トワイライトエクスプレスの引退が決定

「トワイライトエクスプレス」が来春引退することが決まった。JR発足後豪華寝台列車の先駆けとなった「北斗星」に続き、JR西日本の看板列車として登場した寝台列車がついに消える。理由は車両の老朽化だという。1989年から25年間、雪や潮風の中をほぼ1日おきに1500kmも走行してきたのだから仕方のないことだとは分かっているが、あまりにも突然の発表に動揺を隠しきれない。現在も乗車率が70%を超えている人気列車で、トップシーズンには数秒でチケットが完売するという。それでも引退しなくてはならないのには「別の理由」もあるようだ。

「ブルートレイン」と言われながら車体はダークグリーン。大きくなった窓と牽引する機関車のEF81も同じ塗装を施された姿は「オリエント急行」を彷彿させる。自分はこれまで運よく3度乗車したことがある。1度目はB個室を利用して長岡駅~札幌駅間、2度目はA個室で始発の大阪駅から終着の札幌駅まで、3度目はやはりA個室で今度は逆のコースを乗車した。時期はすべて運行開始から10年のうちで、ここ15年間はまったくのご無沙汰ということになる。
狭いB個室でも初めての個室は自分だけの空間を独占出来る優越感から、ワクワクして一睡もしなかったことを憶えているし、A個室は関西人の派手好みを意識したのかワインレッドのソファーベッドや金色の取っ手や手すりが取り付けられ、「北斗星」のそれよりも豪華さを醸し出していた。サロンはすべて海側にシートが向けられ、予約が必要だが食堂車でフレンチのフルコースも楽しめる。フォアグラを食べた時、青森へ向かう急行「八甲田」の通路に新聞紙を敷いて横になった時を思い出した。
駅に停車すれば、カメラを抱えた鉄道ファンがお構いなしに窓越しに写真を撮るし、列車の交換時には隣の車両から羨望の眼差しを注がれる。貧乏旅行を経験しているからこそ豪華さをより楽しめる・・・勝手にそんなことを思って勝手に納得ている自分がいた。

この「トワイライトエクスプレス」は3つの編成が必要だった。上り列車の所要時間が下りを50分上回るために、12時発の下り列車が発車した30分後に上り列車が到着するからだ。通常2編成あれば事足りるのだが、これも足かせになっていたのかもしれない。

冒頭の「別の理由」だが、現在函館まで建設中の新幹線は当然青函トンネルを使用する。レールの幅が変わるし、架線の電圧も2万ボルトから2万5千ボルトに昇圧される。そのため従来の車両が走行出来なくなるのだ。従って「北斗星」や「カシオペア」も廃止せざるを得なくなり、決して老朽化の為だけではない理由に、鉄道ファンは戦々恐々としているはずだ。
決して「使命を終えた」訳ではなく、観光的な魅力は今なお衰えてはいない。それを敢えて廃止することは、この国の鉄道にどんな影響を与えるのだろう。頑張っても簡単には手の届かない「七つ星」よりも、少し頑張れば乗ることが出来る豪華で快適な列車を残してほしいし、移動の手段だけでなく、目的地までのワクワク感を演出するような存在であってほしい。機会があればぜひもう一度乗ってみたい。


スポンサーサイト

再び大田区城南島海浜公園へ

昨年7月以来の城南島海浜公園へ、飛行機の撮影に出掛けてきました。今回は写真仲間の同僚を連れて、午前8時に御殿場を出発。天気も良いし風も無い。これはかなり期待出来そう・・・とテンションはアゲアゲ。GW中の平日ということで、東名~保土ヶ谷バイパス~首都高は渋滞ナシ。1時間半で現地に到着しました。

本日は北風仕様。ただ、感覚的にはほとんど無風で、無線を聴いていても秒速3ノット(約1.5m)とパイロットに送信していました。離陸滑走路は34Rと05、着陸は34Lと34Rでした。城南島からは34Rの離陸が大きく撮影出来、追っかけると完全な順光になるので塗装が鮮やかになります。ただ着陸はポイントが4Kmほど開くので、500mmの望遠でも豆ツブほどしか写りません。午後からは南風の予報が出ているので、ランウェイチェンジに期待です。

同じ構図とセンスの無いカメラマンですから、撮れるのは平凡なものばかり。いろいろ無い知恵を絞ってイメージしているんですが、だんだん気温も上がってきて「とにかく撮る!」をテーマに枚数を重ねていきます。ただ、東京湾は大型船や水中翼船が航行するのと、公園に棲みついたネコちゃんたちが愛想を振りまくので、時間が空くとそっちにレンズを向ける楽しみもあります。が、今回は意外な被写体が・・・。ナント真っ白なタキシードとウエディングドレスに身を包んだカップルが、空港をバックに撮影を行っているではありませんか!!  スタッフが何人か取り囲んでいたので商業的な撮影だったようです。撮影と割り切ればどーってことはないんですが、この場所ではやっぱり注目度バツグン。しかし、暑かっただろうなぁ。

