ヘヘヘ・・・やだもん

相模女子大学オープンキャンパスに行ってきました。「こんなこいるかな」の作者有賀忍先生の模擬授業に出席するためです。特に有賀先生との対面は、まさか叶うことはないだろうと思っていただけに、昨日から緊張していたほどです。

東名を横浜町田ICで下り、16号線を相模大野方面へ向かいました。15分ほど走り、駅に近くなると驚いてしまいました。10年前に「スターダスト・レビュー」のコンサートで「グリーンホール相模大野」に来たのですが、その時の面影がまるでなかったんです。まだ畑も目に付いていたのに、この変貌振りにはただただ驚くばかりでした。

来年4月に「子ども教育学科」が新設されるに当たり、進学を希望する女子高生のために、有賀先生が心のこもった授業を行いました。当然ですが、まわりはみんな女子高生。不審者に見られないよう、リッキーの後をしずしずと1115教室へ向かいました。
教室では、すでに有賀先生が準備を始めていました。リッキーに紹介されて握手、感激しました。
「大したことはやりませんが絶対楽しいですから、いっしょに遊んでいって下さい」
と、笑顔で言っていただきました。Tシャツには何やら新しいキャラクターがプリントされていて、オヤヂは興味津々。

聴講者は30名ほど。中には母親と一緒の生徒もいました。授業のタイトルは『紙で遊ぼう!答えのない世界/表現はたのしいぞ~』。有賀先生の簡単な挨拶の後、さっそく教材(?)が配られました。黒い紙を大きな楕円形をイメージしながら指で千切っていき、どんな向きでもいいから自由に配置します。次に残った紙を小さなパーツに千切ります。それを先に千切った紙に自由に貼り付けていきます。目玉シールが8つ用意されているので、好きな位置に目を付けます。2つでなくても構いません、あくまで自由に。目が付くと表情が出来、今までの黒い塊が生き物になります。今度は名前を付けますが、擬声語・擬態語・擬音語を使うとかわいさが増します。そしてどんな声で鳴くのか、どんな性格なのかを書いていきます。すると世界にたった一つのキャラクターが誕生し、自分が産みの親になる・・・というわけです。

みんな最初は戸惑いながら紙と格闘していましたが、そのうち口数が少なくなって夢中で紙を千切っているんです。その間も有賀先生は生徒の机を回り、「これ、素晴らしいね」「こんなの見たことないよ」と、話しかけていきます。もう教室内が「有賀ワールド」です。
ariga1a.jpg

オヤヂの作品です。名前は「ヨツメンプー」。性格は八方美人で集中力散漫。泣き声は「アレモ~、コレモ~」です。いかが?

50分の授業はあっという間です。それぞれに作り上げたキャラクターを前に、生徒たちはみんな大満足の表情をしていました。
「子供たちにただ紙を渡してやってみようと言ってもダメなんです。まずあなたたちがやって見せて、こんなに楽しいんだということを示さないと。遊びや表現活動は理屈じゃありません。好きだから、楽しいからと心から思える人に、保育者になってほしいと思います」
と、結んで授業を終えました。

その後リッキー共々研究室へお邪魔し、1時間半ほどお話をしました。「こんなこいるかな」で6人のキャラクターは予め決っていましたが、NHKからもう6人増やしてほしいという依頼を受け、ずいぶん苦労されたお話とか、「子ども教育学科」のキャラクターを制作する時の苦労話など、興味深いお話を聞かせていただきました。
「今の子供は目は笑っているけど、心から腹の底から笑っていないんですよ。ひとりひとりに昔の笑顔を取り戻したいんです」
有賀先生のこのひとことが、ズシリと心に響きました。
そして、お約束どおり色紙2枚に「こんなこいるかな」のキャラクターを描いていただき、新しいキャラクターのシールもGETしました。とにかくうれしかったです。感激でした。するとリッキーが、
「先生が着ていらっしゃるTシャツ、大きいサイズを作りませんか? そうすれば僕たちライブで着られるから」
と懇願。先生は笑いながら了承して下さいました。
59歳になられてなお前向きで、子供たちの本当の笑顔を見たいと仰る姿に触れることが出来、忘れられない1日となりました。また、このような機会を作ってくれたリッキーにも感謝です。
ariga3.jpg

