寝台特急「さくら」の想い出

これまで旅をする上で最も利用したのが寝台列車でした。ところが新幹線網が整備されるのに比例して、特急や寝台が統合されたり廃止されているのが現状です。今や時刻表から寝台列車を探すのも至難の業。乗ってみたいと思ったところで、自分ひとりが楽しむわけにもいきません。

2005年2月28日に、46年間の歴史に幕を下した老舗寝台特急「さくら・はやぶさ」号。その17日前に沼津~長崎間を個室寝台を利用して旅をしました。自分のHPに掲載したものをご紹介したいと思います。

2月28日で46年間の幕を下ろすことになった寝台特急「さくら・はやぶさ」。その最後の姿を目に焼き付けるために、沼津~長崎間を往復してきました。過去6回乗車しましたが、熊本行き「はやぶさ」と併結されてからは初めての乗車。しかも、これまた初めてB個室(18室)を利用して、往復33時間の旅を満喫してきました。平均乗車率29%なので、楽に切符が取れるだろうとタカを括っていたのが大間違い。個室だけは常に100%で稼動していたんです。すったもんだした末にようやくGET。ひと安心しました。

19:52、沼津駅2番ホームに直流電気機関車EF66に牽引された「さくら」が定刻で到着。逸る気持ちを抑えながら、いよいよ「さくら」に乗車しました。個室に入るとすぐに検札。「お客さんで個室は満室になりました」と、車掌さんから告げられました。個室にたどり着くまで普通寝台の通路を歩きましたが、さすがにカメラを抱えた鉄道ファンが多く、車内は異様な雰囲気が漂っていました。個室は狭いながらも快適で、プライバシーが完全に守られるのは大きな強味です。明かりを消して、名前もわからない駅を通過していく様子眺めていると、国鉄完乗していた頃を思い出しました。あっ、もちろん当時は個室なんてありませんでしたが。

翌日になるとファンの盛り上がりはさらにエスカレート。機関車を付け替える下関、門司、そして「はやぶさ」を切り離す鳥栖では、停車するや否やファンが前方に殺到。ホームで待機していたファンと併せると、その数ざっと50名ほど。この時は殺気を感じるほどでした。

沿線にも三脚を構えたカメラマンがあちこちに見られ、「廃止人気」の高さにただただびっくり。そんな栄光の瞬間とは裏腹に、単線でカーブの多い長崎本線に入ると、その速度は著しく低下。交換待ちだけならまだしも、同じ特急「かもめ」に何度も道を譲る鈍足ぶり。これも去り行く老兵の運命なんでしょう。

13:05、定刻で長崎駅に到着。相次ぐ盗難事件で、ヘッドマークの付いていない機関車を撮影するファン。そして地元メディアが取材を行う等、もう駅構内は「さくら」一色。やがて留置線へ回送され、しばしの休息に入りました。食事や市内の散策をして、3時間50分の長崎滞在の後、上り「さくら」に再び乗車しました。こちらもたくさんのファンに見送られ定刻に発車、今度は東京への長い旅路に就きました。


20070903200308.jpg

19:52 沼津駅に「さくら・はやぶさ」が到着。旅の雰囲気が最高潮に達する瞬間です。

20070903200707.jpg

今夜は個室寝台14(5)系の車体番号2002に乗車。

20070903201054.jpg

寝台の内部。2階部屋なので天井の圧迫感がありません。快適な空間です。

20070903201305.jpg

一晩わが城になる部屋の鍵。現在ではカードキーが主流ですが、当時は家の玄関ドアの鍵と何ら変わらず。

20070903201751.jpg

22:44 名古屋着。わずか3分間の停車時間に、キヨスクで食料を買い求める客で店内は一時パニックに。見ていて怖かった・・・。

20070903202549.jpg

23:09 岐阜着。この時間になると駅も車内も静寂に包まれます。夜行列車ならではの情景が目の前に。

20070903202740.jpg

8:38 下関発。機関区にたった今任務を解かれたばかりのEF66(手前)が、疲れを癒していました。


20070903203410.jpg

10:20 鳥栖着。ここで併結の「はやぶさ」が切り離されます。このイベントにも、ファンはホームを右往左往。

20070903203747.jpg

13:05 長崎に定刻着。さすが日本のダイヤの正確さは世界一。赤い交流形電気機関車ED76が誇らしげに停車していました。地元のメディアも取材中。

20070903203916.jpg

長崎駅は行き止まり式のホーム。車止めを見ると旅の郷愁がこみ上げてきます。ちなみに北の果て稚内駅は、車止めのすぐ先が海になっています。

20070903204240.jpg

長崎のシンボル稲佐山。頂上から見る夜景は、函館にも劣らないほど素晴らしい! 手前には「さくら」が、3時間50分後の折り返しのために休憩中。

こんな記事をUPしていたら、旅に出たくなってしまいました。こうしている今も様々な人生を乗せて、寝台列車は目的地に向かって走り続けています。

コメント

副社長 #RbGeqkE.

