今週は収録でした

実は昨日ラジオの収録を行いました。相棒は大学の補講、小坂Pは某施設での文化祭でライブを行うためです。夜だからみんなテンション高くて、すっかり昼に放送されるなんて頭に無いかのよう。今回も熱~いコメントが飛び交いました。

「何を置いても話をしないと・・・」
こうしてリッキーが口を開いたのは、「亀田一家」のドタバタでした。ようやく下火にはなってきた様相ですが、試合前の内藤選手との記者会見からつい最近まで、出るものがすべて出てしまった観があります。リッキーは彼らのことを「亀田4兄弟」と呼びました。
「親も子供も同じ考え方で、人に対してもまったく同じ行動取ってるんだもの。これじゃ親じゃなくて兄弟が4人いるのと変わらないよ。」
リッキーは幼い頃から日本拳法を続けているので、礼節を重んじる気持ちは人一倍強く、目上の人間への態度に何かと苦言を呈してきました。

パフォーマンスというかセールスポイントというか、亀田スタイルはあっても構わないと思いますが、今回の内藤選手との記者会見で親子そろってゴキブリ呼ばわりした一件は、絶対に許されるものではありません。対戦相手は年上であり、苦労に苦労を重ねて今の地位についたチャンピオンなんです。
「本人たちの意識の在り方も問題だけど、今回話題なってるJBCとかが、今まで何も言わないでほったらかしにしていたのが1番の問題。亀田兄弟が出れば低迷しているボクシング界を盛り上げてくれるし、興行的にも大金が動くからなんだろうけど、イヤというほど傷付く人も出てくるだろうし、最終的にはこの一家がとてつもない代償を払うことになると思う。」
とコメントしました。まったく自分も同感で、これでもし勝っていたらどんなことになっていただろうと、考えただけでもゾッとしてきます。

謝罪についてもすべてが後手後手に回って、ようやく会見を開いたかと思ったら父親は「言わされている」ようなコメントだし、当の本人は話すことも出来ず、2分後には抱えられて退場する始末。自宅に着いた時は思い切りダッシュしてましたけど。
人間てそんな簡単に変われるものではないでしょう。でも、これを機会にフェアなスポーツマンに変わってほしいと思います。

次の話題は修学旅行。息子が昨日浅草・日光から帰ってきたことから話が始りました。
「小学生が日光へ行って、良さがわかるかい?」
場所によっては京都・奈良へ行く小学生もいるでしょう。
「距離的に普段なかなか行けなくて、もっと年齢的に楽しめる場所でもいいんじゃないかなぁ。」
確かに同じ町内にある別の小学校では、お台場の「キッザニア東京」や国立科学博物館へ出掛けたそうです。長男も羨ましがっていました。
実際に旅行の感想を聞いてみたところ、
「浅草は?」
「朝早く(8:30過ぎ)で店が開いてなかった。」
「日光の印象は?」
「寒かった。紅葉も早かった。華厳の滝は霧であんまりよく見えなかった。」
「東照宮の陽明門とか三猿・眠り猫の印象は?」
「門はきれいだったけど、猿も猫も小さくてよく見えなかった。」
「2日目の日光江戸村は?」
「時間が足りなかった(9:00-13:00)。」
こんな具合です。1番楽しかったのはホテルでの夕食とレクリエーションだったそうです。これを聞いて自分も首を傾げてしまいました。日光からの帰路はバスを使用。到着が午後6時頃だったので、移動の5時間をもう少し見学に充てられる場所に出来ないものかと。
「何が何でも史跡とか寺院を見学しなくてもいいと思うよ。それと高校で海外へ行くところもあるけど、ろくに会話の勉強もしないで団体で歩き回るより、国内で世界遺産に登録されている場所に行く方がずっと価値があると思うけどなぁ。」

今回の二つの話題、読んで下さったみなさんの中にも様々なお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。よろしければご意見をお聞かせ下さい。来週の放送で参考にさせていただきたいと思います。

コメント

黒猫 #-

高校生の意見

修学旅行の話に大いに賛成します!!
あたしも小学校の時に修学旅行で広島へ行きました。
1日目は平和資料館や戦争に関しての場所を班行動。
2日目は厳島神社やお土産屋さんめぐりとまぁ、遊び半分でした。
どちらも世界遺産に触れる事ができ、いい勉強になりました。
世界遺産が好きな私には格別だったんです♪
他のみんなはどう思ったか知りませんが…苦笑

日本の世界遺産は海外のモノより何倍も美しいと思います。
日本の伝統芸能は海外に自慢できるほどのものですから。
海外も良いかもしれません、
でも、日本の良さ、日本の事をろくに知りもしないで海外に行くのはどうかと思うのです。
自分の国を自慢できないのはとても寂しい事です。
同年代の人にもうちょっと日本を見てほしいデス。
そうすれば未来の日本はもうちょっと良くなるんじゃないでしょうか?

