週末は出会いの連続 前編

先週金曜日の晩あたりから予定が詰まり始め、今日の午前中まであっちへ走りこっちへ走りで、なかなか記事を書くことが出来ず、併せてみなさんのブログは読み逃げ状態。失礼しました。

金曜日の晩の予定というのは、日曜日に相棒と共通の知人が挙式するために、余興(ギターしか出来ませんが)の仕上げを行いました。多くの芸達者が列席をされるのに、我々が指名を受けたことに感激。しっかりと歌わせていただくということでみっちりと稽古しました。ただ相棒は講義に加え入試関係の仕事が佳境を迎えているため、これまでに披露した曲から選択しました。

そして土曜日、記事にもしました「Kids Photographers-子どもは天才! in 伊豆」実行委員会代表の勝呂希枝子さんを「リッキー'Sブランチ」にお迎えして、子供たちとの出会いや開催に至るまでのお話を伺いました。
電話では何回かお話をさせていただきましたが、お目にかかるのはこの日が初めて。1時間前にお伺いしますという勝呂さんに合わせ、我々も早めに局へ入りました。最初は初めてのラジオご出演ということで緊張されていましたが、積極的なお人柄と何より沢田研二さんの大ファンとお聞きしたので、その辺りをリッキーと掘り下げると、すぐにリラックスされていました。

冒頭自分が新聞の記事から今回の写真展を知り、実際にこの目で見た感想をお話させていただいたあと、勝呂さんにご苦労された点などをお伺いしました。やはり最初に子供たちの作品と出会った時の衝撃は大きく、どうしてもご自身が活動されている「心の眼で撮った写真展実行委員会」や「音訳ボランティアかじか」を通じて、広く紹介をしたいという使命感を持って企画されたのだそうです。地元紙を始め数々のメディアに取り上げられたことで、うれしさの反面戸惑いを感じることもあったそうで、今回のラジオ出演についても
「ガチガチの教育番組でしたらとても対応出来ないのでお断りするつもりでいました。でもそうではないことがわかり、実行委員会のメンバーや主人からもせっかくの機会だからと後押しされて出演させていただくことにしたんです。」
と本心を吐露されていました。

リクエストの沢田研二さんの曲を2曲ご紹介して、最後にぜひこれだけは伝えたいということで、開催に協力した各方面へのお礼を述べられましたが、その中で子供たちにカメラを持たせることを提案された写真家・管洋志氏への謝意が、最も我々の気持ちに響きました。当然それがなければ作品自体が存在しなかったのですが、その発想と熱意と子供たちを見守る温かさに、勝呂さんは感激されていました。
「こういう子供たちにカメラを持たせるって、考え方によってはとても残酷なことと酷評されかねないと思うんです。でも、しっかりと子供たちの気持ちを掴んだからこそ出来た写真展だと思います。」
リッキーのひとことで、無事に番組は終了しました。

今後はお互いに連絡を取り合って、共通の主旨で開催出来るイベントがあればご一緒に・・・ということになりました。最終日の5日にもう一度写真展に伺うことをお伝え(実際に今日行ってきました。また後日UPします)し、お別れをしました。勝呂さん、ありがとうございました。
0711051.jpg

会場で作品の説明をする勝呂さん(左)

さて番組を終えた我々は、相模女子大の学園祭へ出向きました。リッキーとしては初めてのことなので、自身の勤務する大学との比較をしたかったのだそうです。自分も調子付いて同行しました。
幼稚部からの一貫教育なので、当日は全校挙げての学園祭。学内のメーンストリートには模擬店が軒を連ね、学生や地域の人たちがテントの前に列を作っていました。中には早々と品切れで閉店するところも。グラウンドは野外ステージとして吹奏楽部や有志のライブが行われていました。
「入場者数は山の中にあるうちの大学とは比べものにならん。でも、研究発表を大々的にインフォメーションしている学部やサークルがないのは似てる。」
パンフレットを見ながら不満そうに漏らしました。事実ある校舎の前で
「偉大な女性に関する発表を行ってま~す。見る価値ありま~す。」
と、階段に座ったまま大声張り上げている学生さんがいました。あまりに抽象的なお題目と態度、とても見ようという気にはなりませんが、写真部の展示を見に行こうとして間違ってその発表会場に辿り着いてしまいました。強い「手招き」があって教室内へ。するとナイチンゲールやジャンヌダルクなどの偉人の経歴を、模造紙に手書きで記してあるだけの発表内容でした。中学生でももっとマシなものを作るだろうと・・・。ふたりで苦笑い。

