ソチオリンピック雑感2

男子ジャンプの活躍も印象的だった。葛西選手のメダルを獲ることへの執念が、気迫が、テレビを通じてビンビン伝わってきた。多くの人たちに支えてもらっているのは他の選手も同じだろうが、年齢による衰えをすさまじいトレーニングで克服し、強靭な体力を保って、ラージヒル個人戦では銀メダルを獲得した。2回目のジャンプを終えメダルが確定した時、後輩たちが葛西選手を笑顔で迎えた。頼りがいのあるアニキなのだろう。そして数日後その力を一つにした日本ジャンプ陣、今度は銅メダルを獲得した。実に16年ぶりのことだという。個人戦で涙を見せなかった葛西選手も、仲間とともに勝ち取った表彰台に、周囲の目もはばからず泣いた。いや、4選手が泣いていた。

清水選手は不調が祟って一度代表を外されての復帰、竹内選手は難病「チャーグ・ストラウス症候群」と闘いながら、伊藤選手は2度目のジャンプ後に座り込んでしまうほどの膝の痛みに耐えながら飛んだ。葛西選手だって家族の病気や死去、所属会社のスキー部の廃止、ルールの改正、そして体力の衰え、それらすべてを克服して飛んだ。もちろんそこまでしても女神が微笑んでくれない選手もいる中で、彼らは素晴らしい仕事をした。そして、葛西選手は「今度こそ金メダル」を目標に現役を続行する。頑張ってほしい。

このオリンピックで、日本人が最も感動したのが、フィギュアスケートではないだろうか。何となく雰囲気の重い新種目の団体戦で躓いたが、端正な顔立ちの羽生結弦選手が世界歴代最高得点で金メダルを獲得。ようやく日本人選手たちにも明るさが戻った。ただ、フジテレビのブースでインタビューした三田という女子アナ、完全に仕事を忘れてメダルを見せろだ触らせろだと呆れるほどの傍若無人ぶり。メダリストをリスペクトする姿勢はまるで無く、終始「お友達目線」のインタビューには虫唾が走った。

羽生選手の良い流れで、これで女子フィギュアもいけるだろうと誰もが思ったに違いない。もちろん自分もそう思った。ところがSPの浅田選手は、ジャンプをことごとく失敗してまさかの16位。いったい何が起こったんだ? それは彼女が1番知りたかっただろう。自分も朝のニュースで流れた彼女の表情を見て、何かひどく困惑しているように感じた。そんな時にここでもマスコミのアホな質問が。「ちょっと我々も整理がつかない状況なんですが・・・」。おまえたちの整理と彼女の整理を同じレベルで問いかけるんじゃないよ、まったく。もう少しまともなことを聞けるヤツはいないのか?
 
前日、世界選手権を転戦する選手を追いかけているカメラマンに浅田選手のコンディションを問う番組を観た。「浅田選手が1番ナーバスになっているように見える。期待の重さからか自身に納得のいかない部分があるからかはわからないが、集中しきれていないから演技に力強さがない」と言っていた。多くの「○○のために・・・」がのしかかった結果だったのだろうか。

しかし、その直後から現役を含めた多くのスケーターから、浅田選手へ激励のメッセージが送られた。「明日は自分のスケーティングをすればいいじゃないか」「明日は楽しんで」等彼女は本当に世界中の選手から愛されているのだと感じた。そして24時間後彼女は8回のトリプルを成功させ、自己最高得点を更新した。演技が終わった後の涙を見て、思わず自分も泣いてしまった。きっとずっとずっと前から苦しかったんだろうな。その中で自分を出し切って納得のいく演技が出来たら、リンクのど真ん中だろうが世界に中継されていようが泣くよ。表彰台に上がった選手たちはもちろん素晴らしいが、今回は浅田選手にみんな持って行かれたな。勝負には負けたけれど、記憶に残るこんなオリンピックもあるんだと改めてスポーツの素晴らしさを味わうことが出来た。

雑感3へ続く


スポンサーサイト

ソチオリンピック雑感1

ソチオリンピックが終了した。何事もなく閉会式を迎えられたのは本当に良かったと思う。17日間という期間、5時間の時差ということで始まる前は結構な競技が楽しめると思っていたが、現地の夜遅い時間に始まる種目が多く、生放送は週末ぐらいしか観ることが出来なかった。翌朝のニュースで一喜一憂するのだが、何度も再放送をしてくれたおかげで、その活躍は十分に楽しむことが出来た。外国人選手の桁外れのパワーに開いた口が塞がらないことがしばしばあったが、それを上回る日本人選手たちの頑張りに何度か目頭が熱くなる時があった。

女子モーグルの上村愛子選手、最後のオリンピックはバンクーバーの時と同じ4位だった。バンクーバーでは「なぜこんなひとつひとつなんだろう」と悔し涙を流して4年後の表彰台を誓ったが、残念ながらその夢は叶わなかった。しかし、彼女の表情には悔しさはおろか、すべてを出し切った清々しさに満ち溢れていた。「メダルは無いですけど・・・」と少しだけ頭を下げたシーンを観た人たち全員が、「お疲れ様」と声を掛けたに違いない。