この3月末に日本の航空会社からジャンボが退役しました。一時は空港にゴロゴロしていたものですが、今となっては外国のジャンボがとても貴重に思えます。今回は、「ルフトハンザ」「キャセイ」のB747と出逢えました。先日のセントレアでは「デルタ」を撮影。いくらB777が大きいといってもB747の存在感は圧倒的で、「まだまだ若いモンには負けへんで~(なぜ関西弁?)」と言わんばかりに誘導路を移動していました。

13時過ぎに管制官から着陸機に向かって「RWY22」の指示が。すると34R脇のランプが点灯しました。いよいよ南風仕様にランチェンです。離陸は16Lと16R、着陸は23と城南島の真上を通過する22を使用(騒音防止のため)します。この数字は方位を表していて、34ならば340度方向(ほとんど北方向)を意味しています。同方向に2本の滑走路がある羽田は、数字の後にLとRを付けて左右を区別しています。ちなみに反対側は16LとRになります。

スマホアプリの「Flightradar24」を開くと、飛行機が房総半島上空から大きく左旋回して城南島に向かってきます。一方、羽田でも飛行機はすべてお尻を向けて順番待ちを始めました。風向によって飛行機の流れを瞬時に変えて、見事に離着陸機を整列させてしまう管制官にはいつもながら脱帽です。しかも女性管制官の声で「GOOD DAY」なんて言われたら気持ちが和んじゃいます(笑)。

RWY22へのアプローチは順光で、しかも真上には青空が広がっています。ヌケの悪い望遠を使うよりも標準でギリギリ寄せて撮った方が被写体が浮き出ると勝手に判断。28~300mmのズームにチェンジして待機。連写機能を駆使してファインダーいっぱいになるまでシャッターを切り、着陸時は望遠側にして滑走路の白線が機体のお尻に映り込む瞬間を狙いました。やっぱり頭上70mを通過する時の迫力はハンパない。特別塗装機も飛んで来てくれて、「南風仕様」を堪能しました。

シンガポール航空のA330を撮影して午後4時前に撤収。次の目的地、川崎の東扇島にある「川崎マリエン」に向かいました。今流行の工場地帯の夜景を撮影する算段でした。空港から程近い湾岸エリアにある施設で、地上50mの展望台から360度の眺望を楽しむことが出来ます。しかも無料。しかしながら上がってみると大気の状態が悪く、横浜のランドマークタワーさえ霞んではっきりと見えず。已む無く夜景の撮影は諦め、帰途に着きました。
ま、飛行機の撮影を楽しめただけで十分満足だったし、久しぶりのドライブも気分爽快でした。その代わり顔や腕は日焼けで真っ赤になり、ぬるいシャワーでも飛び上がるほどの痛みのオマケ付きでした。

1405021.jpg  14050213.jpg  1405023.jpg  1405026.jpg
左から 
・34Rから離陸するB777 34Lには着陸機が 
・B747はやっぱりイイッ!! 
・海上保安庁のガルフV「うみわし」
・ネコちゃんからポートレート撮影の依頼があり・・・

1405024.jpg  1405025.jpg  1405022.jpg  1405027.jpg
・JAL特別塗装機「SAMURAI BLUE 応援ジェット」初号機B777
・豪華客船「SILVER SHADOW」が来航 2万8千t 定員は400名だとか まるでマンション
・ほのぼの? 浮いてる? 判断はご覧の方にお任せします
・南風仕様の1番機は、JTAの特別塗装機B737「さくらジンベエ」

14050212.jpg  14050211.jpg  1405028.jpg  1405029.jpg
・ANAの特別塗装機 B767「ゆめジェット」
・東京湾は空も海も混雑しています
・RW22へはこんな感じでアプローチしてきます のんびりとした良い公園ですよ
・キャセイのB747 さすがにデカイ みんながみんな空を見上げていました

14050210.jpg  14050214.jpg  14050215.jpg  14050216.jpg
・超が付くほど満載のコンテナ船 同僚曰く「誰がどうやって積んだんでしょうか・・・」
・滑走路のThreshold(端)を表示する白線を機体のお尻に映し込みしてみました
・本日のラスト シンガポール航空のA330 カメラのカウントはちょうど800枚目でした
・川崎マリエンからの「海ほたる」と「アクアライン」

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。