2007年10月20日(土) 23時13分 | URL | 編集

lunaはちこ #-

私も趣味ではありますが、バレーボールだけはもう20年以上やってます。
同じようにスポーツをする者として、そして人として、あの態度は如何なものかと
ずーっと思っていました。
そしてそれをあおるマスコミ陣…
今回たまたまバイト先で試合を見ることになり、試合前のゴキブリ発言や
切腹発言は、始まる前に課長から聞かされて開いた口がふさがりませんでした。
私は今回のこの親子の姿、“最近の親子の姿”を見た気がします。
私が子どもの頃は、年上の人・目上の人には絶対に呼び捨てにしないとか
敬語を使うよう厳しく言われてきました。学校の先生に対してももちろん。
今の生徒で敬語を使って話しかけてくる子は殆どいません。
日本全体が変わってきたのも勿論あるけれど、職業上、
家庭教育が本当に変わったなって思うこの頃です。
話がそれてしまったかなv-356亀田家も親の責任は重大だと思ってます。

私も修学旅行は国内で充分だと思ってます。
まずは己の国を知れ!って感じでしょうか…
まだまだ私も知らない事だらけですv-356

2007年10月20日(土) 23時13分 | URL | 編集

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤヂさんへ

めっきり寒くなりましたね。
今の職場はもうすでにインフルエンザが流行っていて、今更ワクチンは間に合わないとか言ってました。私はうつらない事だけを祈って、日々仕事をしています。

ボクシングだけでなく相撲会でも色んな事が起こってますね。スポーツって純粋に見ている者が楽しめるものであって欲しいなーって、思います。だって、日頃選手が一生懸命練習して、勝っても負けてもすがすがしい気持ちで終わって欲しいし、見ている方もすがすがしい気持ちで試合を見終わりたいなーと。プロの道は大変だと思うので、スポーツマンシップにのっとって、して欲しいんですが。。。今、スポーツマンシップって死語かしら?って感じですものね。

修学旅行、懐かしいです。私の小学校のときは大山の登山でした。
どこに修学旅行に行っても、きっと賛否両論だと思いますので、あえてここはコメントしませんねー。ただ、一言言いたいとすれば、中学と高校の修学旅行の場所がほとんど一緒で、泊まる宿さえ一部一緒だったのは、なーんか悲しかったなー。


2007年10月21日(日) 00時09分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

「亀田4兄弟」には笑ってしまいました^^;

私は以前から、あの口調が苦手でした。
そして、それを許す大人達も苦手でした。
人の事を「ゴキブリ」なんて言ってはいけません。
「切腹」なんて言葉は、簡単に使ってはいけません。

同じ道を歩んできた先輩に対して
あの場所に立つには、どれだけ大変かを知っていると思います。
やはり敬意を持って欲しいと思いました。
「礼儀に始まり、礼儀で終わる」
という言葉がありますが、その言葉の意味を
わかってもらいたいです。

今後の亀田選手の良い意味での成長に
期待したいと思っています。

私は修学旅行は「鎌倉」でしたが
やはり慌しいスケジュールで
「何が楽しかったの?」
と言われると「??」ですね^^;
せっかく、みんなで行動するのですから
個々が心に残るような旅行にしてもらいたいですよね。
場所をそんなに移動しなくてもいいと思います(*^^*)

2007年10月21日(日) 07時33分 | URL | 編集

こーちゃん #-

確かに亀田家は4兄弟ですね(笑)
やれ浪花の弁慶だ、1RKOうんぬんのビッグマウスは許せるとして、
相手に対しての敬意がまるで無いのはいただけません。
ましてや相手は年上のチャンピオンですよ、親も一緒になって
あの行動は・・・開いた口が塞がりません。
それを煽ったTBSも責任大ですよね、亀田びいきにも程がありますよ、ほんと。
長くなりそうなので、修学旅行ネタへと・・・(^^;

長男は九州だったんですが、吉野ヶ里遺跡や虹ノ松原で地引き網体験などが楽しかったようですよ。
来年は次男がこのパターンだなと思ってたら、USJに変更になりそうとか
なんとか・・・
遊んで終わりだな、とちょっと残念ですが、子供は喜んでるようで(^▽^;)
ほんと賛否両論あるでしょうね。

