続・歌付き教育講演会 in 富士市

「講演会をやります」と書いただけで、すでにたくさんの方からコメントをいただきました。ありがとうございます。「決して堅苦しくない講演会、しかもそれぞれにあの時聴いたフォークソングも付いてきます・・・」こんなキャッチフレーズで公表したところ、これまでに県内外からオファーやら問い合わせが多数寄せられています。もともとリッキーの人柄や講演の内容が評価されているからこその結果です。おおよそ90分に渡って話を聞くのは、よほど興味のあることでなければ集中力は続きません。だったら途中に歌を挟んで一息入れようというリッキーの発案から始まりました。今回もこのスタイルを快く受け入れていただいた、富士市子ども会世話人連絡協議会事務局/小澤美砂子さんに感謝です。

先日の記事にレジュメの一部を掲載しましたが、リッキーは話を始めるとその際の聴講者の反応や会場の空気を読みながら、臨機応変に内容を変化させます。これはラジオの展開とまったく一緒。講演会はもちろんすべてお任せなので、慌てることはまったくありません。年配の方が多かったので以前の浜松での「事件」を紹介して笑いを取りながら、遠まわしに「動員」がなかったかを確認。約50名の中で苦笑いしている方がいらっしゃらなかったのでひと安心でした。

fuji1.jpg

親はこどもたちのために進んでPTAに参加してる?
会長を決める際、父兄は大抵の場合尻込みをしませんか? 立候補を募って希望者がいなかった場合、次の手段はジャンケンかアミダ。ジャンケンは勝ち抜きではなく負け抜き。最後のふたりになると「恨みっこなしね」とか言いながら勝負。勝った方はガッツポーズだし、負けた方は憔悴しきった表情で、「実は家族に入院している者がいて・・・」と情に訴えたりする親御さんもいるそうです。
アミダは「決定」の場所に「×」が書いてあったりして・・・。そこまで自分のこどもが通っている学校の会長の仕事を敵対視しなくてもいいでしょう。こんな状況の中、リッキーは会長に立候補しました。しかも3年間連続で。その間中常に「楽しい」ことをアピールし続け、娘さんが6年生になった時の役員決めで再び立候補した時、他の親御さんから
「ずるい。」
と言われたそうです。
「そんなに楽しいのなら、私にもやらせてほしい。」
リッキーはそれを聞いてシメシメと思ったそうです。まさに3年越しの作戦が実を結びました。もちろんそれほど楽しい訳ではないでしょうけど、それを貫き通して手を挙げなかった親御さんの気持ちを動かしたんですからね。
「それでもダメなら、究極の解決法があるんですが・・・」
という話もしましたが、これはオフレコにさせて下さい。聴講者のみなさんは大きく頷いて拍手さえ起きました。こどもたちのことを思えばこそ・・・。ある中学校ではその解決法を取り入れてから、役員決めでもめることはなくなったそうです。

観察学習(モデリング)って?
アルバート・バンデューラという教育者の理論だそうです。例えばテレビゲームをしている人の横でずっと眺めているだけで、いつの間にかそのやり方を覚えてしまいます。平たく言えば、こどもは親の日常の態度を見て様々なことを学習しているというのです。態度や言葉遣いが顕著な例かもしれません。好ましくない言葉を何の抵抗もなく遣ってしまったり、モラルに反することをしたり見たりしても、それが当り前のことだと認識しているのです。親だけではありません。前の車から吸殻やゴミが捨てられるのを見ると、やってはいけないことの判断が出来なくなってしまうそうです。

また、一時期頻繁に発生した「オヤジ狩り」。弱者を徹底的に痛めつけて、時には死にまで至らしめました。
「俺たちは町をきれいにしている。」
加害者の少年達の言い分です。これも親の観察学習の影響なんだそうです。小さな時期からホームレスを指差して、「汚い」「臭い」「落ちこぼれ」などという表現を、こどもたちの意識の中に植え付けてしまったからです。そのうちニュース等で、ホームレスの暮らしぶりや住民とのいざこざを見て、自分たちよりも社会的立場の弱いことがわかると、攻撃的な感情が芽ばえてくるのだそうです。

