「Ricky de Night」 ~オヤヂの目~から

暑中お見舞い申し上げます。

 連日猛暑日が続いていますが、みなさんお変わりありませんか? オヤヂは忙しさに感けて、すっかり更新が滞り気味になってしまっています。平日に更新される方ってスゴイ!! 尊敬してしまいます。夏休みが始まる8月9日までドタバタが続きます。

 昨晩は月に一度のラジオ出演でした。コラムとしてご紹介している「オヤヂの目」、今回は旅についてのお話をご紹介しましたので、その原稿をUPしたいと思います。

 長かった梅雨が明けて、ふと旅に出たいと思ったことはありませんか? 学生さんにとっては長い長い夏休みの始まり、お勤めの方もお盆を控えてお休みに入る方も多くいらっしゃるでしょう。日常生活を離れ、まるで知らない土地で数日を過ごすひとときは、何ものにも代え難い至福の時です。計画を立てチケットや宿の手配をし出発当日を迎える訳ですが、実は「どこかへ出掛けよう!」こう決めた瞬間から、すでに旅は始まっているんです。

 旅の形は十人十色、古くは松尾芭蕉も「奥の細道」で俳句を認めながら東北地方を旅しましたが、何かしら目的を持って名物料理に舌鼓を打ったり古い町並みを散策したり、或いはリッキーのご両親のようにお遍路さんとして札所巡りをする方もいらっしゃいます。僕の場合は目的地を決めずに出発し、ひたすら列車に揺られる旅が大好きです。若い頃は普通列車を何本も乗り継いで、限られた時間でどこまで行けるのか、時刻表を捲りながら駅の待合室で一夜を明かし、朝になったらその日の行き先を決める・・・こんな行き当たりばったりの旅を何年も続けていました。

 ある時購読していた鉄道雑誌に、国鉄の路線図を描いた白地図が付録として折り込まれていました。面白半分にこれまで乗車した路線を塗りつぶしてみると、すでにほぼ半分の路線を乗り終えていたことが判明。それだったらということで20歳の時に一大決心をし、無謀とも思えた全線走破の旅を始めました。列車に揺られる楽しみに新たな目的が加わり、費用を安価に抑えるために効率の良い計画を立てることが必要になりました。おかげで新品の時刻表がわずか一週間で使い物にならなくなるほどで、出掛ける月などは同じものを3回買い直したこともありました。

 基本的に旅のスタイルはこれまでと同じ。当時は多くの長距離普通列車が運行されていたおかげで、計画を立てるのにもそれほど苦労はせず、夜行列車に乗れば寝ているうちに距離も稼げるし、翌日も朝からフルに使えるという利点がありました。特に上野駅から青森駅へ向かう夜行の急行「津軽」と「八甲田」は、青函連絡船に乗り換えて北海道へ渡る旅人も多く、様々な訛りが車内を飛び交っていたのが懐かしく思えます。相席となった何人かの旅人に列車に乗った理由を尋ねると、就職して初めて故郷へ帰る人や、親戚に不幸があって駆けつける人、カニの買い付けに行く人と様々。中には普通列車の最終に乗り遅れたサラリーマンも多く見かけました。まさに列車の中は人生の縮図そのもの・・・そう思える古き良き時代のひとコマでした。
大学を卒業し就職してからは、お金が少し自由に遣えるようになった反面、旅に出掛けられる時間は激減。おまけに残っている路線が地方に分散してしまっていたために、目的の路線に乗るために何百キロも移動しなくてはならなくなりました。鉄道以外の交通機関は使わないと決めていたので、分かっていたこととは言えこの時ばかりは時間がもったいないと感じたものでした。

 そして思い立ってから7年後の1984年、北海道宗谷本線の名寄~稚内間183.2kmを走破し、最果ての駅で僕の目的は完結しました。北海道へは何度も訪れていましたが、生まれ故郷に敬意を表したかったのと、日本最北端の駅で旅を終えるというのが自分の拘りでした。総延長2万4百km、トータルでは10年以上の歳月を費やした国鉄線全線走破を、人気のまばらな駅構内でひとり缶ビールで祝いました。やり遂げたことに不思議と特別な感情は湧いて来ませんでしたが、3年後の民営化、現在のJRへの転換が決まった際に、乗っておいてよかったと身に沁みてそう感じました。

 旅は日常を忘れさせてくれます。例えば上野駅を出発して同じ方向に走る2本の列車、その距離はわずか3mほどですが、寝台特急「北斗星」と山手線ではお互いの乗客が覗き込む車内の風景は、まるで別世界の出来事のように映るはずです。

 旅に出ることが贅沢と思われた時代、何時間かかっても目的地に向かうのが楽しかった時代。一転時間をお金で買うような現代の旅も、手段や方法の違いこそあれ同じ旅に変わりはありません。この夏お出掛けになる予定のある方は、時間を有効に使ってぜひ自分なりの旅を見つけたり楽しんだりして欲しいなと思います。もちろん旅先でのマナーを守ることは、くれぐれもお忘れなく・・・。
 

