歌付き教育講演会 in 四日市

NPO法人「体験ひろば☆こどもスペース四日市」のお招きで、三重県四日市へ行ってきました。今回はいつもの講演会と少し形式が異なり、前日にスタッフや会員の方々を相手に、1時間のミニライブをやらせていただき、翌日相棒による90分の講演会という2本立てのイベントになりました。

2月2日にJR掛川駅で待ち合わせをし、東名~伊勢湾岸道を西進。この伊勢湾岸道が思いも寄らぬ絶景を提供してくれて、伊勢湾の1番南側を貫いているので、暫くの間工場地帯の夜景を高架橋の上から眺めることが出来ました。停車出来ないのが残念!

でも、やはり四日市は遠かった。午後7時半ごろ「体験ひろば☆こどもスペース四日市」の拠点、ログハウス風の事務所に到着しました。この日はカレーや手作りのスイーツが用意されていて、何となくディナーショーの雰囲気。30名ほどの方々に迎えられて、挨拶もほどほどにすぐにライブを始めることになりました。年齢層は我々と同じか若い方がほとんどで、1曲歌うごとに
「懐かしい~」とか「レコードのまんまやわ~」とか、地鳴りのような歓声が上がることもあって、だんだん我々もヒートアップ。このログハウスというのはギターとの相性がとても良くて、今回音響機器を使用しなかったのにバツグンの響きで、本来の音をしっかりと演出してくれました。

0802021.jpg

予定は10曲でしたが、みなさんとの会話が楽しくて終わったのは9時過ぎ。結局講演と同じ90分間歌わせていただきました。終了後ようやくカレーでの夕食となりました。これがまたスペシャルというだけあって絶品! ポーク&ビーフに何種類ものスパイスを併せているとかで、コクがあっていくらでも食べられてしまう感覚。もちろんおかわりしました。かなりお腹が膨れたのに、今度はスイーツが登場。代表の上田さんという方が作られたそうで、こちらもお店で出せそうなプチケーキ4種類がキレイでした。結局2ついただいて後はお持ち帰り。

すでにこの時点で霰が降り始めていて、もしかしたら雪になるかもしれないとのこと。翌朝は雨だったものの車の屋根には雪が積もっていました。ニュースで東京は大雪の予報。オヤヂ二人は背中を丸めながら会場の「四日市市楠ふれあいセンター」へ。完成したばかりの複合施設で、多目的ホールから子供の遊戯スペース、さらに大型入浴施設まで完備されています。

開演は午前10時、雨天にもかかわらず50名を超すお父さんやお母さんが足を運んで下さいました。今回のテーマです。

「子育て」は面白くて楽しい! でもちょっくらたいへんかも…
~ New Zealandにおける「学び合う・育ち合う・支え合う」子育て相互支援の研究から ~

久保田 力 (浜松大学 こども健康学科/教授)

◎ 「たいへん」と愚痴る前に「面白い・楽しい」と言わなくなったこの国の「子育て」文化
やはり「経済」の状況や問題がネックなのでしょうか?
 「子育ても仕事も」とは言わず、頑なに「仕事と子育ての両立」を主張する厚生労働省

◎ 「子育て支援」は社会全体に存在する普遍的な機能だった はず…
「昔は良かった」と嘆くだけでは何も始まらない
今ここで、新たに求められている「子育て支援」とは一体何なのだろう?

◎ ここで大問題!「子育て支援」の正体や方向性は今もって不明確で不確定
「少子化(社会)」対策とのネジレ&ヨジレで歪曲され混乱している国家政策「子育て支援」
「子育て支援」の目的が「こどもの幸福」からズレてしまっているのではないか?

◎ New ZealandにPlaycentreというユニークな子育て相互支援活動がある
「先生」も「保育士」もいない? そこには「保護者」だけがいる!
参加者全員が保育担当者となる ≪セッション≫
 いわゆる「子育てサークル」の発展&進歩形態としての ≪ワークショップ≫
これまたユニークなNew Zealand的幼保一元化/統合的就学前教育課程 ≪Te Whariki≫


今回自分は最後列で聴講しましたが、常に対話形式で話を進めていく相棒のやり方は、面白くてついつい本音を言ってしまうお母さんに対して周囲の笑いを誘い、お互いの情報や考え方を交換・公開してしまうというもの。だから退屈しないし、別個に枠を設けなくても意見交換が出来るので一石二鳥という訳なんです。予定時間をオーバーしても、なお質問が寄せられる活気溢れる講演会となりました。

