東京モーターショー2009 レース&競技車両

 中央ホールでは「カー・オブ・ザ・イヤー30周年」と銘打って、これまでの歴代受賞車が一同に展示されていました。懐かしいものもありましたが、これに似た展示は前々回にも企画されていて、どう見てもスペースを埋めるための窮余の策としか思えません。
また同じ中央ホールで「スポーツカーエリア」と題して、「GT選手権」のマシンやニュルブルクリンクでテスト走行したインプレッサ等が展示されていましたが、眺めている人は皆無で、やはり力の入っていない展示物というのはオーディエンスにも伝わるんでしょうか。この両企画、一般公開では人気を博すといいですね。

 ひととおり観終わって時計を見たら17時前。裏の屋台村で一休みをしました。撮影枚数は147枚。せっかく8GBのCF買ったのに・・・。同僚ふたりは大混雑のモーターショーしか知らないので、たこ焼きを頬張りながらそのギャップに驚いていました。ひとりは女性で、トイレで並ばなくて済むのには大喜び。もうひとりはすっかりお疲れモード。オヤヂ同様クルマ好きなんですが、やっぱりときめくクルマは無かったようです。

 出口に向かいながら最後視界に入ったコンパニオンをありったけ撮ろうということになり、メインの通路から外れた小さなブースを回って何とか188枚という枚数になりました。出口近くなるとふたりはオヤヂに指図するだけで、もうお腹いっぱい状態。

 18時少し前に会場を出発。首都高が混雑していたらアクアラインを通って川崎へ抜けようかと思っていましたが、帰りもほとんど渋滞は皆無。ネックの釜利谷JCTもスイスイで、19時には海老名SAに着いてゆっくりと食事が出来ました。

 今回のモーターショーを、「滅多に観ることの出来ない貴重な経験」と受け止めるか、それとも「海外メーカーに見切りを付けられた日本の現状」と受け止めるか、自分自身の気持ちは判断がつがずに揺れています。恐らく次回も出掛けるとは思いますが、自工会もショーの見直しを検討しているそうで、2年後どんな形になるのか期待と不安が渦巻いています。

 モーターショーが11月4日に終了しましたが、入場者数が前回よりも57%減の62万人に留まりました。何をか況やです。現在の日本ではこういうイベントの在り方が再検討される時だと思います。ある雑誌では「休止 or 消滅かも」という記事を掲載していました。F1からも日本のメーカーが相次いで撤退するなどさびしい話題ばかりですが、一度仕切り直しをして外国メーカも進んで参加出来るような内容にして欲しいと思います。数回にわたり写真を観て下さってありがとうございました。

09102289.jpg

09102283.jpg

09102282.jpg

09102284.jpg

09102285.jpg

09102287.jpg

09102288.jpg

09102286.jpg

コメント

優月 #aiMm5YXE

おはよ^^
ギターオヤヂさん

自宅パソは壊れるし
会社に来てもパソ開く時間ないし
訪問できなくてごめんなさい
自宅のパソコンはまだ復活していません

コンパニオンさんかわいいですね
たこ焼き食べたんですね
入場者数が57%減だなんて
少し寂しかったですよね
確かにトイレの混みがないのは嬉しいこと
でもやっぱり賑やかな中でのショーが
心ひきつける気がします

2009年11月11日(水) 10時54分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

優月さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

こちらこそ訪問出来なくてごめんなさい。先週は2本のライブがあって、それに掛かりきりになってしまいました。また記事を書くつもりでいますが、寝る前30分~1時間の練習をずっと続けていたので、訪問する時間がなくなってしまったんです。

パソが壊れたんですか? まったく動作しなくなってしまったんでしょうか? 中のデータが無事だといいんですが・・・。パソは故障するとどうにもなりませんからね。1日も早い復活を祈っています。それから、ぼちぼち訪問を再開したいと思います。

2009年11月11日(水) 20時12分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。