伊豆アニマルキングダム

GWの家族サービス第1弾は・・・
伊豆・稲取にある「伊豆アニマルキングダム」です。1年前までは「伊豆バイオパーク」という名称でした。ウォーキングサファリゾーンを設けたりしてリニューアル。
自宅から1時間半の道のりは渋滞は皆無、施設も驚くほど人出は少なめでした。広い敷地内を移動するので車椅子を借りましたが、これが後になって大変なことに・・・。

「伊豆アニマルキングダム」は、「アニマルゾーン」「スポーツゾーン」「プレイゾーン」の3つに分かれていて、「アニマルゾーン」は前述の「ウォーキングサファリ」がウリ。専用通路の両側に、草食系の動物が放し飼いされています。ところどころに餌の販売所もあります。専用通路の折り返し部分が一部屋内施設になっていて、もうひとつのウリ「ホワイトタイガー」や定番のライオン等の檻があります。このホワイトタイガーの前だけは人だかりがあって、ようやく動物園らしさを感じました。

専用通路の終わりには「ふれあい動物園」があって、ウサギやモルモットなどと触れ合えるのですが、アルマジロなんて変りダネもいたんです。息子もおっかなびっくり抱き上げましたが、写真に撮るとなんだかパインアップルを抱っこしてるみたいで・・・。

ひとしきり遊んだ後「スポーツゾーン」を経由して遊園地のある「プレイゾーン」に向かおうとだらだら坂を登って行ったんですが、その坂がだんだん厳しくなって、しかも終わりが見えてこない・・・。なんとか中腹の売店にたどり着いたものの、自分もカミさんも息が上がるわ手は震えてくるわ。この先どうやって進む?と途方に暮れていたところ、下からエンジンを響かせてトロッコ風のバスがやって来ました。運転手さんに聞くと荷台に車椅子が積めるということで、ここから先はバスに乗ることが出来ました。進んでいくと、とてつもない勾配の坂と距離の長さで、車椅子では到底登れないことが判明。車椅子の貸出場所やバスの乗り場にその旨を明記してくれていると親切なのになぁ。

遊園地もどれも待ち時間無く乗れました。でも、チビが1番喜んだのが芝生広場。お弁当を食べることも出来ますが、3組ほどしかいなかったために自由に走り回ること出来ました。もちろん汗だく。
このゾーンには何故か「サル山」があって餌を投げ入れることが出来るんですが、同居しているマントヒヒとニホンザルの餌のキャッチの見事なこと!! 1番遠くで15メートルほどあるんですが、どんなに速く餌を投げ入れてもしっかりとキャッチするんです。中には直接口でキャッチする兵も。仕舞いにはこちらがサルに遊ばれているような錯覚でしたよ。

ひとしきり遊んでゲートに向かう時もスゴイ下り坂。こちらこそひとりでは絶対に危険です。しかも、この区間はバスが無い(道が細くて無理)ので、逆周りでも不可能です。もし、車椅子で行かれる方はくれぐれも注意して下さい。

別ルートでの帰り道も渋滞は無く、ドライバーには助かりました。いつものようにカミさんとチビは爆睡。こういうお出掛けは、子供が喜んでくれるのが1番です。寝顔を見て、こちらも癒されました。

11050201.jpg  11050202.jpg  11050203.jpg

11050204.jpg  11050205.jpg

上段左:ウォーキングサファリ。専用通路の勾配がすでにキツイ・・・。
上段中:珍しさ、人気ともダントツのホワイトタイガー。
上段右:パインアップルのような「アルマジロ」。チビの顔が引きつり気味。
下段左:砂金採りなんてのもありました。500円だったけど・・・。
下段右:芝生広場の頂上から。人はまばら・・・。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。