続いて写真部へ。子供たちの写真が記憶に新しいので、大学生がどのような視点から撮影をするんだろうと楽しみにしていました。でもね、伝わってこないんですよ、カメラマンの意図が。一枚ものはド真ん中に被写体を入れたものが多く、タイトルもそのものズバリ。モノクロにしたりソフトを使っての「遊び」が皆無だったんです。組写真も狙いがわからず、部員に聞いてしまったほど。余白部分も切り方が雑で、自分の作品を大切に扱っていない点にガッカリしてしまいました。
「何だかグッタリするような学園祭に誘ってしまってすまん。って、オレのせいかどうかは不明だけど・・・。」
と、リッキーも恐縮。研究室でしばらく休んだ後大学を後にして、途中久しぶりに「ココイチ」のカレーを満喫しました。

明日は知人の結婚式と、「スターダスト・レビュー」のライブがあります。ドタバタの1日になりそう(実際になった!)な予感がします。

コメント

こーちゃん #qbIq4rIg

なるほど、お忙しい日々を送られてらっしゃったんですね。
結婚式の余興でギターですか、お洒落ですね~。
僕なんか音符を見ると眩暈がしてきますよ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

その写真部の作品、ちょっと見てみたかったですね。
あまりそんな機会が無いもので、興味あるんですけどね。
ちょっと表現は違いますが、写真の上手い人は沢山います。
だけど写真から伝わる何かを持ってらっしゃる人って、
やっぱり少ないですよね。
自分の事を棚に上げて言うのはなんなのですが・・・(^^;)
だけど自分の作品を大切に扱っていないって言うのは
いただけないですね。
1枚1枚想いが詰まってるのに・・・

2007年11月05日(月) 22時46分 | URL | 編集

ピンピンシニア #-

充実している時間をお過ごしのようで何よりです。
電波というメディアで、多くの人に情報を発信していくのは意義があることと思います。
今、日本はトウキョウタワーから発射される、全国共通の情報があふれてしまい、田舎でも東京になってしまい、地元の情報欠如が起きているんじゃないかとさえ思うことがあります。
ラジオでも地元の情報というのは今後ますます必要とされる分野ではないでしょうか。
カレーは黄色い昔懐かしいのがスキです。

2007年11月06日(火) 06時17分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

忙しかったのですね。
お疲れ様でした(*^^*)

こーちゃんも書いてありますが
私も写真部の写真を見てみたいです^^
私は、写真展というものに行った事がなくて
行きたい・行きたいとは思っているものの
なかなかタイミングが合わなくて…
私も視点がヘタッピで、ただドンッ!と真ん中に持ってきたり
自分の身長の高さからの写真ばかりになっているので
改めて気をつけないと・・と思いました。
何かを伝えられる写真が撮れるようになりたいので
色々な写真展などに行って勉強したいです(*^^*)

2007年11月06日(火) 07時02分 | URL | 編集

副社長 #RbGeqkE.

