予選突破どころか・・・

やっちゃいました、「少年野球団」。予選突破どころか、町内チーム総当りでまさかの2連敗。あえなく撃沈でした。何をどう言ってもすべて言い訳になってしまいますが、負けるべくして負けたって感じです。

第一試合は「リトルメッツ」。一昨年までは町内の強豪チームでした。それが、あまりの選手の多さに分裂。力のある選手が、ほとんど新チーム「ドリームキッド」へ流れてしまいました。それに加え6年生が抜けてしまったので、かなり戦闘力は落ちていたはず・・・でした。
4回までは、完全に「少年野球団」が主導権を握っていました。得点も6-1で楽勝ムードだったんですが、ひとつのエラーがきっかけになって四球を連発、ランナーを溜めたところで長打を許す、1番悪いパターンとなってしまいました。結局逆転されて、終ってみれば6-11の完敗でした。

第二試合の「ドリームキッド」に勝てば、まだまだ望みはあります。気持ちを切り替えて、20分後にプレーボール。ところがこのチーム、昨年はそれほどの破壊力はなかったのに、今年は大違い。一旦出塁するとスキあらば次塁を狙い(キャッチャーからの返球や牽制球をピッチャーに返球する時)、とにかく進塁あるのみ。これに翻弄されて、選手たちは完全に浮き足立ってしまいました。恐らく何が何だかわからないうちに、大差を付けられてしまったと感じたはず。
バッティングにしても、明らかに打つ方向を決めていて、野手の間を打球がきれいに抜けていきます。守備は実に丁寧に処理をし、きわどい打球は何が何でもアウトを取るんだという凄まじい気迫。こんなプレーを見せられては、もうなす術もなし。完全に意気消沈状態のまま、気が付くと2-14の5回コールド負けでした。

先日の練習試合では上り調子でしたが、やはり少年野球はわかりません。あれだけ練習した連係プレーが、内野手の誰ひとりとして出来ないイニングがあり、バットを振れば次々と凡フライ。選手たちは、レベルの違いをまざまざと見せ付けられたはずです。監督からずいぶん長いこと説教をもらい、その後は場所を替えて、午後5時までみっちり絞られました。

長男は帰ってからも悔し涙を流して、自分のふがいなさを反省していました。自分は、もう何も言いませんでした。本人は十分にわかっているはずだから。相当の覚悟で練習をしなければ、「ドリームキッド」のレベルに達することは出来ません。
次回の公式戦は5月13日、さらに過酷な練習が始まります。
okumura01.jpg
(キャプテンの本塁打まではよかったんですが・・・)

コメント

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤジさんへ
ギターオヤジさんの、はらはらドキドキが伝わってきました。お子さんだけでなく、大人も興奮!親だから余計でしょうか?なんか、わかります。ひいきにしてるプロ野球の応援より熱くなりますよね。監督にみっちり絞られたというのは、ふむふむ。クールもいいけど、子供の時は、めーいっぱい悲しんだり喜んだりっていう素直な感情表現って、大切ですよね。大人の階段登っておられるのですね。

2007年03月22日(木) 19時09分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

確かに少年野球は熱くなります。必死にやっているから、泣いたり笑ったりと、思いっきり自身を表現出来るんでしょうね。はらぐろさんが仰るように、プロ野球より数倍面白いです。
監督さんも熱い方で、練習や試合でボロクソ言うくせに、イベントでは子供たちとふざけたり、卒団式では大粒の涙を流したり。こういう監督の下で野球が出来るって、とても幸せなことだと思っています。

2007年03月22日(木) 21時18分 | URL | 編集

fukuyama #-

はじめまして・・・少しよろしいでしょうか・・・実は今度4年生になる息子が野球をしたいと。せっかくの気持ちを大事に応援しようとお思うのですが、その野球をするには、毎週のようにある試合に親も同伴するとのことで幼稚園の娘も連れていかなくてはいけません。やはり子供たちのためにはみなさんがんばっていらっしゃるんでしょうね。息子のためだと思っても気が重っていまい情けないです・・・

