5分間で何が出来るか

今年新採用予定の、保育士&栄養士さんたちの研修会に行ってきました。正確には、そこで講演をする講師やスタッフの保育士(ほとんどが園長)の方々と、今回研修生たちに与えられたテーマについて、お手伝いをする訳です。

実は、今回で参加は3度目になります。
バンドのメンバーである友達から
「ピアノが弾けないと、保育士になれないと思い込んでいる連中が大勢いるから、何とか出来ないものか」
という相談に、協力を申し出たことがその始まりです。
「ピアノが弾けなくても、幼児たちに音楽の楽しさを伝えられる」
「楽譜に頼りすぎちゃダメ」

というテーマで、我ら「FFR」がフォークソングをアレンジして、ミニコンサートを行いました。そして昨年夏には、中堅保育士を対象としたミニコンサートにも参加してきました。

今年のテーマは、
「5分間で何が出来るか」
です。80名を8班に分け、5分間という枠の中で全員が参加をして、最終日の午後に出し物を発表するというものです。とは言っても、今日初めて顔を合わせたばかりだし、この3日間はびっしりとスケジュールが組まれているので、打ち合わせや練習は、昼休みや夜の自由時間に行わなくてはなりません。若い人たちには、かなりハードルが高いテーマです。

「だったら主催者側でも同じことをやって、オヤヂたちの底力を見せてやるべ~」ということになり、自宅から40分ほどの箱根の中腹まで、打ち合わせに行ってきた次第です。
我々オヤヂ組は6名。練習時間がほとんど無いことから、全員が知っている曲で、ハモれる部分があって、ギターの他にも何か楽器が当てはめられること・・・ということで「夢の中へ」(井上陽水)に決定!明晩の練習までに、自分が6名分のスコアを作成することになりました。大変だぁ!
発表当日は、これに先立って我々や保育士バンドがそれぞれ2曲ずつ演奏することにもなっているので、って・・・練習はいつやるんだ?

色々な場所で演奏出来るのは、自分にとってもいい勉強になるし、たくさんの方たちと知り合うことも出来ます。いつものように
「手は抜かないけど、青筋も立てない」
スタイルで、23日の演奏に臨みます。

PS.
2月7日にNPOの誘いがあったという記事を書きましたが、本日「夢楽団」という名称にほぼ決まりました。さっそく3月10日、11日に行われる地元のイベントに参加することが決定しました。詳細は後日UPします。

コメント

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤヂさんへ
ここ数日、色々あったのですね。実は、私も先日、当て逃げされてました。相手方の塗料もついていましたが、この駐車場でやられた!って証拠がないので、警察には届けませんでした。でも、犯人はだいたいわかってますが、飲食店(行きつけなので)のお店の人にも迷惑がかかるので、黙っておこうと、思いました。きっと、罰が当たるでしょう。それでいいやと。マナーの悪い人は多すぎます。多分、昔は注意する人がいたのですが、今は逆恨みされるので言えませんよねー。たまに我慢が出来ず、言いますが、家族からは危ないから言わないでくれといわれます。3つ子の魂100まで、と言いますが、是非、保育士のみなさんにはがんばってほしいです。

2007年02月22日(木) 10時16分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

応援しております♪♪

二度目のこんにちは♪
先ほどコメントさせてもらった「愛車が…」のコメントを送りましてこちらのコメントに書き込みをさせて頂こうと思いましたら、はらぐろさんのコメントがありましたので読ませて頂きました。はらぐろさんがおっしゃるように私もきっと人に迷惑を掛けても謝れない人には罰が当たると思っています。それか…傷をつけたまま逃げた人は、申し訳ないことをしたと、いつまでも自分の良心との葛藤と闘わなければいけないと思います。「隠す」ことって…あとあとに響いてくると思いますから…。

また、私は保育士さんになられる方にかつてはピアノを教えていました。(ピアノ講師&音楽の教師をしていましたので;恥)
その生徒たちも楽譜通りに弾けないとよく嘆いていましたが、学校のカリキュラムでしたので「バイエル」とかを弾けるように指導してきたのですが…今、考えてみるとそれは幼児相手の実践に役に立っていたのか??疑問に感じてきています。本人が「音楽」を楽しんでいないと子供たちを音楽で楽しませてあげられないですものね。
ピアノが弾けなくっても、楽譜に頼らなくても…音楽を楽しめる方法は私もあると思いますので、ギターオヤヂさんたちの活動を通じて少しでもみなさまに自信をつけて欲しいと思っています。楽譜通りに演奏しなくてもコードを覚えればだいたいの曲の伴奏はできますし、歌や他の楽器でも音楽は成り立っていますものね!!