「子供たちの気持ちを掴んだからこそ出来た写真展」
いいお言葉です。←生意気すみません。
目では見ていないけど、鼻や耳や指や…心でたくさんのモノを見ているんですよね。
その研ぎ澄まされた感性がそのまままっすぐに、こちらに伝わってくる作品たちなんですね。

2007年11月06日(火) 09時01分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

こーちゃんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

忙しいといっても半日はドライブ気分で学祭見学ですから、人ごみの中だということを除けば気分転換は出来ました。披露宴でのお話は今夜にでも書きたいと思いますが、大騒ぎの中で誰も聴いてませんでしたよ。気楽に歌えましたけど(笑)。

写真部として展示をしているならもう少し熱意を持って臨んでほしい、自身が撮影していたものなのに愛情を感じないのかなぁって、すべての作品を見ていて思いました。「とにかくシャッターを切るのが好き」というだけでも十分なのに、それさえも伝わってこなかったのは残念でした。

2007年11月06日(火) 13時56分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

相変わらず相棒にぶら下がりながら番組を続けています。先週はゲストさんに恵まれて、とても内容の濃い番組となりました。

>ラジオでも地元の情報というのは今後ますます必要とされる分野
仰るように、全国でコミュニティー局が増えています。先日の中越地震でも地元局「ぴっから」さんが住民のために東奔西走して、地域密着の情報を流し続けたそうです。情報の無い不安をなくしたいという気持ちで、我が「ボイスキュー」も緊急対応の態勢はバッチリです。

オヤヂも黄色いカレー、大好きです!(特に少し固めのヤツ)。

2007年11月06日(火) 14時04分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

会長が写真展に行かれたことが無いというのは意外です。自分もそんなに数を見ている訳ではありませんが、たまにギャラリーへで掛けることがあります。何か盗めるもの(窃盗じゃないよ!)があればと意気込んで行くんですが、全然レベルが違ってショボンと帰ってくるパターンが多いです。みなさんのブログで写真展に行っているようなものですから、いつもいい刺激をいただいてます。

>自分の身長の高さからの写真ばかりになっている
自分もよく言われます。「これ、しゃがんで撮ったの?」って(泣)。

2007年11月06日(火) 14時15分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

2回目に足を運んでみて、1回目よりももう少しだけ踏み込んで作品を見ることが出来たような気がします。子供たちの「本当に好きなものを撮った気持ち」がわからなければ、今回の写真展はなかったと思います。委員会のみなさんがそれを感じ取られたからの結果だと思っています。
本当にいい機会に恵まれて、ただただうれしい気持ちでいっぱいになりました。

2007年11月06日(火) 14時22分 | URL | 編集

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤヂさんへ

お疲れ様です。

いつも遊びにきてくださり、ありがとうございます。

社会人になってから、一度も大学の学園祭に行ったことがないですねー。
学園祭って、やはり学生の時に行かないと、楽しくないのかもしれませんね。

あっ、でも、そういえば、リハビリの専門学校の学園祭に行ったことあります。それは、まあまあ楽しかったかも。。。

お疲れが出ませんように。。。

2007年11月06日(火) 17時40分 | URL | 編集

lunaはちこ #-

盛り沢山の“本日”は無事に済まれたのかな♪
先日の写真展の様子、楽しませていただきました。
小学校では今、デジカメの授業が総合学習であるらしく
先日まで、掲示板に作品が飾ってありました。
題名とコメント付き。
子どもの視点って、本当に面白いなぁって見ました。
それに増して全盲の子ども達の写真…子どもってほんと素敵ですよねv-352

“coco壱”カレー、未だに食べた事がないんですv-356
“ヨシ牛”も…v-356

2007年11月06日(火) 22時51分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

こちらこそいつもおいでいただいてありがとうございます。少し疲れが残っていますが大丈夫ですよ。今日インフルエンザの予防注射をしてきました。

確かにこの年になってから大学の学園祭に行くと、どうも馴染めないというか冷めた目で見てしまうのに気付きました。店を出すだけが学祭じゃないよってひとこと言いたくなっちゃいました。もう少し大学生らしい学祭を期待して行ったんですが・・・。

2007年11月07日(水) 00時12分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

lunaはちこ さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

デジカメの総合学習があるんですか? 時代も変わりましたね・・・。
子供たちの写真を見ていただき、ありがとうございます。近くで見ていただくと、もっとそれが顕著に分かるんですが残念です。

パネルに子供たちの顔写真が掲示されていましたが、みんなニコニコしながらカメラを握っていました。今回の写真の出発点はそこからと思いました。

2007年11月07日(水) 00時43分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。