今さらだけど・・・

携帯でメールが出来るようになってずいぶんと生活が変わった。その場で相手に用件を伝えられて、返信が早ければ即座に問題を解決出来ることも可能。しかも、送信の際に今相手がどんな状況にいるかというようなことも、電話より気にしなくて済むところが重用する理由だ。おかげで携帯電話なのに、めっきり通話の機会が減ってしまった。

自分は仕事でもプライベートでも、メールが届くとなるべくタイムラグなしで返信するように心掛けている。顔の見えない相手に対して最低限のマナーだと思っているからだ。「あなたのことを粗末に扱っていませんよ」という自分なりのアピールのつもりでいる。忘れた頃の返信ならいざ知らず、早めの返信で気分を悪くする人はいないだろう。だから、自分が送信したメールに対して早めに返信が届くと事の外うれしい。もちろん相手にも都合があるはずだから遅くなってもそれはそれで構わないが、それなりのひとことを添えてくれると思いやりを感じたりするものだ。

文面には気を遣う。仕事では常識の範囲内で出来るだけ短文で明解な文章を送信するように心掛けているから、逆にそれほど緊張して文を作成することは無い。家族や親友、付き合いの長い人に対しても同じ。阿吽の呼吸で以心伝心が可能だから。
気を遣うのは「知り合い」「そこそこ友達」という存在だろうか。会った時にすぐに会話が始まるぐらい表面的には人柄が掴めていても、本来の人格が分からないからその裁量が難しいのだ。硬いと他人行儀で面白味のない文章が出来上がるし、逆に砕け過ぎると失礼にあたる。「ですます」調で会話をする人に、いきなり「元気?」はないだろうし、冗談を言い合える仲なのに丁寧語を羅列するのも不思議に思われるに違いない。自分にはボキャブラリーが乏しいので、メールを打ち始めると行き詰って途中でリセットすることが度々ある。

あとは気持ちの込め方というか表現の方法。「冗談じゃないよ!」というフレーズも、怒りマークと笑顔マーク(こういう言い方は正しい?)で意味合いが大きく変わってくる。便箋に認める手紙と違い、メールに変わりは無いもののやりとりだけはリアルタイムなので感情はすぐに伝わる。絵文字を上手に使うことで、自身の心境を出来るだけ正確に伝え、それを誤解することなく受け取ることが可能なのだ。もちろん、それ以前に伝えたいことが相手に理解してもらえなければお話にならないが・・・。

なぜこんな記事を書いたのかというと、気にかけて尋ねたことに対してたった1~2行だけの文面だったり、まったく異なった内容のメールが返ってきたりすることが多くなったからだ。相手の性格やメールへのアプローチの仕方は十人十色だとは思うが、あまりに自分勝手じゃないの?と言いたくなるメールには閉口だし、この先もやりとりをしようという気持ちは少なからず失せてしまう。先日の話だが、しばらくメール出来なかったので「変わりは無い?」みたいなメールを知り合いに送ったところ、いつもと違う書き方をした返信(いつもはですます調なのにその時はタメ口)が届いたのだ。それはそれで一向に構わないので「初めてタメ口だったじゃん(笑顔マーク)」と送ったら、「すみません、相手を勘違いしてメールしてました」だって。誤送信ならまだしも、相手そのものを間違えていたとは・・・。凡ミスか、それとも複数の相手と同時にメールしていたからなのか、信頼している人だっただけに何とも後味の悪さが残った。

重複になるが、携帯メールは便利この上ない。直接は無理だけど、メールだから伝えられることもある。しかもリアルタイムで。ただ、オートマチック車と同じで、便利なアイテムを楽々使いこなせる反面、事故が多発したり簡単に信用を失ったりという諸刃の剣の怖さが潜んでいるようにも思う。

たかがメール、されどメール・・・なのだ。


「投げ出し総理大臣」の記事は、また後日。

コメント

蜩 #-

No title

ご無沙汰してます。
新しいテンプレ、夏らしくて爽やかな感じがイイですね。
何より、字が大きいので読みやすくなりました。
歳ですから…助かります(^_^;)

私は短いメールが多いです。
要件にちょっとおまけを付けて終わりですかね。
娘とは会話のようなやり取りなのでその癖が出ているのかもしれません。

元同僚とはタメ口でいいよと言ってるけど、歳は私のほうが上なのでなかなか難しいようす。たまに砕けた言葉を受けると嬉しくなりますネ

メールだと言いにくい言葉もさらっと言えるのが良いですが、送信してから後悔する時もあるので、やはり難しいモノです。

2010年06月09日(水) 15時10分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #-

蜩さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。ご無沙汰してしまってすみません。

久しぶりにテンプレ変えてみました。仰るとおり、見映えよりも字の大きさで選びました。とっても楽になりましたよ(笑)。

この記事をアップしてから、自分もメールの送受信には気を配るようになりました。相手に嫌な思いをさせるのは気をつけたいので。送ってから悔やんでも、どうにも出来ませんからね。

娘さんとのメール、何か楽しそうですね。短くても親子ならそれで十分なんでしょう。娘さんはお元気ですか? 充実したキャンパスライフを過ごされているんでしょうね。

2010年06月10日(木) 21時42分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。