サッカーに水を空けられたプロ野球

15日に発生した静岡県東部の地震で、たくさんの方から電話やメールをいただきました。ご心配いただき、本当にありがとうございました。未だに「緊急地震速報」や小さな揺れにさえビクついている状態で、東北や茨城・千葉での余震を考えると言葉になりません。それだけに間髪入れずに連絡をいただけること、本当にうれしい限りです。

相変わらずセ・リーグはドタバタしてますね。巨人の滝鼻オーナーが「日程を決めるのはお上じゃない!」って吼えたり、パ・リーグの決定にイチャモンつけたりしたみたいですが、結局自分たちのことしか考えていないという姿勢があからさまです。「こっちが照明を薄暗くしてまでも野球やってやろうって言ってるのに」という声が聞こえてきそう。

一方、サッカーは打ち出す策が実にタイムリー。Jリーグは早々に日程の延期を決定、日本代表対モンテネグロ戦が中止になるや、Jリーグ選抜との慈善試合に切り替えました。しかも、会場を静岡(この地区は停電は無いのですが)から大阪・長居陸上競技場へ変更して、静岡=計画停電のモヤモヤをクリア。これは面白い試合になりそうです。

他にも各国で行われているリーグ戦の前に黙祷を捧げたり、「がんばろう 日本!」の横断幕を長時間映したり。そして、「バイエルン・ミュンヘン」が5月末に日本で慈善試合を行うために調整中だとか。
野球、特にセ・リーグは完全に水を空けられた格好ですね。

閑話休題-
ドタバタ続きで忘れていましたが、その地震のあった日に長男が志望する高校に合格しました。将来自動車の開発をやりたいからと工業高校を受験しましたが、恐らくギリギリでの合格でしょう。とりあえずは「おめでとう」です。今は背中に羽が生えてしまって、買ってもらったばかりの携帯電話をいじりまくってます。合格したら終わりじゃないからな~。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。