月命日

昨日は親父の月命日でした。あれから1ヶ月、いろいろなことがあった割にはとても長く感じました。もう半年ぐらい経っているのではと思ったほどです。

亡くなって間もなく葬儀の準備が始まりました。昔に比べればずいぶんと楽な運びなのでしょうが、とにかくいろいろな段階を踏んでいかなければ、葬儀にすら辿り着けないと感じました。父の最期を看取ってくれた従兄は終始行動を共にしてくれて、自分の足を考慮して葬儀と火葬が同じ場所で行える斎場を探してくれたり、自分が動けない部分はカミさんと走り回ってくれました。
葬儀社の担当者もとても親切な方で、次から次へと決め事をこなしながら、「すみません、お辛い時に。決めたこともつい忘れてしまうと思いますから、私の方でひとつひとつフォローさせていただきます」と、いつもいいタイミングで「キュー」を出して下さいました。
枕経で初めてお目にかかったご住職、ちょっと気難しい方かなとお見受けしましたが、葬儀の際に「先僧(ご住職のアシスタント)は何人にしましょう?」と聞かれ、「おひとり(先僧なし)でお願い致します」とお伝えた時、仏壇のお店を紹介していただきましたが、すでに購入先を決めていることをお伝えした時、あからさまに苦虫を噛み潰したような顔をされてしまいました。これからのお付き合いがちょっと大変になりそうです。
話を戻します。枕経をあげると、初めて家族やお出でいただいた方がお線香をあげられるようになります。通夜が亡くなった翌々日だったので、ご近所や友人の方々がたくさんいらっしゃいました。憔悴しているお袋に代わって、繰り返し自分が亡くなった経緯を説明しました。何回同じ話をしたんだろう・・・。

納棺師の仕事も初めて目の当たりにしました。3人でやって来て、マニュアルで決められているかのような挨拶と揃ったお辞儀。厳粛な仕事なので致し方ないのかな。体を清めている時は3人以外部屋には入れないので詳細はわかりませんでしたが、真っ白な旅の着物を着せ、足袋にわら草履、手甲と脚絆を着け、最後はきれいに化粧を施して納棺をします。ずだ袋には丸く千切った六文銭とひとつまみの米を入れ、好きだった俳句の本を3冊納めて旅の支度は整いました。始めてから2時間でした。整った遺体ばかりではないはずなので、本当に大変な職業だと感じました。

出棺は霊柩車ではなく、ワンボックスタイプの霊送車で斎場へ。ここからは葬儀社の担当者と決めたことを進めながら通夜と本葬・告別式が営まれました。帰宅してからは祭壇に遺骨を安置して再びご住職からお経をいただき、2日間にわたった葬儀は無事に終了しました。
やれやれ・・・と肩の荷を降ろしたいところですが、ここからが第2の山。健康保険や年金をはじめ多くの手続に奔走しましたが、慣れないために不備が多くて何度も足を運ぶことになりました。未だに相続の関係は何も手をつけていません。
手続と同時にお香典の記録やお返しの手配、仏壇・仏具の購入、四十九日法要の段取り。10月3日に法要を行いますが、その前に仏壇に魂を入れる「開眼供養」というものがあり、ご住職にご足労いただいてお経をいただきます。法要の前日には菩提寺に供物を届け、当日は供養と近くのホテルでお斎(会食)を済ませて、ようやく忌明けを迎えることになります。あとは一周忌を目処に墓石を建てることになりますが、また石の種類がどうだこうだと業者と話をしなくてはならないんですね。
この1ヶ月で1番感じたこと、下世話な話ですが・・・お金がかかります。亡くなっても火葬や葬儀が出来ず、「年金支給者の年齢が150歳」というニュースもありましたが、その気持ちが分からなくもありません。故人のために遣う訳ですからよいのですが、それにしても右から左へとあっけなく準備したお金は消えていきます。
備えあれば憂い無し、実感です。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。