2007年10月21日(日) 08時45分 | URL | 編集

カプチーノ。 #-

そうですね~。
プロのスポーツマンだからこそ、してはいけなかった事ですよね。
このままでは負けてしまう、という 焦りと悔しさから
10代の若さが、滲み出てしまった結果なのでしょうか。
今までが、順風に帆を挙げたような人生でしたから
きっと、今は 恥じんでいるに違いないと ・・・ そうであって欲しいと。
おっしゃるように、周囲の方々のあおりは勿論
マスメディア関係もいけなかったのでは? と思います。
今回を機に、実力的にも精神的にも成長した亀田選手を期待したいですね ☆

修学旅行。 子供たちが、一番楽しみにしていることですよね。
単純カプチは、皆と旅行できる♪ という事だけで 楽しかったし、嬉しかったし。
正直、バス移動の間も 楽しかった記憶しかなくて(笑)
ただ 今回のお話をお聞きする限り
お店があいていない、紅葉していない、時間が足りない、
だなんて、完全に 学校と旅行会社のプランミス? としか言いようがなく。
毎年のコト、来年の反省にいかしてもらいたいと思います。

もともと私は、アチコチ移動する旅は嫌いな方でして
ひとつの所にて、の~んびり滞在したい派なんですよ。
じっくり楽しみを見つけたいと思っちゃうんですよね。
なので、国外でもツアー参加しないという、だけに、珍道中ばかりですよ (* ̄m ̄)ノ彡 プッ.

2007年10月21日(日) 09時02分 | URL | 編集

frusic #qqvQ5iVU

亀田4兄弟はもういいよって感じですよね。
当初から、私はマスコミに利用されている彼らが
ピエロで寂しく思っていました。
社会をしらない4兄弟、とくに下3兄弟は自分たちが
強いと錯覚を起こしてしまったのでしょう。
内藤選手との世界戦。
途中から、亀田選手の焦りからか、子供のような
怯えている目が印象的でした。
まだ、本当に幼い目をしていると思うと、寂しくなり
それを報道するメディアに苛立ちが生まれました。
最終的にはこの一家がとてつもない代償を払うことになると思う。
本当にその通りだと思います。
マスコミは、一時を過ぎれば関係ないですから。

それにしても、頭を丸めた亀田選手にはがっかりです。
世界戦を戦った選手ですから、しっかりと目を開き、
まっすぐ見据え、言葉を発して欲しかった。
それが、真のスポーツマンであります。
最後の後始末ができないようでは、何をやっても無理です。
反則は反則、それにはしっかりと自分でケジメをつけて欲しかった。

試合後の会見前までは、亀田選手の再生をと思っていた
のですが、あの会見で考えが変わりました。
精神的にも肉体的にも彼は無理だったんです。
しっかりと堂々としていれば、望みがあったのですが。

おそらく、内藤選手は内心、無理だと思いがっかりしたのでは
ないでしょうか。なんで、あんな選手と戦ったのか?と自分自身にも
苛立ちが募ったのではないでしょうか?そんな気がします。

大人になると言うことは、自分で尻拭いをできることです。
これができない人は、何をやってもダメなような気がします。
厳しい意見かもしれませんが、それが全てにおけるルールでは
ないでしょうか?

私は、ゴングがなる前は内藤選手を応援していましたが、12Rの
あの亀田選手の怯えた目を見た瞬間、試合をやめてくれーと思いました。
マスコミはじめ、メディアが一つの家族を壊した、そんな結果だと
思います。

人はそう簡単に変われません。
一度逃げた彼は、相当努力しないと再生は無理です。
厳しいですが、あくまでボクシングの頂点である世界戦を戦ったのであれば、最後まで自分で後始末をつけなければなりません。
あの態度は、内藤選手への侮辱です。

芸能関係(漫画家)の人が、絵なら弟子にしてもいいなんて言っていますが、そんな甘いこと、何を言っているんだと思いましたよ。
人がすぐに助けては、彼は再生できません。
一人で生きることを考えさせてあげることです。
生きるとは、自分との戦いですから。

でも、亀田家のお父さんは、私は?ですが、やっぱり、彼ら3兄弟にはこれから、
もっともっと頑張って生きてほしいと思います。
そのときは、メディアの力ではなく、自分たちの力で。