リッキーはまとめに、こんな結論を提示しました。
《今、こどもたちに最も必要なのは「お手本」的価値のある父母&オトナです》
こどもには「人の話をしっかり聞きなさい」という親が、参観日やPTA総会などではおしゃべりをやめない。「決められた場所以外にゴミを捨ててはいけない」と言う反面、オトナたちが捨てたゴミを中学生に奉仕活動と言って清掃をさせる。それをこどもたちに突っ込まれると、あらゆる尤もらしい理由を付けて、「オトナはいいんだ」のような言い訳をします。これを「ダブルスタンダード」と言います。リッキーは、
・ずるいオトナたちの「反面教師」論や「ダブルスタンダード」が理解出来ればオトナ初心者かも
・「自分に出来ない」事を「こどもにやらせる」のはやめよう
・「やらせる」事より「やって見せる」事が大切

このような講演の結びを聴き、改めて自分の生活態度や言動を思い返したりしました。ヨイショするつもりは毛頭ありませんが、まさに子育て真最中の身としては、歌いながらもあれこれと考えさせられた講演会でした。

fuji2.jpg

自分はリッキーの足を引っ張らないようにと常に心掛けています。リッキーは自分との音楽活動を「先生と呼ばれない、最も癒される時間」と言っています。こんな思いが「F&R」の活動の支えになっているのかもしれません。終了後の「ココイチ」のカレーが実に美味かった!

コメント

はらぐろ #mQop/nM.

ギターオヤヂさんへ

おつかれさまでした。

確かに90分は集中力持ちません。歌はいいアイデアですね。
そして、ギターオヤヂさんも、無理しないよう、
ほそーくながーく、お休みとりながら、リッキーさんとの活動楽しんでください。

ココイチ、久々に食べたいな。私はゲソとほうれん草のカレーが好きでした。そして、外せないのが、らっきょでした。関西ではまだお店を見たことがありません。どこかにあると思いますが、福岡は結構どこにでもあったから☆。来年からココイチ値上がりって今日ニュースで見たような。。。はー、食べたいなー。やっぱり食欲の秋ですね。

2007年09月08日(土) 23時55分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

はらぐろさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

はい、無理はしません。というか、もう無理は出来ない年齢ですから(笑)。出来る範囲内で楽しもうと思っています。お気遣いありがとうございます。

「ココイチ」の店舗、関西にもたくさんありますよ。来年から値上げなんですか? それはとってもショックだなぁ。「F&R」またの名を「メタボリック・ブラザーズ」、食欲の秋到来でますます拍車がかかりそうです。困った!!

2007年09月09日(日) 01時15分 | URL | 編集

ピンピンシニア #-

人間の心は生まれたときには白いキャンバスで、その後の人生でいろいろな絵が描かれ完成していくと、誰かが言ったに違いないと思いますけど、子供の頃、偉人の話という本があって、ほかの本に比べればつまらない本を親が買ってきて、そうなると読まないわけにいかなくて、、。
小学校低学年の頃の心は、まだ固まる前の粘土みたいなもので、いかような形にもかえることができそうです。道徳はきちんと教えないといけないですねえ。
で、その偉人の話しをいやいや読んだピンピンシニアはどうなったかというと、それは必要条件の一つであり、それだけではだめなんですねえ。
凡人街道を、さらにわき道にそれて、それにも気が付かず、です。

2007年09月09日(日) 06時31分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

講演会、お疲れ様でした(*^^*)
記事を読んでいて、堅苦しくない
とても良い空気が流れていたと思います(*^^*)

そうですね。
よく「DV」などは、親が平気で子供を殴っていたから
それが当たり前だと思ってしてしまう‥と
何かの本で読んだ事があります。
やはり「差別」「暴力」「悪口」などは
子供の手本となる大人が気をつけないといけないですよね。
きっとリッキーさんも、相方さんがギターオヤヂさんなので
心から癒される時間なんだと思います(*^^*)