夢にまで見た「やだもん」が、先生の手によって色紙へ・・・。

ariga4.jpg

写真撮影にも快く応じて下さいました。

ariga2.jpg

「子ども教育学科」のキャラクターたち。先生の想いが込められているような気がしました。

蛇足ですが、8月25日にリッキーの模擬授業が予定されています。その日、自分も教壇へ上がることになりました。有賀先生を始め、「子ども教育学科」に関わるお二人の先生からもご了解をいただきました。内容的なことは未定ですが、音楽や福祉をテーマにする授業になるかもしれません。ドキドキです。

コメント

シチューパン #3p3E4xCk

 すごく素敵な一日でしたね。
 そうか、「子ども教育学科」が新設されるのですか。今度、進路相談のときに、話題にのせてみようっと。

 8月25日はやはりオープンキャンパスですか?
 見たいし、会いたいし、なのにその日は町内の祭りでジャンボフランク焼いています。(涙
 
 娘も某大学のオープンキャンパスに行き、かなりそそられた様子です。入るためには勉強しないとねっていうのが親の本音ですが、でも、通いたいって気持ちになる機会があることが素敵かなと思います。
 女の子ばかりなので、あがらないようにね。

2007年07月30日(月) 05時05分 | URL | 編集

ピンピンシニア #-

ヤダモンの生みの親の方の顔がはじめてわかりました。結構似ているような感じがします。
新しいキャラクターを作るのに苦労されたというお話を聞き、自分のキャラクターはよくわかるけど、人のキャラクターって、なかなかわかりにくいものなのかなと思いました。

2007年07月30日(月) 05時43分 | URL | 編集

海月 #9xVGaoVI

おはようございます

とっても素敵な1日になったみたいで
良かったですね(*^^*)
ギターオヤヂさんが生んだキャラクターの
「ヨツメンプー」
とっても可愛くって「アレモ~コレモ~」には
思わず「可愛い♪」と声が出てしまいました(*^^*)

有賀先生、とても素敵な方ですね(*^^*)
「子供達が心から、腹の底からわらってない」
というのは、私は子供がいませんが
納得してしまいました・・・
Tシャツ、早く完成するといいですね(*^^*)

今度、教壇に上がるのですね…
ドキドキですよね^^;
色々と準備があると思いますが
負担にならないよう、頑張ってくださいね(*^^*)

2007年07月30日(月) 06時41分 | URL | 編集

紅緒 #TEzGU1vU

こんにちは♪
有賀先生の生の声と生のキャラクターの色紙など、一生の思い出になることばっかりでしたね♪♪(記事を読んでるだけの私も、有賀先生が近くにいるようで…どきどきしていますよ;笑)
ギターオヤヂさんと有賀先生とのツーショットの目が、何となく優しい目が似ているような気がします。人には目力があると思いますが、お二人の目力は、人を優しく包むような目ですね。

先生が最後におっしゃった「子供たちにただ紙を渡してやってみようと言ってもダメなんです。まずあなたたちがやって見せて、こんなに楽しいんだということを示さないと。遊びや表現活動は理屈じゃありません。好きだから、楽しいからと心から思える人に、保育者になってほしいと思います」 は、本当にその通りですね。親の背中が、子供の心を動かすということなんですね。ただ、子供にやれ!と言ってもダメなんですね。
私は、子育てを楽しむ余裕がなく、ただ子供が喜びそうだから、といって絵本の読み聞かせや遊びもしてきたように思います。自分自身が楽しんで参加してなければ、子供にはその楽しさがわからなかったんだろうなぁ~と…今更ながらですが、反省しています。
孫を面倒みる機会や、子供と接する機会があったら、自分も楽しんで、一緒にものを作ったりして、子供と共に表現を楽しんで、自分だけのキャラクターなどを作れるようにしたいって思います。

