またステキな出会いがありました

 先週の「Ricky de Night」は、久しぶりにゲストをお招きしての30分でした。東京で創作(ほのぼの)人形の講師をされている傍ら、ご自身の子育て奮闘記を出版された人形作家の阿部眞紀子さんです。阿部さんとの繋がりは、オヤヂの同僚(育児休暇中)の伯母様にあたり、同僚の長女を保育園に入れる際に相棒が相談に乗ったことから、静岡に来る時があったらぜひ会ってほしいと言われていました。

 実は最初に食事に誘っていただき、その際阿部さんの活動を詳しく聞かせていただいているうちに、ぜひ広く紹介したいという相棒のひとことで、3日後の番組への出演をお願いしました。本当は木曜日に東京へ戻ることになっていましたが、せっかくの機会なのでと快諾していただいた訳です。

 我々よりも少しお姉さんの阿部さんは、24年前に離婚されて女手ひとつで3人の息子さんを育て上げました。離婚そのものが白い目で見られた時代ゆえに様々なご苦労をされて、一時は死の淵まで足を踏み入れたこともあったそうですが、逆に息子さんたちに励まされながら創作人形の道を開拓して、現在では日本テレビ文化センター等数ヶ所に教室を持ち、個展を開いたり講演をされています。穏やかな表情と口調は息子さんたちの話になると一層柔和になり、長男・次男のお嫁さんとは常に適度な距離を保ち、ずっといい関係でいたいと仰っていたし、一番手のかかった三男はお菓子職人を目指して現在単身フランスで修行中ということで、今も気になっているんですと目を細めていらっしゃいました。

 人形についてお話を聞くと、「特に表情や洋服のデザイン、ジャンルに拘りは無く、手で触った時の感触を大切にしたいので、素材に一番気を遣っています。」と仰っていました。残念ながら実物を手にすることは出来ませんでしたが、個展などでは視覚障害の方にも感触を楽しんでもらおうと、自由に手に取れる人形も多数用意するのだそうです。写真では地元「寅さん」やチャップリンの人形が写っていましたが、まさに「ほのぼの人形」。

 前述の子育て奮闘記は「だれかに届け、ひとにぎりの想い」というエッセイにして出版されています。オヤヂも読ませていただきましたが、常に半歩引いて客観的に物事を見て冷静に判断されている姿勢に、家族への思いを読み取ることが出来ました(同じ客観的でも、辞任会見でブチ切れたどこぞの総理大臣とはえらい違い)。阿部さんのご好意で、この本を無料(定価1,400円)でプレゼントして下さるそうです。ご希望の方がいらっしゃいましたら、下記のオヤヂのアドレスまでご連絡下さい。もちろん秘密は厳守します。もっともっとお話をしていたくなる、そんな素敵な女性でした。

オヤヂのアドレス wbs21848@mail.wbs.ne.jp
0810281.jpg
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。