「ココイチ」ですね!
この間、初めて友達4人で食べました!
「ホウレンソウ」が入っているのを頼んだのですが
とっても美味しかったです(*^^*)

2007年09月09日(日) 06時40分 | URL | 編集

シチューパン #3p3E4xCk

 何かをしでかして、矯正施設に入れられる子がいます。
 そこで過ごすと、確実に変化を見せます。やるべきことをやって、言葉遣い、礼儀作法、勉強すらも意欲を持って取り組むようになります。
 で、戻ります。
 崩れるのに必要な時間は、本当にわずか。1週間もいりません。
 だって、元々入所のきっかけとなった環境は変化していないのですから、「うるさい」「だまれ」と人の言うことを否定する言葉の飛び交う環境に中では、人の話をきちんと聞くようになった姿勢はすぐに捨てられちゃうんです。

 モデリング。ものすごく大事な大人が自覚すべきことだと思います。
 でもね、でもね。自分が子どもだった時も、こんな大人になりたくないと思った相手はたくさんいたけど、こんな人になりたいって思った人は殆どいなかったような気がします。自分は、行き方の自分モデルを自分で作らなくてはいけなかったので、結構大変でした。
 今の子もそういう子は多いと思います。
 手本になり、憧れになる大人って、難しい。

 私信: Y田君と飲みました。とても懐かしがって会いたがっていました。彼も元気です。

2007年09月09日(日) 06時44分 | URL | 編集

Rickyおやじ #-

もう、「5辛で500㌘!」は止めましょう

いくら「やって見せる」事が大事! 「お手本」としてのオヤジになろう! などと言っても、午後9時過ぎの「5辛で500㌘!」は止めようと思います
「5辛」になると、カレーの色が赤っぽい… 明らかにトンガラシ系の怪しい色合いだし…

もち論、今でも文章書きやら講演やらなにやらで、「ピン(一人)」で展開する仕事の方が多い(こんなんでも大学教員なので)人なのですが、相棒ギターオヤヂ/スナフキン師匠とのジョイントベンチャー「歌付き講演会」は面白くてたまらないです

本物のライブではギターオヤヂ君が、講演会だと久保田がMCを務めますが、全体的なノリはいつもの「Ricky's Brunch」@FMボイスQ(77.7メガヘルツ)そのまんまです

説教訓示説法訓告的講演ではなく、これからも「こんなんでいいのかな~」「いかんのじゃないかな~」「ねえ、おとっつぁん?」風の問題提起風「歌付き講演会」を「無理はしない&楽もしない」で続けていきたいと思いますので、お気に召したら呼んでやってください
「一仕事後のカレー」のために、あちらこちらへフラフラ出かける「メタブラ二人組」です

業務連絡→ギターオヤヂ君
祝!2万ヒット でも、じっと考えてみて、それだけの人の前に曝されているというのはある意味怖いね…
晩飯抜きで帰宅した方がよかったかもね(笑)
オイラもヨレヨレざんした

2007年09月09日(日) 06時47分 | URL | 編集

カプチーノ。 #-

ギターオヤヂさん、おはようございます。

現在、小・中学校の両役員をしておりますが、選任連絡を受けた当初は 丁重にお断りいたしました。
ですが こちらの地域は、理由関わらず 100%強制なんですよ。
決まったからには自責を持ち、お仕事の調整をし、役員会議や行事への参加 etc 心がけております。
先生方や PTAの方々との コミュニケーションの場ですよね。
今の時代、子供たちのことを守る意味でも、大切なルートだと思っております。
正直、大変だな~ と 思うコト ・・・ ありますよ。
ですが、育児と同じ? 大変さを楽しみに気転させながら こなしております。

