新型WRXを見てきた

満を持して8月25日に発表・販売となった新型WRXを見てきた。これまで You Tube 等でプロトタイプが登場していたし、クルマ雑誌でもスクープ記事が出ていたので特別驚くことは無かったが、基本的には現行インプレッサG4のフレームを踏襲。系統はリニアトロニック仕様のS4と6MTのハイスペックモデルSTiに分かれる。S4にはLEVORGの2リッター車に搭載されているFA20(300ps 40.8kg/m)が、STiには熟成された現行のEJ20(308ps 43.0kg/m)が搭載された。SUBARUのウリであるEyeSight ver.3 は、STiには付かない。ま、当たり前といえば当たり前か。

まだ試乗車が無いので外見だけの感想だが、パッケージングは良いと思うし、サイズも取り回しで苦労することはないだろう。前方も見やすいし、後方の死角も少ないと感じた。苦手な内装も、最近のSUBARU車の流れを汲んで頑張っているなという印象。強いていえば、Aピラーの三角窓とドアからニョキッと生えたゲンコツ型のドアミラーは好きになれない。特に三角窓は、ダッシュボードが無駄に広いワンボックスカーやハイブリッド車を連想してしまうからだ。「視界は良いですよ」とセールス氏は言っていたが、そういう問題ではないのだ。

価格だが、S4のGTは335万円、GT-Sは356万円。STiは379万円、Type S は411万円となる。これにナビやら最低限のアクセサリー、点検パックをつけると、もう笑ってしまうほどの価格になる。サイズ的には肥大化しなかったが、価格的には高嶺の花になってしまった。購入層はレクサスを所有しているオーナーか。一度は試乗してみるつもりでいるが、どんなにボディ剛性やハンドリングが向上しても、相当に敷居は高くなった。ランエボも消えてしまった今では、こういう面白そうなクルマを作り続けているSUBARUに敬意を表したいと思う反面、豪華仕様がデフォルトになってしまうと、運転する楽しみは減ってしまうのではないかと不安になる。

1408311.jpg 1408312.jpg 1408313.jpg
*写真は S4 GT


スポンサーサイト

チャリティーを考える

またやるんだなぁ、24時間テレビ。このことは何度もブログに書いているので、ほとんど犬の遠吠え状態の感があるが、毎年多くの芸能人が同じTシャツを着て「サライ」を歌う光景が何とも気持ち悪い。身障者である自分が嫌悪感を抱く。何とかならないだろうか。パラリンピックは放送しないのに、24時間だけ障害者や高齢者の周りにタレントが寄って集って感動の押し売りをする。美味しい素材は何でもネタにするメディアのことだから、広島の被災地に触手が伸びなければと心のどこかで危惧している。

そして、ここのところ俄かに話題となったALSの「氷水かぶり」。かぶるか100ドルを寄付するかを選択出来、かぶった本人は次の人を指名することで世界中に広まり、実に100億円の寄付金が集まったらしい。ただ、「氷水かぶり」はエスカレートする一方で、アーティストと称する連中はチャリティーは二の次で、ノリでやっているようなのばかりだし、他と違うことをしようとしてケガをしたり命を落とした人もいる。

チャリティーそのものは決して悪いことではない。何をするのにも資金が無いより有った方が良いに決まってる。ただ、そのやり方に問題がある。生放送中にもし事故があったらどうする? 障害者や高齢者の状態は、健常者には予測出来ない部分が多く潜んでいるし、煽られて寄付をしても後で何も心に残らないのではないかと思ってしまう。メディアが主催するのなら一時の「お祭り」ではなく、年間を通して様々な活動を行うべきだし、限った病気に対するチャリティーなら、その病気がどのようなものなのかを知った上で募金することが本当なのではないか。

ルーク・オザワ氏

「スカイマーク」がA380の発注をキャンセルしたり、次期政府専用機がB777に決定したりと、航空機関係のニュースが続いている。A380って総2階建てで1機420億円もするんだって。それも6機も発注していたなんて、いろんなことで驚かしてくれる航空会社だ。現在の政府専用機はB747、国内の航空会社からはすでに退役しているので、いずれ整備もおぼつかなくなるだろうし、運用は必ず2機で行われるために莫大な費用が掛かる。少しでも燃費の良い機材に代替という訳だ。