0802022.jpg

帰路は節分ということで、S.Aで恵方巻きを買って運転しながら丸かじり。決められた方角という訳にはいきませんでしたが・・・。

コメント

ピンピンシニア #-

お疲れ様でした。四日市は懐かしいところです。コンビナートの夜景を思い出しました。
カレーがおいしかったようですね。私も、カレーだといつもの2倍は食べてしまいます。少し辛めでコクのあるカレーが好きなのですが、昔小学校の給食でソフトメンといううどんのようなものにカレーをかけて食べるメニューがあり、その素朴な味のカレーも好きです。
小麦粉とSBの赤い缶に入っているカレー粉から作ると懐かしい味に近いものが出来るのですが、家族には不評で誰も食べません。
そういえば、下宿していたときお金がなくなるとカレーを作り、1週間とか食べていたこともありました。

2008年02月11日(月) 05時10分 | URL | 編集

こーちゃん #-

四日市と言う言葉を聴いただけで、既にコーフン状態です( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
あ、今回は眺めるだけだったようですが、それでも羨ましいです。

ログハウスのような温かな雰囲気の場所で聴く音楽は、また
格別でしょうね~、みんなで食べるカレーも美味しいでしょう。
僕もカレーの時はつい食べ過ぎてしまうんですよね(^▽^;)
流動食のように食べて、いつも起こられてます(_ _。)・・・シュン

2008年02月11日(月) 09時26分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

懐かしいと仰るには、昔お住まいだったのでしょうか? とにかくあの工場の数はものすごいものがありました。日本を支えているって感じでした。

カレーは、メチャ美味かったです。スパイスの調合がバツグンでした。それにかなり煮込んでいるようなコクがありました。相棒と二人して思い切りおかわりでした。

>小麦粉とSBの赤い缶に入っているカレー粉
分かります、分かります。昔のカレー風味。翌日になると結構モチモチになって、ほぐすのが大変なんですよね。ご家族に不評なのは・・・残念だなぁ。

2008年02月11日(月) 20時10分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

こーちゃんさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

こーちゃんさんの「工場好き」は相当なものですからね。多分あの高架橋に駐車スペースがあったら、一晩中撮影しているんじゃないでしょうか。それだけ見応えもあったし、桁外れの広さには本当に驚きました。

はやり木はやさしいです。部分的に吹き抜けになっていて音がイイ感じで響くので、音を楽しみながら歌うことが出来ました。カレーもガッチリおかわりしちゃいました。

>流動食のように食べて
どうして男ってそうなんでしょうね。早食いしていつもカミさんに怒られてます。おかわりするんだから美味い証拠じゃん!って言っても怒られます(笑)。

2008年02月11日(月) 20時17分 | URL | 編集

PON #pmEkgj5E

こんばんは。
今回も、お疲れ様でございました。

ログハウスでカレーなんて、おいしそう♪
音の響きとカレーの香りで盛り上がりますね。
ケーキも手作りだったのでしょうか?

現代の子育てについては、実際にはキビシイ環境にあると思っています。
そもそも、いまの親たちが親として、教育者として成ってないうえ、
自分達の生活、時間だけに目が行き過ぎてる風に思うからです。
時間やお金がないならないなりに考えればいいのに、
自分達がそうは育ってないから無理もありませんが。
子育て支援と合わせて、親支援も必要かなと思います。

まだ子育てどころか、自立もしてないくせに失礼しました。

2008年02月11日(月) 22時51分 | URL | 編集

frusic #qqvQ5iVU

お疲れ様でした。
四日市コンビナートを堪能しましたか?(笑)
最近は、写真集も出ているほど海上の工場地帯が人気スポット
ですからね。

子育てって何だろう?
答えもないだろうし。
子供にもいろんなタイプがいて、親も十人十色。
ただ、共同生活する規則だけは、守らねば。

親も子供と一緒に日々勉強です。

2008年02月12日(火) 14時23分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

お疲れ様でした♫

今回も素敵な温かい講演会とライブになられましたね♪
また素敵な出会いや美味しいカレーなど、記事を読ませていただくだけで嬉しくってウキウキします♪♪

先日、友達が「赤ちゃんが生れてくるにはものすごい奇跡の積み重ねがあってのこと。
私達はついつい、〝普通であること〟が当たり前で、なにかトラブルがあることが〝不幸せ〟と決め付けている。
そうではないんです。
普通であることが素晴らしい奇跡の積み重ねであってトラブルがあることは普通であって、不幸せでもなんでもないんだよね。
つい忘れがちだけど、ちゃんと心に留めておかなければいけないね」
と言っていました。

