こんな曲を聴いています

 先日は長い記事なのに、コメントを寄せていただいてありがとうございました。同じ気持ちの方がいて下さったことが、とてもうれしく思いました。今回は、今好んで聴いている曲やアーティストについて書いてみようと思います。

 女性ボーカリストが好きです。様々な状況や環境の中で音楽を聴く機会はありますが、耳に入ってくる心地良さは何と言っても女性ボーカル。拘りはいろいろあります。

①ライブに強い人、或いは向いている人
②自身で作詞や作曲を手掛けている人
③地声とファルセット(裏声)との切替が自然な人


今まで聴いてきたアーティストたちは、このようなタイプが多いような気がします。

 ①は自分自身が人前で歌わせていただいているからこそ、その難しさは身に沁みて分かります。今でこそイヤホンからメトロノームが刻むリズムを聴いたり、モニターの性能が上がって歌いやすくなってはきているとは言え、武道館やアリーナ級の広さでは相当な音感やリズム感がなければ厳しいはず。そんな条件の中で完璧なライブをこなせるとすれば、それはどんな状況下でも100%以上の実力を発揮出来ているからでしょう。テレビやCDは言葉は悪いですが、どんな誤魔化しも可能。ライブだからこそ安心して聴いていられる、そんなアーティストが好きです。

 ②は自身が作品を直接手掛けることで、より精度の高いレベルにまでそれを引き上げられるからです。CDを買う時に、自分はHPやライナーノーツを必ずチェックします。詞と曲のどちらでもいい、何かしら作品に関わることで自身のイメージを、アレンジャーやレコーディングスタッフと同じ目線で作っていくことが出来ます。

 15年ほど前だったか、大学時代にライブハウスで知り合った友達がレコーディングエンジニアになっていて、ある女性ボーカリストのレコーディングを見学する機会を与えてくれました。彼女は一線で活躍するシンガーソングライターで、それだけでも口から心臓が飛び出そうなほど緊張しましたが、打ち合わせからレコーディングまでの過程で、何度もアレンジャーとバトルに近いやりとりの連続。呼吸するのも躊躇うほどの金縛り状態で、遠くからそれを凝視するしかありませんでした。
 音符1個にまで拘る徹底振り(当たり前か)で、その部分を修正するとなるほど雰囲気が一変するじゃないですか。レコーディングに移るとオケは既に録音済みでしたが、1ヶ所だけベースの刻み方に納得がいかず、後日その部分だけ録り直しということになりました。6時間ほどいましたが、トイレに行ったかどうかも憶えていないほどの緊張感を味わいました。
 終了後食事に誘っていただいて8人ほどで出掛けました。もうワイワイガヤガヤと、ライブやテレビでの裏話が飛び出して抱腹絶倒、自分にも気を遣って下さったりさっきまでのピリピリムードは何だったの?って感じ。この切替が「いい作品作り」のプロセスであり、プロの仕事なんだと痛感しました。もちろん彼女は、今でもライブ中心にエネルギッシュに歌い続けています。

 ③は歌の上手さに繋がるのかもしれませんが、持って生まれた天性の部分も多分にあるでしょう。曲の終わりに多い、弱々しいファルセットでのハミングなんてやられた日には、オヤヂ鳥肌状態で・・・。地声からその領域に移る際も、流れの中で自然に入っていけるアーティストはたまりません(笑)。

 大好きな音楽を聴く時に前回も書きましたが、聴いていて疲れるのは基本的に×です。その人の個性なのではっきりと好き嫌いは言えませんが、歌い方にクセのあるアーティストは苦手です。どんなに作品が良くても・・・。
 こんなことを踏まえて、現在好んで聴いている女性ボーカリストが2人います。1人目はLyricoさん。2002年に発売された「Voices of Grace」の中に収録されている「キセキノハナ」、運転中FMから流れてきた時に、その足でCDを買いに行ってしまったほど。それ以来すっかりハマってしまいました。線が細くパワーで押していくタイプではありませんが、音域が桁外れに広く抜群の歌唱力は一度聴いたら忘れることは出来ないでしょう。スローバラードでのファルセットも秀逸です。8割ほどの曲を自身で作っているので、しっかりとしたカラーを存分にアピール出来ていると思います。

 そしてもう1人は、飛ぶ鳥を落とす勢いの絢香さん。今さらオヤヂが薀蓄をたれる必要はないでしょう。弱冠21歳の女性があれほどの歌唱力と表現力を持ち、いったいどこまで成長するんだろうと怖い気もするほどの天才ボーカリストだと思います。デビュー曲の「I believe」で「これ、誰?」状態になり、ご存知「三日月」の完成度の高さに腰を抜かし、6月に出たセカンドアルバム「Sing to the Sky」を聴いてその進化にまた驚き・・・。ビートの利いた曲からバラードまで歌いこなしてしまうあたりは、十分に世界進出も可能だろうと思ってしまうほどです。現在何とかギターで弾き語りが出来ないものかと、「三日月」とセカンドアルバムに収録されている「Jewely day」のコードを起こしていますが、半端じゃなく難しくてクリア出来る日はいつのことやらって状況です。

 「理屈抜きにいいものはいい」、よく聞くフレーズです。でも何故?と聞けば「こうだから」とはっきり理由を答える人も多いはず。ハマるきっかけは自分の気持ちに響いたからで、もっと知りたいためにそのアーティストに対していくつかの拘りを持つことも、自分の中では大切かなと思っています。

 2回にわたって読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

副社長 #RbGeqkE.