メディアも家族をつぶした責任を感じるべきです。

2007年10月21日(日) 10時27分 | URL | 編集

蜩 #-

亀田問題に見る。

4兄弟には笑いました。ナイスネーミングですね。
亀田親子はもともとあのような人たちじゃなかったのでしょう。
大阪で最初にお世話になったジムの会長(前会長の奥さん)の話を聞いてそう思いました。礼儀正しく、親切でよく気がきく人たちだったと言われていました。でも、東京に出てからの変わりようは信じられないと…

周りが人を育てるのですね。良くも悪くも。
最近、気になる事が一つ。
成功したとき(またはしようとしてる時)は周りももてはやし、ちやほやしまくり、とことん天狗にさせておくのに、いざ不祥事を起こすと、これでもかと叩きのめす。
(朝青竜しかり、沢尻エリカしかり…)
はやし立てたのも、たたきつぶすのも周りの人間なんです。
なぜそうなったか、ちゃんと見極めもせずマスコミの情報を鵜呑みにして騒ぎ立てる。
当事者もそんな事ぐらい見抜けよ!と言いたい。
でも大金が絡んだり、ちやほやされると人間って脆いものなんですね。一度味わった快楽は忘れられないものなのでしょうか?

私も初めは嫌な奴だと思っていたのですが、こう周りが叩きまくると、気持ちが冷めるのです。反対に、可愛そうに思ったりして…変ですかね?
あっ、別に亀田親子のしたことを擁護するつもりはありませんよ!
それどころか、大毅がふらふらになってる姿や、家で包丁を見つめてボーっとしてた話を聞くと、なんやそんだけのもんか!と思いました。1回負けたくらいで落ち込んでどうするんや!世の中そんなに甘くないぞ!
と、言いたい。(ちょっとエキサイトしてしまいました)

平家物語の冒頭、
“祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢の如し。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。”

これを肝に銘じて欲しいですね。




2007年10月21日(日) 16時05分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

黒猫さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

現役の高校生だけあって、かなりピンポイントで修学旅行についての指摘をして下さいました。
>自分の国を自慢できないのはとても寂しい事です。
このひとことにオヤヂは感動しました。自分の住んでいる国をもっと知って欲しいし、世界遺産や国宝の本物に触れることが日本を好きになる近道だと思います。海外が悪いというのではなく、はっきりとした目的を持ってそれを実現するための旅ならば、文句のつけようがありません。グループになって日本語の通じる土産物屋に入っても、単なるツアーと同じだと思うんです。年代に即した場所を考えてあげるべきだし、場所が決ったら自分たちで目標を立てる。修学旅行ってこうあって欲しいと、オヤヂは臨んでいます。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月21日(日) 23時29分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

lunaはちこ さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

普段スポーツに接していらっしゃる方は、オヤヂ以上に亀田一家の傍若無人ぶりに、開いた口が塞がらない状態だったんでしょうね。ルールに則ってスポーツが行われていること、人としての礼節を重んじることが欠けていました。この騒動を見て、カッコイイとマネをする小学生もいるでしょう。ダメなものはダメという、毅然とした態度で忠告をしなかったマスコミや大人たちの大失態です。

lunaはちこ さんの仰るように、タメ口を利いたり挨拶が出来ない子供が増えました。カミさんが当番で横断歩道に立った時、挨拶をしても無視をする子さえいるそうです。「誰にでも挨拶はするものだ。」「知らない人と口を利いてはいけない。」こんな曖昧な子供への教えも責任の一端はあると思います。今回の亀田一家の騒動を反面教師にして、大人たちがしっかりしないといけない時期なんですね。

修学旅行についても、やはりもっと日本のいいところを見て欲しいですよね。貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月21日(日) 23時48分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>スポーツって純粋に見ている者が楽しめるものであって欲しいなーって、思います。
オヤヂのように少年野球を楽しみに見ているのもいれば、お金を支払ってスポーツ観戦をされている方もいます。こんな違いはありますが、最終的には見終わって「必死でやってたじゃん。」と言いながら清々しい気持ちになれるかどうかだと思います。はらぐろさんの仰るように。
今回のように悪態をついたり反則を執拗に繰り返した試合は、もはやスポーツとは言えません。神聖なリングでカラオケなんか歌っちゃいけないんですよ。それを担ぎ上げるマスコミと注意しない大人たち・・・。悪い部分がすべて出てしまった観がありますが、ここで終わりにしないでしっかりとその大人たちがフォローしないといけないと思います。