今日はこんな戯言がテーマではなく、お気に入りの航空写真家ルーク・オザワ氏の本を購入したという話。「ヒコーキ写真の撮り方」というズバリのタイトルで、ルーク氏の器材紹介から撮影のノウハウがぎっしりと詰まった、ヘタクソな自分にはありがたい虎の巻だ。ルーク氏の作品は飛行機を大きく撮るよりも、点景として飛行機のある景色や光を巧みに取り込んで「空気感」を表現したものが多い。「出来るだけ寄ってデカく撮る」貧乏性の自分にはマネの出来ない技を感じるのだ。ヘリを使って離着陸の瞬間を上空から撮影したかと思えば、誰でも撮影可能な場所での仕事もある。時間になれば飛行機は飛んでくる(欠航なんてこともある)が、天候は行き当たりばったり。何度も同じ場所に足を運んだ賜物だろう。自身のスタイルを惜しげもなく掲載した1冊だと思う。もっともこれをマネしたところで同じような作品が撮れる訳でもなく、ましてや自分は重い器材を担いで移動出来る体ではないので、ルーク氏の世界を知るために購入したようなものだ。

蛇足だが、先日成田へ行った時にメチャクチャ美味いトンカツ屋に入ったら、なんとルーク氏の色紙が飾ってあった。こんな店でひょっこりルーク氏に遭遇したりなんかしたら、きっと舞い上がっちまってイイ歳してバクバクなんだろうな・・・と。航空機写真に興味が無くても写真好きの方なら、ぜひ一度開くことをオススメしたい。

◆ルーク・オザワ氏のwebサイト
ルーク・オザワ

1408543178539.jpg

夏の小旅行に

出掛けてきた。2日間とにかく暑さにやられっ放しで、ペットボトルの水をいったい何本飲んだのか数えきれないほど。オマケにどこへ行っても無風状態で、かなり体力を消耗したのだった。。
道路は快調。保土ヶ谷バイパスはいつものパターンだったが、湾岸とアクアラインはスイスイだった。洋上の海ほたるでさえ無風状態で、タイルの照り返しで暑さは倍増。かき氷が飛ぶように売れていた。遠くには羽田のD滑走路が見えて、夕方はイイ感じなんだろうなぁとひとり想像。ここから30分かからないうちに「東京ドイツ村」に到着した。東京ドーム27個分の広さは圧倒的。クルマで敷地内を回れるように一方通行になっていて、どこにでも駐車が可能。花壇や芝生が多くを占めているので、さぞかし管理や人件費は相当なものだろう。さっそくチビを放し飼いにしたら、芝すべりやアトラクション、水遊び、ふれあい動物園と、食事をするのも忘れて大はしゃぎ。もっとも水分ばかり摂っていたので食欲はイマイチ。軽く済ませて再びザリガニ釣りに夢中になっていた。入場者はいるんだろうけど、あまりの広さに辺りは静まり返っていて、セミの鳴き声の方が五月蠅かった。

成田空港に隣接するホテルへ向かう高速も快調で、少し早く着いてしまったので空港の中に入ることにした。後席で爆睡していたかみさんとチビは、検問エリアで目が覚めたもんだから「何かあったの?」と目をシロクロ。「時間が早いから空港内をドライブする」と言ったら呆れられた。旅行会社に勤めていた時に何度も来ていたから、ややこしい道路もまったく問題なし。第2ターミナルから第1ターミナルを回って、20分後ホテルに到着した。
「エアポートスイート」は最上階の10階。確かに眺めはバツグンだが、第2ターミナルを一望する作りではなかった。それでも南風仕様の16Lに降りた航空機が目の前をタキシングするので、B747やB777だとその迫力はハンパない。夜は0時近くまで、翌朝も4時半から撮影を開始(もっともベッドでチビのパンチを喰らって目が覚めたのだが)。
早朝は機体を移動するトーイングが撮影出来る。と、構えていたら・・・地平線から赤くて丸いものが顔を出した。まるで「ヨード卵光」みたいなポテッとした太陽だったので、500mmのレンズをDXモードの750mm相当にして撮影してみた。パソコンで開いてみたら、ナント黒点まで写っていたのにはビックリ。

朝食後撮影名所「さくらの山公園」で撮影をしたが、昨日とは逆の34L仕様の離着陸だった。ここは16Rの先端にあるので着陸機を大写し出来ないのと、あまりの暑さのせいで1時間ほどで撤収と相成った。その分幕張の「コストコ」へは早い時間の移動となってかみさんは大喜び。幕張も巨大な「イオン」が出来たおかげで「コストコ」が小さく見えた。この日は花火大会で午後4時から交通規制がかかるということで、早めに切り上げようということに(それでも気付いたら3時間が経過していた)。14時過ぎに出発して途中大黒PAで休憩を取り、16時半に帰宅した。これでお盆休みは遠出をせずに、のんびりと過ごすことが出来そう・・・かな?

1408111.jpg  1408112.jpg  14081112.jpg  1408113.jpg

1408114.jpg  1408115.jpg  1408116.jpg  1408117.jpg

1408119.jpg  14081111.jpg  1408118.jpg  14081110.jpg


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。