"親の背を見て子は育つ" 点と線で結びつくようなものですよね。
恥ずかしながら、親は 時代の象徴(モラルの低下)なのかも知れません。
うちの子は どーの、こーの ・・・ なんて、理想と現実のギャップを語る親が多いですけど
"褒めて育てる" もっと、我が子のいいところを見つけてあげましょうよ。 って思います。 
子供との程よい距離感の中で 温かく見守りながら、時に厳しく、時に優しく。

"お手本" 難しい課題ですけど、まずは心掛けが大切ですよね。
ギターオヤヂさんから、教わるコト多し、です。 ありがとうございます。

2007年09月09日(日) 09時58分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

無理やり偉人伝を読まされた記憶は自分にもあります。結局何がどうなのか、さっぱり理解出来ませんでしたが。渡されて読めと言われても無理な話です。
こどもって、毎日の生活の中で笑ったり泣いたり怒ったり痛い思いをして、その経験から道徳や社会の仕組みを学んでいくんですよね。生きた手本が1番です。自分も息子たちには、そう心掛けて接しています。

2007年09月09日(日) 20時51分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

講演会の雰囲気は、聴講者の方々の向き合い方で変わってきます。前から見ていると、真剣な方からは眼力を感じます。メモを取る取らないに関わらずです。それを感じると、我々のエンジンも全開モードになります。

DVは深刻な問題です。矯正させたからといって、簡単に消え去るものではありませんよね。これまで植え付けられた恐怖心や生きるための気力を奪われた心を、ゆっくり時間をかけて取り戻してあげないといけません。環境を変えたり叫びに耳を傾けて・・・。

「ココイチ」今度ご一緒しましょうか。カレー食べながらの写真の話、きっと楽しいひとときだと思います。

2007年09月09日(日) 21時12分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

人の気持ちって自分ひとりが努力をしても、置かれている環境を省みないとその努力は水の泡になってしまうんですよね。矯正しなければならなくなった原因が当人だけのものだと思い込んでいるのなら、それはとんでもない勘違いです。

自分もね、こんな足だから「かわいそう」と声をかけてくるオトナはたくさんいました。でも、そういう言いっ放しのオトナにだけは絶対になるまいと、子ども心に決めてましたよ。

Y田かぁ、懐かしいです。まだログハウス建てているのかな? オヤヂも会いたがっていたと伝えて下さい。

2007年09月09日(日) 22時19分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

Rickyおやじさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

7日はお疲れ様。自分たちが想像していた年齢層よりもずっと上だったんでちょっと構えてしまったけど、動員ではなかったので安心した。拍手をもっての入退場はなかったし、胸に大きな花を付けることもなくてよかった。すんなり始って冒頭からの掴みも手応えがあった。PAの組み立ても手際がいいし、ほぼ形が出来上がってきたのかなという感じ。

ただ、「5辛で500㌘」はやめた方がいいよ。明らかに食いすぎ。

2007年09月09日(日) 22時51分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

カプチーノ。さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

カプチーノ。さんがPTAの役員を、そのような気持ちでされていることに安堵しました。6月に講演をさせていただいた小学校の会長さんもとても前向きな方で、全体がうまくまとまっている印象を受けました。

>大変さを楽しみに気転させながら こなしております
自分がお礼を申し上げるのも変な話ですが、言わざるを得ない心境になりました。カプチーノ。さんのようなオトナがいてくれることが、本当にありがたいとしみじみ思いました。

核家族化が以前にも増して顕著になってきています。親を窘める親がいないことで物事の判断基準が曖昧になっているから、こどもたちにも多少の影響が出ているのかもしれません。親自身の社会学習が必要なんでしょうか。

こちらこそカプチーノ。さんからたくさんのことを教わっていますよ。

2007年09月09日(日) 23時40分 | URL | 編集

副社長 #RbGeqkE.