キセキノハナ
ネットで今無料視聴しました*^^*

透明感があって…パンチのある声ですね*^^*

2008年07月20日(日) 00時35分 | URL | 編集

カプチーノ。 #-

ギターオヤヂさん、子供たち 夏休みに入りましたね~♪
楽しい夏休みを送って欲しいですね!
直前の一週間、子供たちのこと、地区のこと(役員をしておりますので)
そして、お仕事のこと、もぉー なんざんしょー !! ってな 忙しさでした。

前回、今回、拝読させていただきました。
↓ 懐かしい顔ぶれスターたち ☆ 笑
とても仲が良かった友人が、ギターオヤヂさんの好みと同じご様子(笑)
聴いてましたよ~ ナンなら、歌いましょうか? バンバンに歌えます(爆)
今思えば、心に残る名曲ばかり♪
曲に限らず、昔のTVマンガも 心に残るものが多かったように思います。
 (日本昔話、ハイジ、三千里 etc 違った意味で心に残る、ベム・ベラ・ベロの妖怪人間!笑)

女性ボーカリスト。 
ジャズや ボッサを聴いている私は、女性ならではの ボッサの歌声。
耳にストレートに入ってくる、この心地良さに惹かれます。
絢香さん。 この方の歌唱力は 優れものですよね。
音域と声量だけでなく、パンチ! があります。
それがですね~ ・・・ 来月、同期会がありまして
必ず一曲持ち歌披露♪ という過酷な条件付き(?笑)
「三日月」  頑張って、車の中で歌っておりますよ~ (* ̄m ̄)ノ彡 プッ.
カラオケに行く時間も予算もなく、ひたすら 車の中で ~♪笑

ギターオヤヂさんのように、専門的なことは分からない私が
長々とコメントして スミマセン。

2008年07月20日(日) 07時48分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

長文を読んで下さって、ありがとうございます。
「キセキノハナ」、聴いて下さったんですね! うれしいです。メッセージ性の強い歌なので、パンチがあるように聴こえてきますよね。もしレンタルショップに行かれる機会があったら、CDを借りてみて下さい。曲それぞれに彼女の歌声の変化に驚かされます。

副社長さんの超大作、毎回楽しく読ませていただいてますよ~。どうしたらあんなにやさしい文章が書けるんでしょうか?

2008年07月20日(日) 08時40分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

カプチーノ。さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

長文を読んで下さって、ありがとうございます。 うちはこどもたちに加えて、カミさんも夏休みです。高校の学食ですから当り前と言えば当り前。オヤヂの夏休みは来月9日から。この3連休だって明日は通常出勤です。

バンバン歌っちゃって下さい(笑)。歌はいいですよね。多感な時期に聴いた音楽は、不思議としっかりした形で残っているものです。きっとカプチさんもお友達も、そういう曲がたくさんあるのでしょう。アニメの主題歌やエンディングソングも、メロディーが流れてくれば自然に歌詞が口から出てきますよね。ベム、ベラ、ベロとは懐かしい。「人間になりたい」ってフレーズが有名です。

専門的なことなんて、自分もからっきしですよ。自分の勝手な拘りでもって書いているだけなんです。「三日月」を歌われるんですか? それはスゴイ!! 難しい曲だということは分かっているつもりなので、挑戦されるだけでも拍手です。上手く歌おうとするより、「自分はこの曲が好きなんだ」という気持ちが聴いている方々に伝われば、それで十分だと思います。カプチさんの「三日月」、聴いてみたいなぁ。出来ればオヤヂが横でギターなんぞ・・・バシッ!(痛)。

2008年07月20日(日) 08時53分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

こんばんは

ライブは誤魔化せないですよね。
以前、友達に誘われて「杉山清貴さん」のライブに行った時
あまりの歌の上手さに鳥肌が立ってしまいました。
「徳永英明さん」も、とても上手くて泣いてしまったほどでした^^

「綾香さん」の歌は本当に素敵ですよね。
何度も慰められました。
初めて「三日月」を聞いた時は
その場でポロポロと泣いてしまったほどでした^^;

2008年07月22日(火) 23時55分 | URL | 編集

frusic #qqvQ5iVU

歌を上手く歌える人
心に響く歌声の人
本当に憧れます。

歌で表現できる人であれば
人生変わっていただろうなぁって
思います。
それほど、歌は響きますね。

2008年07月23日(水) 21時34分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。お返事が遅くなって申し訳ありません。

アーティストとしては完璧なものを制作したいがために、CDなどではこれでもかと言わんばかりに、あらゆる手法が取り入れられています。しかもデジタルだから、何でも出来てしまう訳です。

さてライブとなった時に、プレイヤーは一流どころを使ってもCDのイメージが強く印象にあるために、歌を聴いて???と思う時があります。ライブでさらなる迫力を感じるアーティストこそ、本物中の本物という気がします。

歌で人を感動させられる、本当に素晴らしいことだと思います。

2008年07月26日(土) 07時09分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

frusicさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。お返事が遅くなって申し訳ありません。

以前にも書かせてもらいましたが、歌は必要不可欠なものだと思っています。これだけ様々なジャンルの音楽が巷に溢れている中で、自分に合ったものを見つける或いは出会うというのは、宝くじが当たることに相当するのかもしれません。
作風が変われば離れてしまうこともあるかもしれませんが、また出会ったアーティストによって新たな感動を味わえる可能性もあります。frusicさんは農業によって様々な感動を与えて下さっていると思います。音楽にしても農業にしても、前向きなことそして信念を持つことなんでしょうね。

2008年07月26日(土) 07時18分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。