子育てにしてもその他のことにしても、思い通りにならなかったりすると…すぐに「何でなの?」ってなりがちな私ですので、リッキーさんの子育ては面白い、そしてトラブルや悩みがあることが普通であって、それが自分に勉強させてくれていると思い直さないとな!と思っています。
もう子供たちは大きくなってきましたが、またこんな気持ちを改めて持って子供を見守っていきたいと思っています。
(うまく自分の気持ちが今回も書けませんが…親の背中を子供が見てるってことをもっと自覚して、過ごしていきたいと思っています)



2008年02月12日(火) 16時35分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

PONさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

やっぱり木っていいですよ。香りもいいし温かいし、音の響きも耳に心地いいです。子供と遊ばせるのは木が1番いいんでしょう。

PONさん、もうお子さんがいらっしゃるかのようなコメントで驚きました。まさに仰るとおりだと思います。家の中にいる手本や教科書の役目は親でなければならないのに、その親が成長していないのでどんどん精神年齢が下がってきていると思います。常識を常識として受け止めていない大人が多くて、そのシワ寄せが子供たちに来ているような気がします。
PONさんがやがて母親になられた時、こんな記事を思い出して下さればうれしいです。

2008年02月12日(火) 19時30分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

frusicさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

コンビナート・・・あまりの規模の大きさに腰を抜かしました。埋め立てられた土地に整然と煙突やタンクが並んでいて、オレンジ色の照明に浮かび上がっている姿は垂涎の様相でした。

いつも子育てについてfrusicさんが真剣なコメントをして下さるので、とてもうれしいです。分かっていることがなかなか実行出来ない親や大人が多くて、子供たちは「やらなくてもいいんだ」「守らなくてもいいんだ」という気持ちが根付いてしまいます。やはり親が手本になって、世の中の約束事をキチッと守ることを教えないといけません。その中には自然と仲間が生まれて、繋がりが出来てきます。やがてその大切さも、子供たちは分かってくれると思っています。毎日毎日が勉強、自分もそう思います。

2008年02月12日(火) 19時39分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

平凡であること、普通であることがどれほど幸せなことか、決して日々の暮らしの中で忘れてはいけないと思います。そして今の自分があること、今の家族がいることは、多くの人たちのおかげだという謙虚な気持ちで生活することが大切だと思います。どんなことも、まずそこから始まるんじゃないでしょうか。

何かを始めようとすれば、まず色々な壁にぶつかります。最初から物事がうまく運ぶことはほとんどありません。試行錯誤を繰り返して、たくさんの人に助けてもらって、ようやく光が見えてくる。この過程は「普通」とは呼ばないかもしれませんが、後々「普通」に思うことが出来ればいいですね。こうした環境の中で子育てが出来れば、人の痛みが分かる人が増えてくると思います。

2008年02月12日(火) 19時52分 | URL | 編集

副社長 #RbGeqkE.

相模女子大のオープンキャンパスで拝聴したリッキーさん進め方、お人柄が出ているなぁと思いました。
空気を調和なさる方だなぁと。←生意気すみません。
独善的な押し付けもなくとっても親近感がもてて…テーマに自然と共感できました。
おふたりの演奏つきですものね、贅沢な講演会ですね*^^*

2008年02月14日(木) 00時10分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

相棒のモットーは、「同業者に向けてならいくらでも専門的な話が出来るけど、せっかくのお休みに足を運んで下さるみなさんに、いくら難しい話をしても時間の無駄だし失礼だから」というものです。90分話を聴くのなら、やはり楽しくてポイントだけしっかりと頭に残った方がいいですからね。

歌付きか否かは、事前に主催者様へお伺いしています。どちらにしても、オファーをいただくのはありがたいことです。

2008年02月14日(木) 12時31分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。