修学旅行、中高でほとんど同じ場所で宿も一部同じですか? なんか悲しいなぁ。学校側の事前調査不足のような気がします。知りながら続けていたのなら、ちょっとした問題ですよ。次回の放送で取り上げてみようかな。貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 00時13分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

4兄弟と指摘されても致し方の無い状況ですものね。親があの調子なら、子供はそれを見て育つのが当り前です。しかも「世界チャンプ」を目標にしているなら見る方向は1ヵ所きり。同じ箱の中で生活していれば、外の世界が見えない分自分たちが1番だし正しいと思い込むのは当り前なんですよね。だからジムの会長が防波堤にならなければいけないのに、これまでの記者会見ではいっしょになって笑っていました。
>「礼儀に始まり、礼儀で終わる」
こんな当たり前のことが、今の世の中では通用しなくなってしまったんでしょうか。

修学旅行って、ツアーより駆け足ですからね。みんな移動時間に取られてしまうからなんです。限られた日程の中で見学ポイントを詰め込まれたら、子供たちの気持ちの中からそれが消えていくのはあっという間だと思います。夕食の時間が1番楽しかったという長男、すでに陽明門の形すら記憶が薄れているかもしれません。「年齢層に見合った場所ってどこ?」慣習ではなく、子供たちの声を聞いてもいいんじゃないのかな。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 00時36分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

こーちゃんさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

父親は42歳です。どこまでがパフォーマンスで、どこからがルールに則っての真剣勝負なのか、十分に分別のつく年齢だと思います。いや、スポーツに携わる人間ならば最低限それくらいの気構えが無いと、選手としての息子たちが逆にかわいそうです。あの謝罪会見でさえ疑いたくなるような目つきと口調、やはり根本的な部分は変わらないんでしょうね。

息子さんの修学旅行先はUSJと仰ってましたよね。馴染めない日光よりはいいんじゃないのかなぁって思っちゃいました。やはり年代と目的を熟考して、誰のための旅行なのかを明確にした方がいいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 01時37分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

カプチーノ。さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

試合後のドタバタから今日まで、これまでの軌跡や幼かった頃を知るジムの選手たちが証言していますが、しっかりトレーニングすれば相当に強い選手のような気がしてきました。父親の誤った方向付けが残念です。これから離れて別のトレーナーと鍛えていって欲しいと思いました。

カプチさんの旅行へのアプローチって好きです。ゆったりのんびり、そしてあちこち忙しく動き回らない。こんな旅が思い出に残るんですよ。日本人て本当にあれもこれもあっちもこっちも。記憶にも残らず、写真やビデオを観てようやく思い出す人も多いようです。

子供たちの旅行ですから、もう少し考えてあげてもいいように思います。日光は憶えていてもどこを見学したのかがわからなければ、遠足にだって及ばない気がします。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 02時05分 | URL | 編集

ピンピンシニア #-

親亀こければ皆こける。
歪んで育成されてしまったのでしょう。

日光は、昨日はイロハ坂を通過するのに3時間近くもかかっていたとか。
イロハ坂も紅葉しているんなら、じっくりと紅葉が楽しめます。

それにしても、今年は紅葉が遅れています。季節がおかしくなっています。皇后様も73歳の誕生日のコメントで地球温暖化の問題を取り上げていましたが、全くその通りと思います。

2007年10月22日(月) 06時01分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 ご無沙汰しています。

 亀田親子は個人的に嫌いですが、人気に踊ってしまう怖さを見たような気がします。人気に乗ることを力のあることと感じてしまう幼さが、この一件で変われば良いなと思います。元々ボクシングはハングリーでのしあがっていくタイプのスポーツです。闘魂の持ち方を見直すだけでも、違うような気がするな。大人じゃない大人が多すぎて困ったもんですね。

 修学旅行、語らせたら長いよ。(笑い
 世界遺産も寺院も同じです。要は事前学習の持ち方の問題。そこへ行くことの意味をどれだけ学ばせて連れて行くかです。観光で良いんです。だって観るは心の目で見ることですから。

 旅行って子供たちにとっては非日常の一大イベントです。そこで何を学ばせたいか。中学ではそれを約二年かけてプロデュースします。そこが甘いと、みんなで行った新幹線の中が一番の思い出になってしまう。でも、社会のマナーの中で旅をすることも学びなので、それも有りです。
 日光、京都、広島、神戸、体験学習、どこでも何でも、非日常の中でたった一回、この友達と同じ生活をして楽しむことを知る、これが最低限の目的。その上に学習目標が乗っかってきます。
 でもまぁ、形だけにしていつものコースという企画でいく先生や旅行社もいるので、あまり大きなことは言えないかもね。

