宿敵? 読書感想文

 長男が夏休みに入ると憂鬱な気分になるんですよ。なぜ親が長男の夏休みの課題で頭を抱えなくてはいけないのか・・・。実はまったく文章が書けないんです。特にこの読書感想文というやつは小学校の頃から大の苦手で、原稿用紙数枚書くのにいったい何日費やすんだと言いたくなるほど。書き上げては添削→書き直しの連続で、オヤヂにとって読書感想文は夏の宿敵になってしまっています。

 もちろん本人の読後感や考え方を尊重したいと思って控えめに添削している訳ですが、書いてあるのはあらすじばっかり。よくあるパターンとはいえ、同じ本をもう一度読んでいる感じで、言いたいことがまるで伝わってこないんです。決って最後の数行は、
「この主人公のように生きたいです。いい本なのでみなさんもぜひ読んで下さい。」
という、もっともらしいまとめ方で終了です。こんな文章じゃ誰もいい本だなんて思わないっつ~の。

 長男は読書がキライです。少年野球を始めてから読む時間がなくなって、それが当り前になってしまったようです。だから感想文を書く以前に国語の長文読解で的外れな解答を書いたり、感想文を書くための本を選ぶことが出来ません。本や新聞を読まなければ、なかなか伝わる文章って書けないでしょうね。
 そんなヤツですから、選んでくるのは決ってスポ根ものばっかり。野球をやっているから練習の厳しさが自分と被る部分があって書きやすいのかも。今年は「ウォーター・ボーイズ」。よりによって映画化やドラマ化されて、誰でも知っている作品を選んだので、どんな感想文を書くのか見ものでした(長男は内容を知らずに選択)。

 1回目、案の定あらすじのオンパレード。「潰れかけた高校の水泳部に、たったひとりだけの部員がいて・・・」ね、完璧でしょ? 5枚目の最後に「全員で頑張れば何でも出来ることが分かりました。僕も努力を惜しまないで頑張ります。みなさんも一度読んでみて下さい。」出たーーーーーーーっ! ホント、頭大丈夫かぁ? 当然のごとく書き直しです。ポイントをチェックせずにだらだら読んでいるから、核になる部分がどこにもない。そこを見つけることが出来れば、あらゆる方向へ自分の考えを展開出来るのに・・・。

 2回目、今度はそれを意識し過ぎてか、「努力」「頑張る」「一生懸命」をふんだんに散りばめた場所が5ヶ所も登場。確かにあらすじは減って、いくらかはポイントも見えてきたかなという感じはしましたが、逆にどういう場面に対してそういう気持ちが湧いてきたのかがまったく掴めず、精神論ばかりで目が点になってしまいました。今度ばかりは横に座らせてアドバイス。
「たくさん本がある中で、おまえがこれを選んだきっかけは? それを知りたいよな。それとダメチームがシンクロを成功させるために、毎日毎日きつい練習をポイントにしたのは分かるけど、バラバラだったチームが何をきっかけに変わっていったか、それを書くと読んでいる人は話の内容が見えてくると思うよ。あとさ、選手以外でもクセのある登場人物がいるだろ? 簡単に紹介しながらその連中が選手たちをどう盛り上げていったか、そこらに注意しておまえの感想を書くと、数分間の演技をするためにたくさんの人が関わっていることが分かるんじゃない? 書ければでいいけど。」
ほうほうみたいな感じで頷いていましたが、さあてどういうことになるでしょうか。ちなみに8日が提出日です。

 本や新聞を読まないと、読解力や書く技術が身につきません。そうなると数学や他の教科の試験などで、問題が理解出来なかったりうまく解答の説明が伝わらなかったりと、弊害が生じる場合もあるでしょうね(事実長男は数学の文章題が大の苦手)。
 でも、何より我々よりもずっと柔らかい頭のうちにたくさんの本に出会うことは、夢を持ったり色々なことを想像するための糧になると思うんですが・・・。