これからも遠くからではありますし、何も出来ない私ですが…ギターオヤヂさんたちの活動を応援させて頂いていかせてもらいますので…頑張られて下さいね♪♪(何か、音楽の専門的なことでも役に立てれば…と思っていますが…私に出来る事はありますかねぇ~汗)
これからもギターオヤヂさんたちの活動の話を聞かせて頂くのを楽しみにしています♪♪

2007年02月22日(木) 11時21分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

当て逃げされたんですか? お気の毒です。塗料が付着しているくらいだから、相手方にもぶつかった衝撃はあったはず。本当に心無い人が多い!!そういう人たちに、逃げ得は有り得ません。はらぐろさんの仰るように、いつか天罰が下ります。自分もそう思ってますよ。

悪いことを悪いと指摘出来る人がいません。もちろん、面と向かって言うのは勇気が必要です。でも、誰かが言わないといつまでも嫌な思いをしなくてはなりません。自分も以前は見て見ぬフリをしていましたが、子供と買い物に出掛けた時、駐車場が混んでいて、離れた場所にクルマを停めて歩いていました。その時健常者が身障者用のスペースに駐車して店内へ向かおうとしていたんです。すると子供がその中年の女性に駆け寄って
「お父さんのような人に、停めさせて下さい」
と、何のためらいもなく声を掛けました。自分の存在に気付いたその女性は
「あら、ごめんなさいね」
と、すぐにクルマを移動しました。その時思いました。子供に出来ることが、なぜ自分に出来ないのか。情けなかったです、ホントに。その日を境に目に余るマナー違反には、「穏やか」に声を掛けるようになりました。ムッとする人もいれば、わかってくれる人もいます。身障者だから言える部分もありますが・・・。

2007年02月22日(木) 17時34分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

音楽の先生をされていたんですか。これは、あまりヘタなことを書けませんね(笑)。
音楽も教科のひとつですが、保育士を目指そうと決めてから勉強する音楽は、テクニックを磨くよりも、まず歌や楽器を演奏する楽しさを、保育士自身が感じ取ることが大切だと思います。やはりピアノを弾くことが苦痛と感じれば、子供たちにもそれが伝わってしまうかもしれません。「保育士にはなりたいけど、ピアノはイヤ」という意見があり、我々が何とか出来ないものかと、当時しゃしゃり出た訳です。
今回は、初対面同士が5分間で何を発表出来るのか、という課題を友達が与えました。今時の若者ばかりですので、どんなものを披露するか、今から楽しみです。もちろん、オヤヂたちも頑張ります(実はこれからまた箱根へ登ります)

紅緒さん、厚かましいお願いですが、これに限らずライブ等のイベントがある時は、ぜひ知恵を貸して下さい。フォークがメーンと言えど、古い曲ばかり歌っている訳にもいきません。選曲や、もしかしたらアレンジ等で相談させていただけるとうれしいです。やっぱり、音符をしっかり理解出来る方には適いませんから。堅苦しくなく、思いつきや自由な発想でOKです!よろしくお願いします。

2007年02月22日(木) 17時59分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

宜しくお願い致します!!

こんにちは♪
>厚かましいお願いですが…~
とギターオヤヂさんのお言葉がありますが、こちらこそ教師をやってたのは結婚する前後ですので(子供を産んでからは細々とピアノ講師をしていますので)力不足だと思いますので…お恥ずかしい限りです。
ギターオヤヂさんの「Index」にもお邪魔させて頂いたところ、私よりも2歳上の方でしたので…私も「今風」の歌については選曲といっても知ってる曲は変わらないと思いますので、子供が成人しているのでそちらから情報を集めたりしてしか協力はできませんが、それでよろしかったらどうぞ、私に出来る範囲でお手伝いをさせて頂きたいと考えておりますので…こちらこそ宜しくお願い致します!!
何か私に出来そうなことなどがありましたらヤフーメールアドレスを「Mail」のところに書いてありますので、どうぞそちらに連絡をされて下さいね♪