 うちでは、京都・大阪コースで、一日目が体験学習、二日目が自分達でプランニングした判別行動。もちろん現地の交通を使ってです。三日目は思いで作りのお遊びを入れて、ちょっと息抜きをさせます。信じられないかもしれないけど、分きざみに近いスケジュールの中、実は自由時間なんてほとんど取れないんです、生徒。だからバスの中、新幹線の中が彼らの自由時間になります。それでも、みんな帰ってきて聞くと、自由時間、夜の内緒の話同様に観てきたところも思い出に残っています。
 そう、大人になっての旅行だって学びばかりではないしね、友と行く旅の楽しさや、旅のプランの立て方、社会の中で自分達で行動する際のマナーやノウハウ、そんなものを学ぶのも修学旅行だと思っています。

 でも、はっきり言って先生たちは大変です。生徒達が、どこへ行っても誰か先生を見るねというくらい、動きを把握して何かあったら対応できるように動き回っています。今年は貸し出しの携帯電話を持たせ(自分のものは持ち込み禁止)、パソコンで全42チームの位置管理が出来たので少し楽でした。でも、道に迷うことから、途中で調子を崩す者がいたりで、あちこちに駆け回り、ホント、くたくたでした。
 このくたくたが、生徒にとって意味のある支援になれば良いなと、真面目に思っていますよ。


 

2007年10月22日(月) 06時44分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

frusicさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

亀田選手の中には自分がチャンピオンベルトを巻いて、リングの上で父親に肩車されている図式が出来上がっていたんじゃないでしょうか。「外国人ボクサーだろうが世界チャンピオンだろうが、俺の宇宙一のパンチには敵わへんのや!!」こう吼えて、またカラオケを歌ってしまったかもしれません。ところが思うようにパンチが当らず、ポイントも差が広がるばかり。初めて知る不安感に、frusicさんが仰ったような「怯えた目」になってしまったんでしょう。

記者会見で父親は反則の指示を否定しました。これでは亀田選手の「単独犯」になってしまいます。百歩譲って指示していなかったとしても、指示したと釈明すれば亀田選手ひとりが悪者になることはなかったでしょうし、「絶大な信頼を寄せる父親の指示ならば気持ちもわかる」と、世間の風向きも変わったかもしれないのに・・・。このあたりが大人らしくないなぁと思ってしまった訳です。

「まだ18歳だからと」と冷ややかな目で見るよりも、秘められた可能性を最大限に引き出すための環境作りを大人たちがしてあげないといけませんね。自分も亀田選手のクリーンファイトが見てみたいです。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 11時43分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

蜩さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

マスコミにとっては、ここのところ美味しいニュースが続きました。蜩さんが仰るように朝青龍、沢尻エリカ、亀田選手・・・。自分たちの一挙手一投足が世間から注目されていることを自覚してほしい。行動如何で味方にも敵にもなりうる訳ですから。そして、やはりその場に立っていられるのは自分だけの力量だけではないということ。相当な数のスタッフが支えてくれているとわかっていれば、どう間違ってもあのような態度はとれないと思うのですが・・・。

>こう周りが叩きまくると、気持ちが冷めるのです。反対に、可愛そうに思ったりして…変ですかね?
変ではありませんよ。そういう気持ちになった人もたくさんいると思います。蜩さんのような人がいてくれることを認識して、一から出直して欲しいと思います。
老舗の店でも偽装が発覚し、社長が2度目の会見でそれを上塗りしてしまいました。世の中どこか狂っているような気がします。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 12時11分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>親亀こければ皆こける。歪んで育成されてしまったのでしょう。
まさに仰るとおりです。「誰に何を言われようと、強ければ稼げる」父親はこんな風に言っていました。幼い頃から父親しか見ておらず、周囲の大人たちが苦言呈しても耳を貸そうともしない。勝てばわが世の春を謳歌出来ますが、そういう時って負けた時のことは考えられないんでしょう。「亀田4兄弟」は見事にコケでしまいました。

いろは坂通過に3時間ですか。自分にも覚えがありますが、バスのお客さんを宥めすかすのにガイドさんと一緒に必死でした。だから、あまり紅葉の印象って残ってないんですよ。今年は全国的に1週間から10日ほど遅れているそうですね。日頃植物と接していらっしゃるピンピンシニアさんですから、この異常さは人一倍敏感に感じるのでしょうね。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 12時25分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