若者の悲しい事件の報道に接するたび
『希望』がないんだろうな、『大人になる希望』『生きる希望』が、ないんだなって思います。
今はこんな自分ですけど、
『あのおばちゃん、いつも元気だね、楽しそうだね』
『あのおばちゃん、なんかイキイキしててかなわねぇな』
って少しでも面白い大人に成長したいって、思っています。*^^*

2007年09月10日(月) 00時36分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

お会いしたことはありませんが、記事から察するにいつもハツラツとされていて、何に対しても興味を持たれる好奇心旺盛な副社長さんというイメージです。興味を持つというのは、とても素敵なことだと思います。

自分も音楽を通じて、
「あのオヤジ、その辺のオヤジとちょっと違うんじゃない?」
と言われるのを夢見ています。

2007年09月10日(月) 01時05分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

おはようございます♪
今回も、観客のみなさまと一体の講演会とコンサートになったようで…良かったですね♪♪
もう例のおばちゃんたちのことは、大丈夫ですね♪♪
テレビで「KY(空気読めよって言葉のことらしい)」をやっていましたが、確かに空気が読めない…KYさんが多くなっている気がしますので、自分もしっかりおばちゃんなので、そうならないように!!と気を引き締めていつもギターオヤヂさんの記事を読んでいます。(お調子者の私ですからね;汗)

また、PTAの役員さんの話ですが、私は頼まれたら断れないところがありますので、役員さんを引き受けさせてもらったことも過去に何度かあります。楽しいこともありましたし、子供たちだけで留守番させないと仕事ができなかったこともあり、子供に寂しい思いをさせたこともありました。全てがとても勉強になりましたし、他の親御さんや先生方の大変さも知ることができただけでも、やらせて頂いて良かったと思っています。
ただ、大人社会でも、いろいろなしがらみがあり、「出る杭は打て」だと思うのですが、嫌なこともありましたので、リッキーさんのような方がうちの学校にいたらなぁ~・・・って思っています。
上に立つ人次第で、まとまらない年もあったからです。(抽象的な言い方ですみません)
みなさん、同じ子供がお世話になっている……といったことは共通しているのですが、年齢などで判断されることもありますので、お互い様といった助け合いや譲り合いの気持ちがあるともっともっとみなさんが無理のない形でやっていけるのでは…と自分の体験から感じました。
(たいした体験ではないのに…偉そうにすみません;汗)
要は、何にでもいえることだと思いますが、「思いやり」の気持ちですよね!!
「思いやりをもって~」って、私にとっては難しいことですが、できることからやっていこうって思っています。

2007年09月10日(月) 10時47分 | URL | 編集

frusic #qqvQ5iVU

私もそう思います。
戦後、一生懸命働いてきた親たち世代には
感謝してもしきれないほど感謝しています。
しかしながら、それが強く出すぎているせいか
後継者を育てることができなかったような気が
します。
何かを提案すると、頭ごなしに否定する親が
多いです。どうして、もっと、余裕な態度で見守って
くれないのかと思います。

結局、一生懸命の裏には何もなかったような
気がします。そこに強い意味があったならば、
それが自信となり、私たちはそこを感じることが
できただろうに。と思います。

しかしながら、批判ばかりでは前には進まないので、
受け入れてくれるまで、言い続けます。(笑)

私も親父といつもぶつかっています。

2007年09月10日(月) 17時53分 | URL | 編集

まさ@浦河 #mQop/nM.

フムフム、これはなかなか面白い作戦ですね。
小学校の頃、クラス委員とかなんちゃら当番なんてものは誰もやりたがりませんでした。そんな子供達が大人になったとこで結果は目に見えてますよね。要するに面白くなくて、面倒くさい。
 それを実はそうじゃないんだよー、って徐々に洗脳していく(笑
おいらもこのレンズ高いけど、ホント楽しいだよって妻を洗脳してみようかしらん?(笑 
 冗談はさておき、子供達の手本になる大人は当然今の時代とても必要ですよね。そしてさらに思うのは、大人のお手本になる大人まで何だか必要な気がしてならない今日この頃です。

