趣味ならまず楽しもうよ

 14日午前10時40分ごろ、大阪府柏原市のJR関西線河内堅上駅近くの線路脇にカメラを持った男性ら3人がいるのに、加茂発天王寺行き快速電車の運転士が気づいて停車。直前に回送電車の運転士が同じ場所で線路に立ち入っている約50人を目撃しており、別の普通電車も人影に気づいて停車した。上下計19本が運休、26本が最大約40分遅れ、約1万3000人に影響した。団体客専用の臨時列車「あすか」の運行があり、鉄道ファンらが撮影に集まったらしい。JR西日本と府警柏原署によると、快速電車の運転士が退去を求めたが数人が聞き入れず、周辺駅から応援の駅員を呼んだり、パトカーが出動する騒ぎになった。全員立ち去ったが同署が列車往来危険容疑で調べている。

 あすかは車内を座敷に改装した珍しい車両。運行が年数回のため、撮影しようと人気が高いという。この日は新大阪駅発着で、奈良、京都など経由。ファンが集まった場所はカーブがあり、背景の山など自然が美しい“撮影スポット”だったという。乗車したファンの男性(21)は「線路脇の斜面で撮影している人もいて危険だった。大半のファンはマナーを守っており、同一視されるのは迷惑」と憤慨。JR西は「鉄道好きだからこそ、マナーを守ってほしい」と話している。【2/15毎日新聞より】

 20日午後5時ごろ、滋賀県草津市渋川1のJR東海道線草津駅で、京都駅へ回送中の臨時列車「あすか」が止まっていたホーム近くの線路内に、カメラを持った人が立ち入っているのを別の電車の乗務員が見つけた。電車を止めて注意しようとするとそのまま立ち去った。回送のあすかが7分遅れで発車したほか、上下計5本が緊急停止するなど最大で10分遅れ、約3500人に影響が出た。
 あすかをめぐっては今月14日にも、大阪府柏原市のJR関西線河内堅上駅近くで撮影目的の鉄道ファンが線路内に立ち入り、ダイヤが大幅に乱れた。【2/21毎日新聞より】

 1月24日、この日は京浜東北線から「209系」と呼ばれる通勤型車両が引退する日。ホームの人だかりは、京浜東北線を走る「209系」電車の最後の姿を目に焼き付け、雄姿を撮影しようとする鉄道ファンだったのだ。別れを惜しむファンは、車内にも多数乗っていた。特に先頭の車両は朝のラッシュ時にも負けない満員状態だ。そのうち、一般の乗客が乗ろうとすると、満員の車内から、甲高い叫び声が聞こえてきた。
 「一般人は乗れませーん」「鉄ヲタ専用車両でーす」
 途中、外国人とみられる親子が乗ってきたが、父親に抱かれた幼児は、あまりの騒音に泣き出してしまった。何が何だか分からない様子の親子は、次の駅で慌てて下りる羽目に。【1/25産経新聞より】


 このように、最近は度を越えた鉄道ファンのニュースが紙面を賑わせています。同じ鉄道ファンとして残念であり、情けない気持ちでいっぱいです。ファンならずとも決められたことを守れないというのは人としてどうなのよという思いで、これまでにマナーについて記事にしてきたものを読み返しても、とうとうここまで来てしまった・・・という感じです。列車の運行を妨害することは犯罪です。線路内に入ってカメラを構えるなんてことは、普通に考えれば有り得ないこと。しかもJRの係員が注意しても応じなかった行為は、これからイベントを行う上でも大きな影響があるでしょう。精査して該当者には厳罰で臨んでほしいと思います。

 マナーの悪さも顕著になってきました。引退する列車の最終運転日には、駅という駅はカメラを抱えた鉄道ファンで埋め尽くされます。「そこ、どけよ!」「押すな、ボケ!」こんな罵声は当たり前。肘でド突いたり肩を掴んだり、現場は修羅場と化します。どうして楽しいはずの趣味が、こんなに尖って殺伐としたものになってしまったんでしょうか?

 鉄道各社で頭を抱えている迷惑行為は、ファン同士の撮影場所の取り合い、鉄道敷地内への無断侵入、係員のお願いや制止の無視、鉄道施設に対する落書き・盗難、記念撮影をする親子や一般利用客に対する妨害行為や罵声、チケットやグッズの買い占め-などがあるそうです。どれもひどい行為です。
 自分が高校生の時イベントでは確かに人出は多かったけれど、撮影をする時は子供たちを前に、大人は後ろに下がってカメラを構えたものです。大人は常に子供たちの手本となって、子供たちもそれを見てルールを覚える・・・それが自然に出来ていました。仲良くなるとお互いの住所を教え合って写真の交換をしたりもしました。ホームで仕事をしている駅員や作業員に話しかける際も、しっかり挨拶をして「話をさせてもらっても大丈夫ですか?」と断りを入れるファンが多かったから、ヘッドマークを見せてくれたり、「来週変わった列車が入ってくるよ」という思いがけない情報をもらったものです。それがいつの頃からかすっかり様変わりしてしまいました。撮影場所を探していれば写真に入るからどけと言われたり、準備していれば後から来た人が自分の前に陣取ってしまったり。あまりに理不尽な言動に、せっかくの1日が台無しになってしまうことが度々ありました。今ではもうイベントでの撮影は一切行かないことにしています。とにかく楽しくないんです。

 10cmでも前に出て撮影したい、自分だけのアングルで写真に収めたい・・・その気持ちはよく分かります。でも、周囲に迷惑をかけたりとことん楽しくなければ趣味とは呼べないでしょう。強引で要領のいい人がいい思いをして、マナーを守っている人が損をするなんてことがあってはいけない。こんなことが平気で起こっているから「自分さえ良ければ」「人がやっているから」が次々に伝染して、ご覧のような有様になってしまったんでしょう。

 3月13日のダイヤ改正で、寝台特急「北陸」とボンネット型夜行急行「能登」が廃止されます。最終日、何も無いことを祈ります。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。