ご無沙汰です。ずいぶんお忙しそうですが、お体の方は大丈夫ですか? くれぐれもご自愛下さいね。

人気に踊らされるということは、結局本当の自分が見えていないからだろうし、それを教えない大人も多くいるからでしょうね。マスコミに笛を吹かれて、思い切り踊ってしまった訳です。

シチューパンさんはそれこそ修学旅行に関しては、あれこれ感じたり言いたいことも山ほどあるでしょうね。先日のブログでもご紹介されていましたが、とにかく様々な出来事が発生します。添乗員を除けば先生達の連携で乗り切った観がありますが、うまくいって当り前のイベントです。先生方のご苦労が手に取るようにわかります。

小学生は1泊2日。公共の場(駅)や乗り物内でのマナーを学ばせるとしても、距離的にはやはり遠いと感じました。息子はレクリエーション担当で、宿での時間や移動時間中はフル回転だったそうです。ですから景色を見る余裕も無かったし、見学中の印象はほとんど残っていないそうです。同じ町内の3校がまったく違うコースを選択し、でも行く先は毎年同じ。父兄の声は反映されているのかな・・・。

息子に聞いてみました。
「また日光へ行ってみたいか?」
「もういい。調べていったけど実物見てもあんまり感動しなかった。」
どんなもんでしょう。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 13時40分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

こんにちは♪
先週の前半までは、20度以上あって暖かかったのですが、この週末は急に冷えましたね。
娘の風邪のことを心配していましたら、こっちまで風邪をもらってしまって、今は元気なのは娘だけになってしまいました;汗。
ギターオヤヂさんは、お元気でしょうか??

さて、亀田親子のことですが、みなさんもギターオヤヂさんも書かれておられますが、ボクシングコミッションやテレビ局などの煽りで、自分たちは強い、強ければ何をしても許される!と彼らは勘違いしてしまったのでしょうね。
試合前に内藤選手に対して、ゴキブリ発言などは、もう語る必要もないですよね。礼儀やルールがなくなってしまったら、スポーツなんて成り立ちませんよね。
テレビなどで、小さい子供が彼らを見て、ああなりたいなんて思っては欲しくなかったので、今回のことで、礼儀やルールを守らないとこうなるってことを学んだら良かったのでは…と思います。
(ただ、兄弟たちに対しては、将来のある選手ですので、この際、父親から離れて、独り立ちして頑張って、ルールにのっとって、勝照るようになって欲しいと思います)

彼らのことは、同じ年頃を持つ親としては、彼らの父親にやはり不快感を覚えます。42歳にもなって、自分だけでやっていこうと強引にしてきたことと、反則をしたのは、大毅選手一人のせいにして、自分はいまでも、明らかにテレビで放送されているのに、それをどう捕らえられようが認めないっていうのに、呆れてしまいます。
子供の親なら、子供を守る!!せめてそれだけでもして欲しかったです。
大毅選手が謝罪会見で何も言えずにいたら、「我慢しろ・・・」と言ってましたよね。「ここはきちんと自分の口で謝れ」と言うのが親であり、ボクサーとしての責任の取り方でしょうに、それをさせず、我慢って??
何を我慢するわけ??と不快に感じました。

悪いことをしたら、親として子供に責任を取らせるのが、大事な親としての姿勢で、親も一緒にどんなことを言われても、正直にまっすぐに受け止めるという態度だったら、きっと子供もまた立ち直れると思うのですが、あれでは、子供は誰を頼りにしたらいいのでしょう??
18歳といえば、半分大人で半分子供です。(これは私の考え方ですが)
親の背中をまだ見ている年齢です。
いつかは親から自立しないといけないので、今回のことをきっかけに、親も子離れして、また兄弟は親離れして、周囲の大人に身を預けて、またひた向きにやってきけば、勝ち負けだけでなく、もっと大切なことを学べるのでは…と思います。
親子で一心同体でやっていくっていうのには、限界がありますし、親の思い通りになんてなる方がおかしいですよね。
過剰な期待や親の思いが、大毅選手に反則をしてまで勝つことに執着してしまったようにも感じますので、(反則負けをして、完敗したのではなく、反則して負けたことにしたかったのでは?という話もありますが)過剰な期待で、あんなボクシングの試合ではないような、恥ずかしい試合をしてしまったんだろうと思ったりします。

