報告の義務

 2月26日に記事にした「人それぞれなんだよ」。たくさんの方々に拍手をいただき、本当に心強く感じたのと感謝の気持ちでいっぱいになりました。そこまで後押しをいただいたので、昇格審査の結果まで報告しなくては・・・と思い、今日の記事を掲載することにしました。

 今日発表があり、昇格はなりませんでした。判定の対象期間の半分を休職していたのですから当然の結果です。これで上がったら、しっかり勤め上げている同僚たちに申し訳が立ちません。その中で人の思いやりを感じた出来事がふたつ。

 ひとつは辞令の出た朝礼のあと、部長が
「(仕事が)始まったばかりだけどコーヒー飲もうよ。」
と、休憩室に誘って下さいました。そのひとことでどんな話なのかは大方分かりますよね。
「せっかく論文をきっちり書いてくれたけど、評価点が足らなかった。今回は残念だけど・・・。」
朝礼の後、時間を置かずにフォローして下さったのがうれしく感じました。

 そしてもうひとつは、カミさんにメールで報告した時。返ってきたメッセージが、
「私、昇格してってお願いしたっけ? それより早く帰ってきておチビと遊んでくれた方がうれしいな。」
さらっと受け流してくれる気持ちがうれしかったです。

 自身の昇格について書くのは恐らく自分だけだろうと思いますが、仕事に対する姿勢もスタンスも変えるつもりはありません。マイペースでこなしていきます。
 そうそう、あの自信家の同僚ですが・・・昇格しました。ところが今回自分にはひとことも話しかけてきませんでした。自分の願いが叶って、もう視界の中にオヤヂの姿は消えていたのでしょうか? それとも何かのきっかけで前回の記事を読んだからでしょうか?
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。