寝台列車は、子どものころにのったことがあります。
旅に出たいです…。

江ノ電を下車して
七里ガ浜、サザンが頭の中で流れて…
そんな頭の状態で記事をアップしましたら
もう無性に行きたくて行きたくてしかたなくなって
今その虫をおさえるのに、苦心しています*^^*

2007年09月04日(火) 00時42分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

旅の始まりは現実逃避です。あまりいい言葉ではないかもしれませんが、逃避の思い入れが強ければ強いほど、思い出に残る旅が出来るような気がします。
今日UPした写真を見ているだけで、もうワクワクドキドキ。副社長さんの「江ノ電を下車して七里ガ浜、サザンが頭の中で流れて…」も、すごくよくお気持ちがわかります。

2007年09月04日(火) 01時06分 | URL | 編集

ピンピンシニア #-

寝台列車。乗ったのは20年以上前のことです。あとは飛行機ばかり。
個室のある列車を見ていると、行ったことのない、ヨーロッパの列車を思い浮かべます。オリエント急行みたいです。

2007年09月04日(火) 06時16分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

寝台列車…
う・羨ましいです!!(≧▽≦)
私も1度でいいから、寝台列車に乗って
旅をしたいです^^

寝台の窓から眺める風景は、電車の音と混じって
格別だったのだろうな~…なんて思います^^
過ぎてゆく風景が、きっといいのでしょうね~・・

はぁ・・私も旅に出たい!(≧▽≦)
早く電車に乗れるようにしたいです^^

2007年09月04日(火) 07時13分 | URL | 編集

こーちゃん #-

僕も若かりし頃、一度だけ寝台列車に乗って東京へ行ったことがあります。
その頃はただの移動手段としてしか考えていなくて、楽しむと言う感じでは無かったのが悔やまれます。
鈍行や寝台列車に乗って旅に出る・・・憧れますね。
同じく、自分ひとりで楽しむわけにはいかないところが、
辛いところです(-_-;)

2007年09月04日(火) 07時20分 | URL | 編集

月子 #-

懐かしい!

懐かしいものを見ました、長崎出身の私としては、
何で乗っておかなかったんだろーと、今更言っても仕方が無いコトを思いながら
改めてみさせて頂きました。
これで一度東京から実家に戻ってみようかと話していたのでよけいに、です。

寝台特急というものに、乗った経験はありませんが、何だか一番旅をしてる感じがします。
変わりゆく景色を堪能し、揺られてのんびりとした時間を感じ、
乗り方によって、疲れることもあるけど、充実した時間を過ごすこともできる。
いいですね~。
年齢を重ねてきてる今、ゆっくりとした時間を味わうこそが、
一番の贅沢なのだと感じるようになってきました。

また、旅に出られましたら是非、お話を聞かせて頂きたいです。(*^-^*)

2007年09月04日(火) 09時48分 | URL | 編集

frusic #qqvQ5iVU

私は乗ったことがありません。
寝台特急というとブルートレインぐらいしか。

ただし?銀河鉄道999は夢があって好きでした。
(関係ないですね)

歴史があり、幕を閉じる・・・寂しいけど時代流れ
なのかもしれません。
鉄道マニアの方の気持ち、何となく分かります。

私の町(生まれたところは、美濃加茂)にも、
基地があるので、毎日何人かが、写真を撮りに
きます。

そういったお話、楽しみにしています。

2007年09月04日(火) 12時24分 | URL | 編集

おばっち! #G/R0oQrY

ご無沙汰しております

お身体の具合は如何ですか?

