韓流ブーム、音楽だけは・・・×

日本の俳優やタレントが、自身のブログ等で「テレビでの韓流ブーム」を嘆いている。傍から見れば割と冷静に読めるが、実際そのような仕事に携わっている当人にとっては、見過ごすわけにはいかないのだろう。しかも書き込みをすれば、その記事に反応するタレントも記事を書き、読者を含めてネット上で賛否両論が渦巻いている。

もともと自分は韓流に興味は無かった。ブームの火付け役となった「冬のソナタ」も観ていないし、未だに目の前の俳優が誰なのか気にも留めたことはない。画面に登場すればチャンネルを替えていたし、観たくなければ観なければ良いだけの話。昔の民放「ゆく年くる年」みたいに、全部のチャンネルが同じ番組を流していればまた話は別だが。

ただ、そんな自分も、音楽絡みの「韓流ブーム」には物申したい。自身も音楽を趣味にしているし、どんな時も常に音楽と時間を共有しているからだ。韓国アーティストだって、クオリティーが高ければ、きっと欧米のアーティスト同様夢中になっていたかもしれない。

日本に上陸してくる韓国アーティストは、とにかく容姿。ナニが何でもビジュアルから売り込む。「イケメン」「美脚」を徹底的にセールスポイントとしている。肝心の歌唱力となると、猛特訓したという日本語も実際何を歌っているのかわからないし、ダンスしながら歌えばとても日本語には聴こえない。そのまま母国語で歌えばいいじゃん。マドンナだって日本語じゃ絶対歌わない。母国語の方が自身も曲のイメージや余計な負担をかけずに歌に集中出来ると思うのだが。とにかく日本で儲けようと次から次へ送り込むのが韓国の戦略だろうが、音楽性で勝負しようとする気はまるで無いように思う。

音楽系の番組は酷い。例のブログではないが、本当にどこの国の番組なのか分からない時がある。スタジオ収録は殆どが口パクだし、歌よりトークの方が長い時もある。日本のアーティストだって同じような時もあるが、何も伝わってこない音楽よりはずっとマシだ。数少なくなった音楽番組がこのような形に変わってしまったことに憤りを感じる。やはり元凶はCXか・・・。

空港で大騒ぎするおば様たちを見ても、CMでイケメン君が歯の浮くような台詞を放っても気にはならないが、無味乾燥なアーティストたちで音楽番組を埋め尽くしてしまうテレビ局の姿勢には嫌悪感さえ覚える。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。