東海道から消える顔

3月18日のダイヤ改正に伴い、17日を最後に東海道本線から馴染みの車両と特急が姿を消します。2年前に廃止された長崎行き寝台特急「さくら」以降、それほど大きな動きがなかったJRでしたが、合理化のために大ナタが振り下ろされました。
113a.jpg
まず廃車処分になるのは、普通列車で使われていた113系(写真上)。お茶の緑色と、みかんのオレンジ色に塗り分けられた車両で、「湘南電車」と呼ばれていました。この配色が人気を得て、やがて東北本線や山陽本線へも投入され、25年間に2,900両も製造されたのは、かなり異例のことです。3月18日からは、ステンレス製の新型車に置き換えられます。
373.jpg
そして、廃止される特急は「東海」号。1955年に東京~名古屋間の準急として登場し、以後は東京~静岡間に短縮されて、新幹線の停車しない地域の補完列車として運行されてきました。しかしながら利用客の激減を理由に廃止が決定、車両は他の電車区へ転出されます。自分が東京へ行く際、節約のために当時まだ急行だったこの列車を、かなりの回数利用しました。とにかく残念としか言いようがありません。

車両の入れ換えは、鉄道に興味がなければなかなか気付かないことだと思いますが、老舗の特急列車が消えてしまうのを知った時はどうでしょう?自分は列車に揺られることが好きなので、車両の形式についてはそれほど興味はありません。ただ、これだけ長期間にわたって地元を走っていた列車が消えるのは、やはり寂しく感じます。

旅の情緒を醸し出すために、「トワイライトエクスプレス」や「カシオペア」等の豪華寝台列車が仕立てられる一方で、在来線を守ってきた列車が消え、新幹線の中でも異彩を放っている500系「のぞみ」でさえ、居住性の悪さからまもなく廃止されようとしています。新旧交代は時代の波や鉄道会社の方針で仕方のないことですが、大幅な合理化のしわ寄せを利用者に負担させるようなことは、絶対にしないようお願いしたいものです。

コメント

シチューパン #3p3E4xCk

 我がクラスには、バリバリの電車お宅がいます。この一年、毎朝彼の電車の話と、時にはさまれる車の話で一日が始まっていました。
 で、持って来る電車の写真に、「あ、これ知ってる。」というと、「もう、この車両は走っていません。」と言われたりして、訳もなくがっかりしたりしました。
 型が変わって廃車が決まると、彼は休みのたびに出かけていって写真をとってきます。今月は、その写真を使ってカードゲームまで作ってしまいました。
 その中に、戦前からの車両が合って、「すごいねぇ」と言うと、床は天井は、ドアはと、嬉しそうに教えてくれました。「まだまだ走れるのを営業方針で廃車にしちゃうんですよ。」と、残念がっています。
 昨日、鎌倉へ行きましたが、見かけたJRはもはや湘南電車ではない型で、幼いときから見慣れたものがなくなる寂しさを実感しました。

2007年03月17日(土) 07時45分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

寂しいですね・・・

二度目のこんにちは♪
私が学生の頃は、貧乏旅行でホテルに泊まるお金を浮かすために夜行列車や急行などを利用して(実家の頃)京都や飛騨や北陸や九州にも旅行に出掛けたものです。その夜行列車も急行ももう廃車されています。
東京から在来線で兄が実家まで(大垣行き)帰ってきたのは確か113系だったように記憶していますが…廃車になるんですね(涙)。寂しいです。。。今でもあの時間の在来線はあるのでしょうか??
新幹線は今の地に住むようになってから実家に里帰りする際に利用していますが…500系だとかっこよく短時間で名古屋まで帰れるとウキウキしてホームで待っていたのに…寂しく感じます。(今は700系でも10分ほどしか変わらないですが)
乗車記念のテレカも今では使い道がなくて、家で眠っていますよ。

2007年03月17日(土) 12時07分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

ヲタクくん、とにかく線路を見ただけで、もうワクワクなんでしょうね。自身の手で列車を撮ったり、車両の歴史を調べたものが、やがて貴重な財産になっていくんだろうなぁ。自分は乗る方に走りましたが、スタイルはどうであれ、いい趣味だと思いますよ(自画自賛)。
それにしても、今のスカ(横須賀)線の車両は味気ないです。北鎌倉~鎌倉間は、特に馴染んでないような気がします。きれいな車両はいいけれど、風情がねぇ・・・。小田急線も、ずいぶん様変わりしてしまったし。

2007年03月17日(土) 20時43分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

旅に出る時の自分のパターンは、目的地までは夜行を使い、現地では普通列車での移動でした。夜行列車はほとんどが急行の座席車。窮屈でしたが、安いし時間は稼げるし、とにかく重宝してました。
大垣行も、よく利用しましたよ。列車番号が「347M」でしたが、この「サンヨンナナエム」が固有名詞になってしまったほど、とても人気の高い列車でした。紅緒さんからこの話題が出るとは、思ってもみませんでした。500系は先頭部分が長いこと、車体を絞り込んでいることで、定員が稼げないことが原因です。でも乗車記念のテレカは、大切に手許に保存しておいて下さいね。将来大化けするかもしれませんから(笑)。

2007年03月17日(土) 21時08分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。