私は何とか年内に復帰できればいいかなぁと軽い気持ちで毎日を送っております。

確か、「さくら・はやぶさ号」に乗られる時に沼津駅のホームで偶然会ったんですよね。奥様と一緒に見送りさせて頂きました。
私は、鹿児島へ会社の同僚と旅行してきた帰りで、ギターオヤジさんはこれから長崎へ旅行されるというなんかへんな感じでした。
しかも、私は羽田~鹿児島を飛行機で、ギターオヤジさんは寝台特急で長崎へというのもなんかへんな感じだなぁとも思いました。

寝台特急には何年か前に1度だけですが乗ったことがあります。
たしか列車名は「北斗星トマムスキー号」だったと思います。横浜駅始発でスキー板を担いで乗りました。
「北斗星トマムスキー号」には「夢空間」車両(ヨーロッパ調の特別車両)が連結されていたと記憶しております。

この列車での一番の思い出は、深夜に青森駅(車両基地?)で機関車を交換するために停車するのですが、レールしか見えない雪一面の景色に街灯がぼんやり光っていてなんと表現してよいかわからないくらいすばらしい光景でした。

今まで妻と4回程北海道へ旅行しましたが毎回「寝台特急北斗星号で行きたいね」と計画するのですが予約ができなくて諦めています。
次回北海道へ行くときは「寝台特急北斗星号」で行きたいですね。しかも冬にね。

2007年09月04日(火) 22時00分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

寝台列車に個室が登場してから久しいですが、鉄道に求めるのは速さと快適さなのだと思います。新幹線が整備されていけば、いずれ全廃という憂き目に遭うでしょう。
やはり「オリエント急行」のように、いくつもの国境を越える列車の旅でなければ、設備を充実してもその存続は難しいのでしょうね。

2007年09月04日(火) 23時34分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

もし海月さんが寝台列車に乗ったとしたら、一晩中眠らないで窓の外を見ているんじゃないかなって思いました。午前2時を過ぎると、運転停車といって客の乗降をしない停車を何回か行います。外を見ると新聞や郵便物を下しているんです。それが終わると空が白々と明けてきて、見たこともない風景が次第に姿を現します。これが夜行(寝台)列車の醍醐味だと思っています。

カメラを抱えての女性のひとり旅、考えただけでぞくぞくしてきます(病気か!)

2007年09月04日(火) 23時44分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

こーちゃんさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

以前に乗られたことがあるんですね? 確かに寝台に乗車する目的は様々ですから、自分のように楽しい時間を過ごす旅人ばかりではありません。

旧国鉄の全線走破を目指していた頃、お金もないのでもっぱら夜行急行を利用していました。硬い座席に身をかがめて寝るのですが、寝られない人は向かい合った席同士で会話が始まります。上野から青森へ向かう「津軽」や「八甲田」をよく使いましたが、江戸弁・東北弁・北海道弁が入り混じった思い出の夜行です。「北斗星」や「カシオペア」は、どうも自分には贅沢過ぎます。

2007年09月04日(火) 23時58分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

月子さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

長崎ご出身の月子さんの登場をお待ちしてました!
「さくら」には乗られたことはないんですか。関東にお住まいですから、飛行機でというのが1番便利ですものね。でも、夜行列車の美味しい部分が書かれてあったので驚きました。その通りなんですよ。

「さくら」はなくなってしまいましたが諦めないで下さい。京都~長崎に「あかつき」が設定されています。20:02に発車して長崎へは8:55に到着します。2人用の個室もありますから、ご主人とラブラブの一夜を過ごせますよ~(笑)。

2007年09月05日(水) 00時16分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

こんばんは~♪
寝台特急は、学生時代に何度か乗ったことがあるだけですが、その頃は個室があったのかすら覚えていません。というのは…自分は個室には縁遠く、A寝台・B寝台……どうかしたらC寝台の三段ベッドのような狭苦しいベッドで寝ていたからです。学生で貧乏旅行なので仕方ないのですが…長い間同じ列車に乗ってると、同じように列車に乗ってる方と自然に話をしたりして楽しく過ごせたのを覚えています。
この頃はマイカーでの旅行が主になっていますので、そんなこともないですので…その頃が懐かしいです。(いい時代でした♪)
窓から見える眺めは…どの時間でもワクワクして見ていました。
今は、長距離の時は新幹線か飛行機になってしまいましたので、もう何十年も寝台列車には乗っていません。
寝台列車に乗って…一泊を列車でして…旅行気分で故郷に里帰りしてみたくなってきました・・・♪♪

ところで…
今の地を夜に出て…明け方に故郷の駅に降り立ちたいと思っていますが、そんな寝台列車は今もあるんですかね~?!
(また、写真の岐阜駅を見たのですが、この写真は高架前ですよね?!。この駅を…どれだけ利用したことか・・・;笑~~☆☆☆)

2007年09月05日(水) 00時34分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

frusicさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

寝台特急は電車とブルトレ(客車)の2種類があります。ブルトレは何に乗られたのでしょう? そしてどんな目的で移動されたのでしょう?