2007年09月10日(月) 19時11分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

実際に役員に就いたことのある方なら、痛いほど状況がお分かりになると思います。大勢の取りまとめや先生方とのコミュニケーションが、大きな負担だと始めから思い込んでしまうから、なかなか手が挙らないと思います。誰だってなるべく穏便に暮らしたい。でも、次の世代を担うこどもたちの大切な学ぶ場所だということを認識してほしいです。

若い親御さんに顕著なのですが、団体での行動がひどく苦手のような気がします。核家族化が進み、加えて干渉したがるのに干渉されたくないというのが、その理由のひとつのように思います。楽しくもない場所に大勢で集まるのはどうも苦手で、決めるものも決められない。黙っていれば誰かがやってくれるだろう的な考えがあるからかもしれません。こういう態度も、こどもたちはしっかり見ていると思うのですが・・・。

2007年09月10日(月) 21時15分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

frusicさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

俗に言う「ガンコ親父」ですよね。うちの父も自営業を長くやっていましたから、そのお気持ちはよくわかります。自分の積み上げてきたものが100%だと思っているから、提案なんかしようものなら即座に持論を展開して却下です(笑)。「そんなこたぁ出来るわけがない。」って。

生活の糧としてわき目も振らずに働いてきたわけですから、考えるよりも先に体が動いていたのかもしれません。人の話に耳を傾けることは、共存するための第一歩ではないでしょうか。威厳や地位で人は動きません。時間がかかってもfrusicさんのように言い続けることって、とても大切なことだと思います。

2007年09月10日(月) 22時16分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

まさ@浦河さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

こどもの頃って当番やら役を任されても、それがクラスのため自分のためとかってなかなか考えられないですよね。でも、オトナは考えてほしいです。多くの人と関わりを持って様々な刺激を受けて学習して、その延長線上に自分がいるわけですから。

オトナの手本になるオトナが必要・・・どこまで遡れば「美しい日本」(爆)を作り上げられるオトナに出会えるんでしょうか。

趣味のものを購入する時カミさんを洗脳しようとしますが、下心が邪魔をしてなかなか術中にはまってくれません。いい案があったら教えて下さい(笑)。

2007年09月10日(月) 22時34分 | URL | 編集

蜩 #-

はじめまして。

蜩と申します。これからも宜しくお願いします。
PTA(地元では、育友会)役員は小学校、中学校どちらも経験しました。
確かに、決める時のあの戦々恐々とした空気は嫌でした。立候補はしませんが、決まったらやる気だったので、即OKしました。
リッキーさんじゃないですけど、私もどうせやるなら楽しくやろうと、行事をたのしくしていきました。メンバーにも恵まれていて、みんな子どものためなら!って張り切ってやってました。すると、他の人たちが気にし初めて、協力してくれたり、応援してくれたりでちっともしんどくなかったですね。むしろ、楽しくて!あっという間の1年でした。
次年度の役員さんの中に2年連続引き受けて下さった方が2人もいてまたまた盛り上がっていました。
しかし、中にはよく思わない方もいらして、そんな方達ばかりが役員になった年は悲惨でした。
大人が良い見本を見せることは大事ですね。いやいやしてたら子どもにもわかってしまいます。弱いところも見せないと、大人も人間なんですから、オーバーヒートしちゃいますよね。

長々とすみませんでした。また寄せてもらいます。

2007年09月10日(月) 23時50分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

蜩さん

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。拙文だらけのブログにコメントをいただけてうれしいです。よろしくお願いします。

この記事にコメントを下さったみなさんは、役員に就かれてから楽しくやろう、楽しんでやろうという方ばかりなので、とてもうれしく思いました。こういう親御さんばかりなら、こどもたちも幸せだろうなって。

こどもの手本になるということは、強い部分も弱い部分もすべて見せてしまうことだと考えています。蜩さんのお子さんへの向き合い方は、まったくその通りだと思いました。本当にこどもはオトナをよく見ています。こどもなりの向き合い方に、日々オトナも成長させられているんですね。

またいつでもお立ち寄り下さい。お待ちしています。

2007年09月11日(火) 01時22分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。