コメント

カプチーノ。 #-

あはは。 大奮闘の愛息子さんのご様子が、リアルに伝わってきますよ~笑
日記や作文、感想文 etc 
文字を並べていく宿題が苦手な男の子って、案外 多いのではないでしょうか?
ギターオヤヂさんが、文藻がおありでいらっしゃいますから
合格印を頂こう思えば、愛息子さん、相当 頑張らなくては! ですね (^ー^* ) フフ♪

因みに、我が家では アドバイスなしですね~笑
思うがまま、素直に 自由に ・・・ って感じです。
これがこれが、息子の文章って どうしちゃったの? って言いたい!
輪をかけたように、超ヘタッピーなんですよ (ケラケラ!笑)
でも、これも将来の楽しみかな、って♪ 至って のん気な母です(笑)

2008年08月05日(火) 22時48分 | URL | 編集

能天気 #-

読んだことはないのですが、あさのあつこさんのバッテリーは多分お勧めです。
内容は野球の話だし、自分にあてはめてじぶんならこう思うとかこうしたとか意味がわかる話が書けるのではないでしょうか?
自分の好きなことの話なら色々考えもでるかもしれません
名作だし読んで損はないとおもいます
うちも下の子はダラダラあらすじだけ、毎年親が根負けしてました。
添削できるレベルの文じゃなかったし

読書感想文コンクール入賞文とか読むと、よくこんな文が書けるなぁ・・・
感心というより、同い年でこれだけ差がでるとは・・・・と呆れてしまいます
がんばれ長男君!e-149

2008年08月05日(火) 23時10分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

こんばんは

あぁぁぁぁ‥
まるで小さい頃の私を見ているようです(T▽T)
私も何故か?感想文ではなく
あらすじを書いていました^^;
でも、キダーオヤヂさんのようにアドバイスしてくれる人はいなかったので
そのままで出していました^^;

今の夏休みは新学期に出すのではないのですね。
8日までなのですね。
長男君、頑張って(^-^*)/

2008年08月05日(火) 23時59分 | URL | 編集

副社長 #-

きゃはっ、あらすじ~(*^-^*)
はいっ、わたしもそのクチでした(^。^;)
ギターオヤヂさんのリードの仕方、すごいです。ご長男と一緒にうなづいてしまいます。
先生の赤ペンを思い出しましたo(^-^)o

2008年08月06日(水) 01時59分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

みなさんへ

おはようございます。
いつもいつもあたたかいコメントをありがとうございます。

なかなかみなさんのブログにコメント出来ずに申し訳ありません。にも関わらずすぐにこのようなコメントをいただいて・・・。本当にありがとうございます。
今夜帰宅後にお返事させていただきます。よろしくお願いします。

2008年08月06日(水) 06時06分 | URL | 編集

こーちゃん #-

僕も文章系はニガテでして、特に感想文なんてものは・・・
また長男が誰に似たのか同じように( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
やっぱり文字を読まないと駄目ですよね、
と自分に言い聞かせてます( ̄_ ̄ i)タラー

2008年08月06日(水) 16時34分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

カプチーノ。さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

長男は3回目を書いてきましたが・・・もうよしとしました。っていうか、2回目とほとんど変わっていなかったので、諦めたと言った方がいいかもしれません(笑)。体を動かしていた方が楽しいに決っていますが、もう少し活字に馴染んでくれればと思います。

カプチさんのお宅では放任ですか? 超ヘタッピーなんて仰ってますが、ある程度形が出来上がっているからじゃないですか? カプチさんの大きな心が自分にもほしいです。

2008年08月06日(水) 20時53分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

能天気さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

感想文を書くための本を選びに出掛けた時、桑田投手のことを書いた本があって、それを選ぶかと思いきや「ウォーター・ボーイズ」ですもん。厚さが3分の1でしたし、イラストが多く入っていたからとオヤヂは推測しています。とにかく安易なんですよ。
苦手なことはチョイチョイと済ませてしまう、あとはろくに読み返すこともしません。こういういい加減な取り組み方がねぇ・・・。

応援して下さってありがとうございます。しっかり長男には伝えましたので。

2008年08月06日(水) 20時59分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

あ、会長も苦手だったんですかぁ? ブログの詩を拝読すると、そんなこと微塵も感じませんよ。何をきっかけに変わられたのか教えて下さい!