保育士さんが「ピアノはイヤ」と言われるのは…こちら側の教え方にも問題があると保育士さんにピアノを教えている時に感じていました。
きちんと楽譜通りに弾くことは…そちらにばっかり弾いてる側が気になってしまうので、私は「コード」を教えてあげれば簡単に伴奏も弾けるしいろんな曲も弾けるので楽しいのになぁ~と思っていました。
コードさえ覚えれば移調も簡単にできますし、左手だけでも伴奏ができますものね!
童謡にしてもフォークソングにしても歌謡曲にしても楽譜で見ると本当に難しくなっていますものね。
子供はきちんとした伴奏よりも、一緒に楽しく歌ったり、演奏する方が音楽を楽しめると思います。
ピアノもやり方次第では簡単ですし、他の楽器でも子供たちと音楽を楽しめるということを保育士さんたちには熟知して頂いて、どんどん音楽を楽しんでいってもらえたら嬉しいなぁ!と考えています。

書いてて…何が言いたいのか?…うまく言葉に表せない自分がもどかしいです(涙)つくづく自分の文章能力のなさに情けなくなります(滝汗)

2007年02月23日(金) 12時10分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

同じ世代だと知って、何か安心したりしました(笑)。
でも、お子さんは成人されてるんですね。相棒のリッキーも、子供は二人とも大学生なので驚くことは無いんですが。

音楽とひとことで言っても、プロとアマでは少しだけ考え方が違うと思うんです。たとえばライブひとつ取り上げると、自分は感覚的に「歌いたいから」「好きな曲だから」という理由で曲を選択し、客席と同じ目線で演奏をして、自分たちも楽しんでしまおうと目論見ます。
プロ(この場合は興行的な部分を省きます)は、そのライブのコンセプトを決めてから、自身の音楽に対する姿勢や思想を加えながら、壮大な薀蓄を語っていきます。
我々「FFR」の中に、音楽教室を主宰し、地域の学校や音楽団体に対して演奏や合唱の指導を行っているメンバーがいます。選曲の際に持論を展開し、時には詞の一行についても、感情を込めんばかりの歌い方の注文が降りかかる時もあります。「そこまでこだわらなくてもいいんじゃない?」と、思わず言ってしまうこともあります。そのあたりが、プロというか芸術家的な物の見方かなぁと。
でも、活動を続けていられるのは、①フォークソングが大好き ②収益を目的としていない ③個人の活動を尊重している からです。ユニットが同じ方向を見ていれば、プロとアマが混在しても活動はスムーズに行えると思います。ただ、出演料を取って「プロ」として活動している中にアマチュア(本業が他にある)がいると、個人の活動は制約を受けるでしょうし、ユニット名も簡単には名乗れない。恐らくライブを楽しんでやれないのではと、想像してしまう訳です。

目的や姿勢次第で、同じ音楽でもたくさんの楽しみ方、学び方、学ばせ方が出てくると思います。紅緒さんが仰っていた「子供はきちんとした伴奏よりも、一緒に楽しく歌ったり、演奏する方が音楽を楽しめる」、こんな考え方を持ったピアノの先生がもっとたくさんいたら、新人保育士たちの間でも、もっと笑顔が増えるんじゃないのかなと感じました。まとまりがなくてごめんなさい。

2007年02月23日(金) 22時35分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 好きなことで意欲的に活動できるのは素敵ですね。

 よく職場でも合唱の機会があります。トップにはなれないのですが、2位になることが多い。これは技術的な指導をしなくなってからの傾向です。もちろん歌うための基礎の技術はおさえますが、「歌え!」と声を出すのをやめて、「いいよ、歌いたい人が楽しそうに歌っていれば、歌いたくなるはずだから、まずは楽しく歌おう。」と言って実践すると、あら不思議、10日後にはみんなが歌っています。歌が嫌いと言う人も、下を向いて口をもごもご動かしている。練習になかなか参加できない人がたまにきて歌詞を覚えていると思わずみんなが拍手する、そんな風にやっていると、みんな歌が好きになってきます。音楽って、あふれ出るものですよね。プロでないってことはありがたいことです。プロでないから心のままに、嬉しさを悲しさを歌うことができる。

 やりましたよ、昔。はじめてあったチームで、時間もないままに、チームワークを見せる何かを5分間のものにして発表。大変でした。寝る間も惜しんで考え練習した記憶があります。保育士さん達の健闘を期待します。

 楽しんで頑張ってくださいね。

2007年02月24日(土) 07時58分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

<音楽って、あふれ出るものですよね。プロでないってことはありがたいことです。

昨日紅緒さんに長々とした返事を書きましたが、このひとことで十分じゃんて思っちゃいました。文章力のなさが恥ずかしい・・・。
言葉は適切ではないかもしれませんが、「好き勝手に歌える」がアマチュアの特権です。基本的なルールさえ認識してもらえば、あとはみんなで盛り上げる。どうせなら楽しく歌った方がいい。本来歌は楽しいものだから。ネ!

2007年02月24日(土) 20時09分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。