また、Tシャツは、楽しみですね~♪♪
昔、うちの娘らが、通販で購入した「こんなこいるかな」がプリントされた服を小さい頃に、喜んできていたんですよ。キャラクターは違いますが、ギターオヤヂさんとリッキーさんが有賀先生のキャラクターのTシャツを着られることになったらと…考えるだけで嬉しいです♪♪
ついでに、ギターオヤヂさんの「ヨツメンブー」のTシャツも着替えに作られたらどうですかぁ?とっても可愛いですよ♪

8月も、忙しくなられそうですが、お体には気を付けられて、頑張って下さいね!!

2007年07月30日(月) 16時18分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

シチューパンさん

こんばんは。
大学を卒業してから浜松大学のキャンパスを歩いたことはありますが、やはり少しばかりスケールが違いました。素晴らしい環境でしたよ。こんなキャンパスで学べる学生は羨ましいと思いました。

シチューパンさんのお宅からはそう遠くない距離ですもんね。ぜひお会いしたかったです。ジャンボフランクには勝てませんでした(笑)。
娘さんもそんな年頃ですか。そんな年代の女性に見詰られながら、来月頑張ってきますね。

2007年07月30日(月) 19時53分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

ピンピンシニアさん

こんばんは。
確かに先生とキャラクターは、どこかで被るところがあるなと自分も思いました。新たにキャラクターを生み出すのは、相当なプレッシャーがあるはずです。教材として用いたり、はたまたそれを商品ベースに乗せなければならなくなった時はなおさらでしょう。自分にはとても出来ません。

2007年07月30日(月) 19時58分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

海月さん

こんばんは。
「ヨツメンプー」を生んで(?)、キャラクターを誕生させる楽しさがちょっぴりわかりました。形が決ると、自然に名前や泣き声が浮かんでくるんです。この感覚って不思議ですよ。見事に先生の術中にハマってしまったわけですから。だから、何としてもTシャツがほしいんです(笑)。

自分のような未熟者が教壇に立っていいものかと思いましたが、滅多に経験出来るものではないし、オープンキャンパスだから出来るという部分もあると思います。ただ50分間を過ごすのではなくて、何かメッセージを送りたいなとオヤヂは考えています。応援ありがとうございます!

2007年07月30日(月) 20時08分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

紅緒さん

こんばんは。
先生は素敵なお顔をされていると思いますが、並んでるオヤヂは見苦しくてすみません。3秒以上注視しないようにご注意下さい。
お話を聞いていると、どんどん先生の世界に引き込まれます。いろいろなことをたくさん経験されてきたからですが、絶対にご自身の考えを押し付けることはしません。だからお話が終わると、こちらの話もきっちりと受け止めて下さいます。このことは、普段の会話の中でも大切なことだと思いました。

オヤヂふたりが同じTシャツを着て歌う、不気味な姿をどうぞお楽しみに! 来月のオープンキャンパス、頑張ってきます。応援ありがとうございます。

2007年07月30日(月) 20時19分 | URL | 編集

副社長 #RbGeqkE.

すみません
不真面目な読者で…
あの…
「はじめまして!」
想像以上に柔和なお顔で、
ホットな気分になりました。

2007年08月01日(水) 00時29分 | URL | 編集

ギターオヤヂ #QjtTlS4.

副社長さん

こんばんは。
もう、どうにもいじりようのない顔で恐縮です。写真を開けてご覧になった方々に、不幸が訪れることのないことをお祈りします。
自分も副社長さんのお顔にお目にかかった時、「はじめまして」でしたよね。
「ホットな気分」通り越して、暑苦しい、むさ苦しい気分になった時は謝ります。今後もお見捨てなきよう・・・(恥)。

2007年08月01日(水) 02時47分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。