男子スノーボード・ハーフパイプで銀メダリストとなった平野歩夢選手と、銅メダリストの平岡 卓選手について。平岡選手は18歳、平野選手に至っては弱冠15歳での表彰台となった。この年代でこの競技とくれば「イエーーーイ!!」とカメラに向かってやんちゃぶりを披露するのが常だが、この二人はまったく違う。初めてのオリンピックでいきなりメダルを取ったのだからメチャクチャうれしいに決まってる。そのうれしさを外側ではなく内側で噛みしめているのだ。松岡修造氏の問い掛けに「そういうタイプではないので」とはにかみながら答えた。このインタビューで印象に残ったのは、松岡氏が「優勝候補のショーン・ホワイトが4位に終わって、金メダルのユーリ・ポドラドチコフにハグして優勝を称えていた時、二人はその後ろでお互い握手を交わすだけでしたよね。その輪の中に入ろうとは思いませんでしたか?」という問いに対し、平岡選手が毅然と「入りたくはなかったです」と答え、平野選手も静かに頷いたシーンだった。これ以上の会話はなかったが、自分にはこの二人の強い意志が感じられた。少なくともショーン・ホワイトは二人にとって神のような存在であろう。しかし、まだ十代の彼らにはこの先のオリンピックで金メダルを取るという目標が残った。ここでライバル選手とハグでもしようものなら目標の矛先が鈍り闘争心が薄れてしまう・・・そんな風に感じたからではないだろうか。
最後に二人は、それぞれにここまで応援してくれた人たちに感謝の言葉を述べて頭を下げた。そして、記者会見でショーン・ホワイトからもジョークの効いた賞賛の言葉が贈られた。「彼(平野選手)はまだ15歳だよ。すぐにでも引退してほしいね」

女子ジャンプの高梨沙羅選手。W杯ではダントツの優勝回数で、オリンピックでも金メダル間違いなしと誰もがそう確信していた。だが、いつもと違った雰囲気に呑み込まれ失速、表彰台どころか4位に終わった。これまで大会があれば必ず彼女の名前が挙がるほど、表彰台は指定席だった。オリンピックに向けても調子をキープするために直前まで試合に臨んでいた。だが、ソチのジャンプ台を目にした途端、山田いずみコーチにやたらと「勝ちたい」と言い出したという。初めてのことだったので、大舞台に慣れているはずの高梨選手も不安を抱えていたのかもしれないと感じたという。
自分は技術的なことはまるで分らないが、長野オリンピック金メダリストの船木氏が言うには、「2回目のジャンプで彼女だけに最悪の追い風が吹いた」のだそうだ。それを必死で立て直そうとしたが、風の強さが彼女の技量を上回ったと言っていた。試合後のインタビューで敗因は自身の力不足と、決して風のせいにはしなかった。あるインタビュアーが「追い風の影響があったのではと聞いていますが」との問いにも、「それでも私より遠くへ飛べる選手がいるので、やっぱり未熟なところが出ていたと思います」と、あくまでも自身の責任を強調した。必死で涙を堪えている姿が痛々しかったが、やはりケガで入賞出来なかったライバル、サラ・ヘンドリクソンに声を掛けられると、彼女の目から涙が零れ落ちた。まぎれもない17歳の顔に戻っていた。
お世話になったたくさんの人たちや日本中から届く声援、そして両親への思い・・・これらを背負って17歳の少女があのジャンプ台から滑り降りたのだ。誰にでも出来ることではない。恐らくこれで彼女はまたひとつ強くなった。

雑感2へ続く

スマホを変更

ガラケーからスマホに替えたのが2012年8月。シャープの「ISW16SH」という機種で、もともとメーカー側が生産台数をセーブした(理由は不明)関係で納品は3週間待ち。手に入れたのもつかの間11月には生産を終了した曰くつきのスマホだ。画面サイズが4.6インチあって画像もキレイだし音も良い。3Gだからサクサクという訳にはいかなかったが、ガラケーに比較すれば雲泥の差だった。
自宅ではWi-Fiで繋ぎ、Bluetoothでナビとも連携可能だったので、ハンズフリーで電話をかけたり取れたりした。

ところが、1番使いたかった「Youtube」がまったく動かず。自身のライブが近くなると昼休みにも演奏曲を聴いて歌詞を覚えたいと思っていたのに、この3Gは動画には滅法弱かった。5分の曲を聴くのに10分かかるって有り得ない。続いて、急に画面が反応しなくなって、メールが打てなくなる症状が発生。そして、日に何度も再起動を勝手に繰り返すために、あっという間に電池が無くなってしまうのだ。おまけに自動でWi-Fiが繋がると、使ってもいないのにこれまた電池がガンガン減って本体が異常に熱くなった。お蔭でクルマと会社に充電用のUSBケーブルを用意していた。
そのうち4GLTEが普及しだして、同僚のスマホがサックサク動く。もちろん「Youtube」もだ。あ~羨ましい。横目で見ながら2年間の縛りが終わるのをじっと待っていた。ところがここへ来て充電が上手くいかず、半年を残してとうとう機種変更することになった。

今度の機種は、「XPERIA Z Ultra SOL24」。画面サイズが6.4インチ、厚さは6.5ミリだ。5インチ以上7インチ未満のスマホを「ファブレット」と呼ぶらしい。同僚に見せたら全員が引いてしまったほど、そのデカさは半端ではない。初代「IPhone」を使っているヤツなんか「今後おまえの前でスマホ出すのを辞める」と言っていた(笑)。

まだまだ使い始めたばかりなので評価はこれからだが、画像のキレイさと発色が素晴らしいのと、イヤホンを通して聴く音がとてもスマホのレベルではないほどキレとバランスが良い。画面が大きい分サイトも見やすいし、メールの文字も大きくて助かる。「Youtube」だって止まらない。念願の電子書籍もこのサイズなら申し分ない。しばらくは色々使ってみて弄り倒したいと思う。(写真左側は、旧スマホとの比較)

1402091.jpg  1402092.jpg



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。