2007年03月27日(火) 23時45分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

fukuyamaさん

はじめまして、ようこそお越し下さいました。
息子さんが野球を始めたいとのことですね。野球に限らず、自分から何かを始めたいという気持ちは、とても素晴らしいと思いますし、また大切にしてあげたいですよね。野球チームはたくさんありますし、練習や運営方法も様々だと思います。しかしながら、入団に関してはどこのチームも必ず体験入団というものがあるはずです。まずはそこで息子さんも親御さんも、雰囲気に慣れてはいかがでしょう?
愚息が所属しているチームは、基本的に土曜日が練習、日曜日が練習試合となり、その中に公式戦が7試合ほど組み込まれています。朝お子さんを連れてきて、夕方迎えに来る親御さんがほとんどです。練習試合も、レギュラーか高学年の選手の親御さんが観戦に来るぐらいですが、公式戦は熱くなるのかほとんどの親御さんが応援に駆けつけます。せっかくのお休みを1日グランドに張り付くのも、かなり気合が必要ですよね。それは息子さんが経験を積んで、試合に出られるようになってからでも構わないと思います。また、団員の弟や妹も遊びに来ていて、いつの間にかいっしょに遊んでいます。子供たち同士の方が、早く仲良しになれるようです。
こんな説明でよろしいでしょうか。野球団のHPを作成していますので、もしよかったらご覧下さい。不明な点は、いつでも聞いていただいて結構です。
http://www57.tok2.com/home/snafkin/baseball01.html

2007年03月28日(水) 00時12分 | URL | 編集

fukuyama #-

ギターオヤヂさん、ありがとうございます。早速、色々聞きに言ってみたのですが、練習が火、金、土、日の4日で日曜はほとんどが試合でやはり送り迎えだけでなくその場にいるという条件でした。情けない話で、どこにでもあると思うのですが、お母さん同士の争いが絶えなく、毎年条件がかわるそうで、入団を嫌がる人がたくさんいます。誰もが、体験入学というもの聞いた事がないらしく・・・田舎なので子供も少なく、地域で入団するところは野球はひとつしかなく、ほかにはソフトがあるという事で、そちらの方にも見学に行ってみようかと思います。また愚痴ばかりですみません!今度4年生になるのですが、只今、単身赴任中の主人が戻ってこれる5年生の頃でも遅くはないかな・・・と(笑)協力者がひとりでもいると・・・とついつい甘えがでてしまう母親です!ちなみに主人は野球しかしてこなかった野球馬鹿なのですが、今回の息子が入りたいチームには少し頭を抱えているので・・・母親中心のチームが嫌みたいです。でも野球はさせたい。なのでギターオヤヂさんに相談してみようと・・・こんな話にあたたかいお言葉、感謝してます!もう少し見学をしたり考えてみますね。ありがとうございます。また、楽しみにブログも拝見させていただきますね~~

2007年03月28日(水) 22時17分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

fukuyamaさん

さっそく調べられたんですね。コメントを読ませていただき、ずいぶんと活動状況が違うものだなぁと驚きました。週に4日も活動日があるんですね。これは、新4年生には少し厳しいかもしれません。いくらやる気があっても、やはり子供です。遊びたい日もあるでしょう。そうなると、続けることが出来るかな・・・と感じました。愚息は、週に2日でも最初の頃は行く前にベソをかいていましたから(笑)。
お母さん方に確執があるというのも、とても大きな問題ですね。ただでさえ体力を消耗するのに、精神的なストレスが加わると、親御さんの方が参ってしまいます。ソフトボールも含めて、選択肢がある限りあちこち覗いてみた方がいいと思います。団体行動の大切さを知り、しっかりとした挨拶が出来る子供になります。お子さんもいっしょに、無理のないスポーツ少年団をお探し下さい。いつでも相談には対応させていただきますので。

2007年03月28日(水) 23時38分 | URL | 編集

fukuyama #-

ギターオヤヂさん、ありがとうございます!!あせらずどうにか無理しなくていい所(笑)、探してみようと思います!また聞いてください!(^^)!

2007年03月29日(木) 10時56分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。