旧態依然だった国鉄もJRに移行すると、次々と新しい車両が投入されました。その影には同じ分だけの引退があります。一部保存される車両もありますがそれはほんの一握りです。車両の形式や構造にはあまり興味はありませんが、一度でも乗った車両が引退するというのは、やはり寂しさを感じます。

2007年09月05日(水) 01時01分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

おばっち!さん

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

そうですね、旅立ちの際はカミさん共々見送っていただきました。飛行機もというか乗り物はどれも好きなんですが、やはり景色がゆっくりと流れる列車での旅がお気に入りです。

「北斗星トマムスキー」には「夢空間」が連結されていましたね。懐かしいです。あの発想がやがて「カシオペア」になるのですが、あまりの豪華さにとうとう切符を購入することはありませんでした。

青森駅は長崎駅のように行き止まりなので、前部に付いていた機関車が解かれ最後尾に新しい機関車が連結されるので、進行方向が逆になります。そのイベントの際に夜の雪景色を堪能されたんですね。

北海道へのアプローチは、ぜひ列車を選択して下さい。遠い場所へ出掛ける時はやはり時間をかけなくては、旅をする実感が沸いてこないと思います。自分のようにわざわざ大阪まで下って、「トワイライトエクスプレス」で日本海を北上するのはかなり病的だと思いますが・・・(笑)。

体調はまずまずですが、相変わらず不眠傾向で毎晩2時間ほどの睡眠です。これが改善されれば即復帰なんですが。おばっち!さんも、ゆっくりゆっくり治していって下さい。

2007年09月05日(水) 01時44分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

B寝台の3段ベッドはきつかったですね~。特に中段なんか起き上がるのもままならなかった悲惨なシロモノでした。だんだん知恵が付いてくると、電車寝台のパンタグラフの下だけが2段式なのでそこを狙ったりとか、寝台を取らずに座席車のシートをはずして(笑)、通路側にバッグを差し入れて傾斜を付け、肘掛に頭を乗せて寝たりとか・・・。

紅緒さんがお住まいの地域からでは、「あかつき」に乗車して京都で乗り換え、岐阜羽島駅で下車・・・が1番速いと思います。岐阜羽島駅から岐阜駅まで、名鉄で30分かかるのはちょっと辛いですが。

2007年09月05日(水) 02時10分 | URL | 編集

ちゃーみー♪ #fQIc5cww

こんばんは!下のコメントを終え
すっかり忘れて帰っちゃった・・・
だって、寝台特急大好きe-415なんですも~ん!!
しかも、お~長崎駅!!
お~、寝台特急のベット!と、かなり
興奮気味の私v-410
寝台特急で、旅をしたいな~。
そう、幕を閉じちゃったんですよね!
でも、最後に、「さくら」で、旅が出来て良かったですね!
そして、久々の寝台特急の興奮を
ありがとうございます!!v-421v-410

2007年09月05日(水) 18時54分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ちゃーみー♪さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

ちゃーみー♪さんもブルトレが好きなんでね。今回女性の方の人気が高いのには驚きました。それだけ旅に出ることが好きなんでしょう。これまでもし乗車されたブルトレがあったら教えて下さい。

「さくら」が消えるというニュースを聞いた時は、もう乗るしかない!と思いました。「あさかぜ」廃止の時も乗りましたが、やはり長距離を駆ける「さくら」の方が思い入れは強いです。
まだ僅かですがブルトレも電車寝台(サンライズ出雲等)も残っています。ぜひ、出掛けてみて下さい。

2007年09月05日(水) 19時53分 | URL | 編集

ちゃーみー♪ #fQIc5cww

又々お邪魔します~!

続けて失礼します
ブルトレ、小学校の頃に
長崎の田舎に帰るのに
毎年のように、大阪~長崎?
すいません!子供の頃で
連れられるままに
行ってましたので、何処で降りたかな?
だから、名前も覚えていなくて・・・v-388
でも、ブルトレを見ると
子供の頃の夏の思い出がよみがえってきたり
あの景色がよみがえってくるんですよね~!
到着寸前になると
「あ~、もう降りなきゃいけないのか~・・・」なんてね!
又、久し振りにブルトレで
旅行したくなってきました。

2007年09月07日(金) 18時24分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ちゃーみー♪さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

小学校の頃からブルトレに乗っていたなんて羨ましいです。いつまでも大切にしてほしい思い出ですね。乗りたくてももう走っていないんですから。関西からですと、あの「トワイライトエクスプレス」が北の大地へ誘ってくれますね。時間を作って、ぜひとも乗っていただきたいなと思います。旅先へのアプローチは列車がオススメです。

2007年09月08日(土) 15時23分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。