親も子離れして、子供も親離れして…・・・・
これは我が家でも同じことが言えるので、あの親子を見て、自分たちだけのやり方で凝り固まるっていうことの危険を悟ったような気がしています。
(みなさまと同じようなコメントなのに、長々とした文になり、まとまりもなく、すみません;汗)

また、修学旅行については、こちらでは、小学生は阿蘇と大分の地獄めぐりと城島公園遊園地でした。(今は違うかもしれません)
娘の時は、雨でしたので、阿蘇では何も覚えてないそうですし、遊園地でも乗り物にも乗れないでただブラブラしただけのようです。
先生方も、いろいろと考えられてのことでしょうが、雨でも少しは楽しめるとか、思い出に残るような場所が入っているといいのでは??と思いました。
お天気ばっかりは、どうしようもないとは思いますが、九州なら、長崎の出島とか、原爆資料館なら、雨でも見られますので、家族で旅行に出かけてから、戦争や歴史に興味を持った子供らを見ていると、歴史や遺跡や(吉野ヶ里遺跡)資料館などといった、天候にもあまり関係のない場所というのもいいのでは!!と思いました。
また、中学、高校などでは、こちらでは近いせいもあるのでしょうが、韓国に行くという学校が増えてきました。
親の希望などもあってそうなってきたのかもしれませんが、それなら沖縄などでも、戦争の爪あともありますし、沖縄の勉強をすることで、歴史にも興味が出てくるかもしれませんので、海外よりは、国内で、歴史や地理などに興味が持てるような場所もいいのではないかな?と思います。
ここからは、なかなか四国には行きませんので(結構不便ですので)高知や、松山などから、歴史や文学に興味を持つようになるかもしれませんので、四国でも(ここからですと)いいのではないかな?って思っています。
たいした意見ではなくて…すみません・・・・。
何より、子供が何かに興味を持つきっかけになったり、楽しく過ごせるのが一番ですね!!


2007年10月22日(月) 16時31分 | URL | 編集

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤヂさんへ

補足です♪

中学と高校はちなみに違う学校でーす。もちろん、市も違うのですが。。。(かなり離れてるかも。。)
実は私の中学からは2人しかその高校に入っていなかったので、まー仕方ないかなー。

長野のスキーか、九州一周か、でした。
多数決で決まったのですが、なぜか私達のクラスは北海道だ!って、強気に言っていて(実は同じ中学の子も同じクラスだったのですが)、担任ががんばってくれたのですが、今までの積み立てでは少し足りないからって事で、、、。行き先は九州でした(私的には長野より良かったけど。。。)。多分その時から、私は九州に縁があったのでしょう。

私達の少し下の学年からは候補に北海道も増えたそうです笑。

2007年10月22日(月) 19時44分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

風邪の方は大丈夫ですか? 空気もだいぶ乾燥してきました。くれぐれもご自愛下さい。

亀田一家の騒動は今日も報道されていました。未だに取材と称して彼らを追い回しているマスコミがいるからでしょう。関係者のコメントが取れなくなると、後援会の人たちや小さい時に隣に住んでいた人とか、あらゆる手を使ってエピソードを引き摺り出そうとしています。
協栄ジムとの今後の関係を報じていましたが、あの会長も計量時に亀田選手の暴走を笑みを浮かべて見ていたひとりです。さすがにジムに火の粉が飛んできて形相が変わりました。大人たちがそれぞれに責任を問われています。

長崎の原爆資料館は高校の修学旅行で行きました。とてつもない衝撃を受けて、そのあともこれまでに2度足を運びました。小学生でも十分に戦争の悲惨さを勉強出来る場所だと思います。もちろん個人で広島へも行きました。
団体で見学出来る場所、グループ単位で行動可能な場所、シチューパンさんも仰ってましたが遊べる場所も修学旅行の大切な要素ですね。関わった全員の意見をインタビューして、行き先も含めて改善すべきところはする柔軟な考え方も必要だと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

2007年10月22日(月) 20時02分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

放送中に小坂Pも言っていましたが、行き先が選択出来たそうなんです。その行き先はと言うと北海道・信州でのスキー・韓国だそうで、その年は信州でのスキーが1番人気だったそうです。なんか普通のスキーツアーのような感覚ですが、北海道で大自然に触れたいっていう生徒はいなかったんでしょうかね~。
はらぐろさん北海道をリクエストしたんですか? やっぱり北海道って憧れますよね。オヤヂも生まれ故郷のクセに憧れてますもん。行き先を選択する時点から修学旅行って始まっているんですよね。

2007年10月22日(月) 20時18分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。