フィルムカメラのような、機械式のシャッターではないからなんですね。自分も、少年野球を撮る際は苦労してます。枚数が稼げるので、頑張ってたくさん撮影してみて下さい。
今年の桜は、露出計しかないフィルムカメラで撮影(リバーサル)してみようかと思っています。

2007年03月30日(金) 10時03分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。