キライなことに背中を向けて通り過ぎるのを待つという姿勢が、どうも気になるところです。それで通ってしまう年代だからかもしれませんね。
宿題は2回に分けて提出です。きっと休みの終わり頃に、やっつけ仕事みたいにやる生徒が多いからでしょう。学校もあの手この手です。

2008年08月06日(水) 21時13分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

実は自分も子供の頃は「あらすじ」専門でした(笑)。長男と同じレベルだったんでしょうね。でも、施設に入ったのがきっかけで本が好きになったんです。ギターに出会うまでは、まったく娯楽がありませんでしたから。何かのきっかけがあれば長男も・・・と思っています。

苦手なことから逃げたり適当に済ますことはしてほしくないです。

2008年08月06日(水) 22時25分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

こーちゃん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ナイスコメント!って感じです。あ、失礼しました(笑)。
こーちゃんの場合は、書くことよりも写真で伝えることが出来るじゃないですか。毎回気持ちにガツン!と響きますよ。伝える手段は文字だけじゃないとは分かっているんですが、勉強にしても仕事にしても、伝達の手段は文字がほとんどです。だから心配で・・・。
読むきっかけを探りながら、長い目で見ることにします。

2008年08月06日(水) 22時37分 | URL | 編集

空音 #bM4TJFTs

感想文大好き!

子どもの頃、感想文大好きで
友だちや先輩の分まで書いてました(汗)。
でも、その代わり?運動はぜんぜん・・・。
ボール投げたらキャッチャーに届かない、
バット振ったら自分に当たる。
ちなみに娘も同じです。

得意なことの方が、やっぱり好きですよね。
いいんじゃないですか、苦手なことはそこそこで。
好きなことを思い切りやれば。
すみません。たまに出てきて、すごく開き直りのコメントで(笑)。

“感想文のための読書”にならないことを祈ります。

2008年08月06日(水) 22時40分 | URL | 編集

momo2006 #-

あらすじが書ければたいしたもんですv-290
 
 それはとりあえず読み込んでいるということだからです。

 大切なことは本との出合いだと思います。
 感動することがなければ、書く事もないです。
 それで、うまく書けたら、逆にボクは変だと思う。

 「ウォーターボーイズ」だったら、ドラマや映画をもう一回見せてみては・・・

 比較が加わって、おもしろいかもしれませんよ。

 

2008年08月06日(水) 22時41分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

空音さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

空音さんは感想文が得意だったんですか? それはまたスゴイことですよ。しかも、他の人の感想文まで書いていたとは・・・。それはきっと才能です。ないものねだりや隣の芝生の色が気になったりするものですが、出来ないことが出来てしまう人を見ると、やっぱり羨ましく見えてしまいます。

>“感想文のための読書”にならないことを祈ります
仰るとおりです。でも、楽しんで読むことにほど遠い長男・・・どないしましょ。

2008年08月07日(木) 21時03分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

momo2006さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かにあらすじが書ければ読んでいることにはなるのでしょうけど、あくまでも感想文なのでオヤヂとしては頭を抱えてしまう訳です(笑)。感想文を書くための読書なのかもしれませんが、「ウォーター・ボーイズ」のビデオを観たいとかはひとことも言いません。書き上がったら、もう頭の中からは消えているんでしょう。この程度なんですよ、彼は。

2008年08月07日(木) 21時11分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

残暑お見舞い申し上げます。

 感想文、逆の立場で、いやですね。

 読む側として、感動が無い感想文が一番苦痛です。
 毎年、200作からの感想文を読みます。あらすじがほとんどのものも多く、しかもそのストーリーが間違っているものも結構あって、おいおい、ちゃんと読めよってつっこみながら読みます。
 自分の知らない話は、可能な限り調べたり読んだりします。

 自分が一番だめだしするのは、ラストの「みなさんも・・・」。誰に言ってんだよぉーと思いますし、それで完全に他人事になってしまう作品も多い。貴方の感想の総まとめの一言は何ってなりますね。
 戦争ものだと「早く平和な世の中になって欲しいです。」 誰が平和な世の中を作るの?って、他力本願の様がだめだめです。