 本番中にもご紹介しましたが、あるリスナーの方からレギュラーに戻って下さいというおハガキをいただきました。うれしかったです。自分の番組ではないので、相棒と局にお任せということで・・・。

コメント

こーちゃん #-

旅は思い立った瞬間から・・・(゜ー゜)(。_。)ウンウン
そうですね、計画を立てている時も楽しいですよね~、
実際に旅してる時よりも楽しい時も(;^_^A アセアセ・・・

ひとり旅、憧れます。
高校の頃に自転車で日本一周を本気で計画してたんですが、
いろんな障害があって実行できませんでした。
でもいつか実現したいとは思ってますが、老後でしょうね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

2008年07月26日(土) 08時34分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 自分の旅も、思い立ったときからですが、妄想的にタイムスリップの旅も多くて・・・・。

 自分はその土地の生活に触れることが、拘りでした。
 土産物屋のおばチャンではなく、八百屋の、小さなスーパーのおばちゃんと会話する。その土地の名産とかでなくとも、当たり前にあって自分に初めての物に触れる。そんなことが喜びでした。

 一人旅、行ってないなぁ。

 うーーーん、長野から新潟抜けて日本海側北上とか行きたいよぉ。
 えっ? 日本酒のうまいところじゃないかって?
 たまたまだよぉん。 でも温泉はいって土地の物食べて、おいしいお酒を少しだけ飲んで、地元の人と思いっきり笑いあえたら、素敵なんだけどなぁ。

 いきたぁぁぁぁい!!!

 旅心がついちゃいました。

2008年07月27日(日) 06時21分 | URL | 編集

ピンピンシニア #-

暑い日が続いていますね。

列車の旅、これは憧れです。
ガタコンガタコンとレールの継ぎ目の音を聞きながら車窓を流れる風景を見る旅。
青春18キップというのは大人でも使えることを知りました。
時刻表を片手にローカル線に乗り込みたいものです。

2008年07月27日(日) 09時25分 | URL | 編集

カプチーノ。 #-

ギターオヤヂさん、暑中お見舞い申し上げます。

ギターオヤヂさんの 素敵な旅の思い出♪
頭に思い浮かべながら、拝読させていただきました。
自由気ままな旅を好む私には、もってこいっ! って感じのルートです(笑)
事実、学生のとき、気ままなサイコロ転がしの旅を 友人としたことがあります。
 (今思えば "時間がある" って サイコーの宝 ☆ ですね)
無名ながら、見知らぬ地での発見!
現地ならではの、美味しいお料理。
人情の温かさに触れる機会もありましたし。
ハプニングは尽きぬ旅でしたが
ひと回り、大きく成長したような気がします (実に大袈裟です!笑)
2週間、どこをどう旅しているのやら ・・・ という親の心配をよそに
エンジョイしまくっていた私 ・・・
思えば、両親の寛大な器に感謝せざるえませんね。

2008年07月27日(日) 11時05分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

こーちゃん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

机上の旅も楽しいものです。これに乗ったらこれに連絡・・・なんてブツブツ言いながら楽しんでました。それが実際に出掛けるための計画ならば、もう時間の経つのも忘れるほどです。

自転車で日本一周ですか! そう思うだけでも素晴らしいことだと思います。とにかく頼れるのは自分の足だけですからね。老後にぜひトライしてほしいなぁ。思い出と一緒に、写真集が出来上がるんでしょうね。

2008年07月27日(日) 19時50分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>八百屋の、小さなスーパーのおばちゃんと会話する
分かるなぁ。知らない土地で知らない人との会話は、自分も土地の人間になったような気持ちになります。「○○へ行きんさったか? 行ってきんさい、ええとこやぞ」こんなこと言われたら、涙が出そうになっちゃいます(笑)。

長野で温泉に浸かって、米どころで美味い日本酒飲んで、輪島の朝市でおばちゃんたちと話をしながら美味い魚を手に入れる・・・。2泊3日の旅の出来上がりですね。オヤヂも行きたくなっちゃいました。

2008年07月27日(日) 19時59分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ピンピンシニアさんもよくお出掛けになるので、自分の気持ちが分かっていただけたようでうれしいです。あのつなぎ目の音は、どうしてあんなに風情があるんでしょう。夜行に乗っていると、一段と物悲しくなってきます。生様を飲みながら車窓を流れる風景を眺める・・・ピンピンシニアさんなら似合いそうです。

「青春18きっぷ」は、自分もずいぶんお世話になりました。改札を通る時は、ちょっとばかり恥ずかしく下を向きながらでしたが・・・。

2008年07月27日(日) 20時06分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

カプチーノ。さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

読んで下さってうれしいです。「自由気ままにサイコロの旅」ですか? 女性にしては珍しいと思いますが、それは楽しすぎます! 時刻表1冊で行き先を決めていた自分も、まったく同じなんでしょうね。仰るとおり「時間は宝」でした。

知らない土地で人情に触れるというのはうれしいものです。情報ひとつもらえるだけでも、一段とその土地が好きになってしまいます。女性のカプチさん、ご両親には本当に感謝感謝ですね。

そうそう、この夏は朝霧高原にいらっしゃらないんですか?

2008年07月27日(日) 20時18分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。