 自分は、感想文のために本を読むのは賛成できませんが、本を読む機会が無い場合は、感想文を理由に本を読むことも機会としては良いことなのかもしれません。

 ちなみに、我が家は昨年まで工作系は旦那が、レポート系は自分が面白がって下請けのバイトとしてやっていました。
 池袋水族館レポートなんて、行ったことも無いのに見てきたようなうそを連ねて、その作業は面白かったです、夫が作ったパスタブリッジは校内で賞をもらったらしい。

 夏休みも宿題も大人のほうが楽しめるようです。
 

2008年08月08日(金) 06時45分 | URL | 編集

蜩 #-

図書館にも連日来ますよ~
「感想文の書き易い本はありませんか?」と。
課題図書は言うべきにあらず、学校がお勧め本のリストを出せばその本を根こそぎ借りて行く。あとの人の事考えてーよ!と言いたくなります。
自由研究の本もすぐ無くなります。
親が子どもに激入れてる姿はほほえましいどころか、浅ましく見えます。(^_^;)

以前、「感想文を書こう!」という講座の手伝いを頼まれて行った事があります。現役を引退された国語の先生が開かれている夏休み限定の講座です。(小学生対象)
そこで分かったのが、やはりあらすじを書く子が多い事。先生の注意をよく聴いて、他の子にもアドバイスしてるのですが…文章が書けない子が多すぎる!これは学年関係なしに多いです。
私がそうであったように、感想文というモノのに委縮してしまい、本来楽しんで読む本を嫌いなものにしてしまっているんでしょうね。

長男君も、その本を選んで読んでみて思った事を素直に言葉にすればいいんです。気に入ったとこをメモしたり付箋を貼ったりして最後にそれをまとめればいいんです。良い文章を書かないといけないとか、先生に叱られるとか、自分が思った事が変じゃないかとか考えずに、感じた事を素直に書く、これが大事だと思います。
本や新聞を読むのもいいですが、日記をつけるのもいいですよ。

娘も感想文が上手ではなかったですが、何冊か感動した本と出会ってからは良い文章書くようになりました。
魂が震えるほどの作品に出会えたら良いですね。
ちなみに娘のお気に入りは『夏の庭』と『西の魔女が死んだ』です。

偉そうな事長々と書いてしまってすみませんでした。m(__)m

2008年08月08日(金) 18時06分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

読書と言えばシチューパンさんですよね。ありがとうございます。
中学生ですからね、それなり(ヘタクソを割り引いています)に書いて欲しいと思いますが、「感動しました」って割には伝わってこないし、勧めている割には仰るように誰にだ?と言いたくなります。
宿題として読書を捉えるのはやはりさびしい。本を好きになるきっかけは
、自身で見つけた本に感動した時かなって思います。

普段から本とこどもたちに接しているシチューさんだから、本当にいろいろなパターンを生で見ているんでしょうね。ある意味羨ましい。
それにしても宿題の下請けとは・・・やるなぁ。

2008年08月09日(土) 07時46分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

蜩さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

蜩さんも図書館にお勤め、まさにライブでこどもたちの行動が見られるんですよね。楽しくコメント読ませていただきました。
推薦図書を根こそぎって、やっぱりいるんですね~。きっかけからして親子で迷走状態って感じでしょうか。

低学年だったらあらすじもありだと思うんですが、さすがに中学生となると「何を伝えたいのか」が見えてこないとさびしいですよ。文が書けないのはショックです。

きっかけを与えたり分かりやすく教えているつもりなんですが、やはり「感想文」という大きな壁が、読書の楽しさをスポイルしているような気がします。
>魂が震えるほどの作品に出会えたら良いですね。
はい、自分もそう思います。貴重なご意見、ありがとうございました。

2008年08月09日(土) 07時55分 | URL | 編集


トラックバック

私書箱

私書箱

2008年08月06日(水) 12時01分 | 私書箱

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。