責任は日テレに

いろんな方面から物議を醸しだしている日テレのドラマ「明日、ママがいない」、こんな騒ぎの中で第3話まで放送された。自分は第1話を観て、以降は辞めてしまった。理由は芦田愛菜の演技だけが浮いてしまっていたから。あんな非の打ちどころのない芝居をされたら、引き込まれるどころかまったく子供らしさを感じない。何かシラケてしまったのだ。その際にかみさんが、「これって熊本のあの病院をモデルにしてるんでしょ? フィクションになってないし」と怪訝な顔で言ったひとことが、偶然にも翌日のNET記事に掲載されて、以後大騒ぎとなった。病院側は改善要求をする、日テレ側は最後まで観てくれという、スポンサーは全社CMを自粛、どっかのクリニック院長がスポンサーにとしゃしゃり出る、日テレは改善を検討・・・というのがこれまでの流れだ。途中に何人かのタレントがコメントを寄せているが、その中で佐藤弘道氏のコメントが一番的を得ていると思った。「人それぞれの捉え方があって当たり前」。一方的に放送している以上、観るか観ないかは本人の自由だし、観た人がどう感じようがそれも自由だと思う。問題が起きそうだと判断したら、子供に視聴させるのを検討するのが親の役目というもの(もともとそんな時間に視聴させること自体が問題かもしれないが)。自分が視聴を辞めたのも「捉え方」のひとつだろう。

スポンサーもいい迷惑を被ったものだ。競合する企業が多いだけに、消費者にソッポを向かれれば存亡の危機に関わる。ゴールデンのCM枠がどのくらいの金額になるかわからないが、それよりも世間の評判を重んじた企業にとっては苦渋の決断だっただろうし、対応の悪い日テレにやりきれない思いを感じているに違いない。

これだけ大事になったのは、やはり日テレに問題があるように思う。実在する病院に対して十分な配慮を怠り、こういう騒ぎになることが前もってわかっていたとすれば相当な確信犯だ。毎夏あの24時間テレビをブチ上げるテレビ局が、なぜ事前に対応しなかったのかという大きな疑問が残る。言うまでもなく、毎年弱者や障害者を引っ張り出し、実話に盛れるだけ盛ってお涙頂戴の「ドキュメンタリー」作品に仕上げる。いやしくも「福祉」という大命題を打ち出しているテレビ局がやることではないと思うのだ。エンターテイメント化されてしまっているから、上っ面しか福祉を見ていないから、こういう問題が起きる。どうしても放送したければ、映画やCSで興味のある人だけを対象にすればいいだけの話。

もともと日テレには良い印象を持っていないから多少は偏見だと捉えられるかもしれないが、デリケートなジャンルを扱うのならば、それなりの準備と心構えが必要ではないかと思った。役者や脚本家ばかりに気を遣うと、肝心なものを見失ってしまう典型ではないか。


スポンサーサイト

可夢偉F-1復帰!!

待ちに待ったというか、ようやくというか、日本人唯一のF-1ドライバー小林可夢偉の復帰が決定した。チームはケータハム。2012年いっぱいでザウバーのシートを失い、移籍先を求めて「カムイ・サポート」を設立、ファンや企業から約9億円の資金を集めた(自分も協力させていただいた)。しかしながらシート獲得競争に遅れを取り、結局昨年はフェラーリ傘下のAFコルセから世界耐久選手権(WEC)に参戦。ドライバーズランキングはクラス7位だったものの、GTマニュファクチャラーズタイトル連覇に貢献した。

昨年のF-1シーズンが終了するや否や、可夢偉の動向をずっと追いかけていた。上位チームはシーズン中に早々とシートが埋まり、年末には中堅以下ほとんどのチームもドライバーを発表した。今年もダメか・・・と思っていた矢先「ケータハムと接触」という情報が流れ、昨日正式にチームから契約を交わしたことが発表された。パートナーはスウェーデンの若手ドライバー、マーカス・エリクソン。昨年までのシャルル・ピック、ヴァン・デル・ガルデと入れ替わり、まったく新しい態勢で臨むことになった。

自分にとって、これは本当にうれしいニュースだった。レースの世界では一度シートを失うと、余程のウデとコネがない限り復帰するのは難しいと言われている。しかも最近では運営面で莫大な資金が必要なため、ドライバー自身がスポンサーを背負ってこなければ門前払いを喰らうことさえある。「これだけ出すからぜひうちのチームで乗って下さい」というのは昔の話で、今はせいぜいトップチームの「レッドブル」か「フェラーリ」ぐらいなものかもしれない。だから可夢偉も資金を募った。彼の公式コメントの中で、「この資金をようやく利用させていただく時が来た」と述べている。速ければ誰でも乗ることが出来る世界ではないのだ

このケータハムというチーム、昨年はポイントを獲得することが出来ず、最下位に終わった。要となるエンジンのレギュレーションは、当然のことながら全チーム共通。なぜそこで速いチームと遅いチームが生まれるのか。それは、ドライバー自身にマシンをアップデート出来る能力が有るかどうかに係っていると言っていい。つまり、テスト走行を重ねる中でマシンの挙動を把握し、それを忠実にテクニカルディレクターにフィードバックし共に開発に参画出来るか、そしてどれだけ空力を味方に付けることが出来るか、その開発能力が備わっているドライバーのいるチームは速い。もちろんそれを実行可能にする資金が必要となるが、昨年のケータハムには資金よりもこの技術面が欠けていた。そこで開発センスと度胸あるドライビングが魅力の可夢偉に白羽の矢が立ったのだ。

今年はエンジンのレギュレーションが大きく変わる。言ってみれば、これまで築いてきたノウハウはあまり役に立たなくなる。全チームとも一歩からのスタートになるので、開発能力に長けた可夢偉のセンスが注目されるのだ。過去ザウバーのアップデートに貢献したように、ケータハムでも手腕を発揮してほしい。1年目は試行錯誤の繰り返しになるかもしれないが、トップドライバーに冷や汗を掻かせるような、キレキレの走りを期待せずにはいられない。彼なら出来る。可夢偉の復帰第1戦は、3月14日のオーストラリアグランプリで幕を開ける。ガンバレ、可夢偉!!


我が家の年始め

会社が始まって2日目が終わった。休暇最終日の夜は朝起きられるかどうか不安だったが、意外にすんなり布団を離れられたし、仕事も1日終わってみれば普段の調子に戻っていた。納期に追いまくられながら今年もあっという間に終わってしまうんだろうな。
年末年始は9連休。曜日の並びが良かったので、サービス業に携わる方以外はほとんど同じパターンで休んだのではないだろうか。年末は割と真面目に大掃除をやったので、朝は6時に起きて0時前には寝るという生活が続いたが、年が明けた途端に夜更かしが始まって起床は7時や8時。食事はブランチ状態で、午後になると小腹が空いてコーヒーを飲みながら何か摘まんでみたりと、何ともグータラな正月だった。毎年かみさんの実家と墓参りの他に1日どこかへ出掛けていたが、人伝に聞けばどこへ行っても混雑しているという話ばかりなのでそれもナシ。もっとも3月に中部国際空港「セントレア」と「コストコ」ツアーが控えているから節約もしなくてはならないため、お陰様でお年玉以外の出費を抑えることは出来た。

そんな中でもかみさんは、少しでも欲しいものを安く手に入れるために福袋を探し回ったり、長男は友達とカラオケ&教習所、チビは近所の友達とサッカー&凧揚げと、それぞれに有意義に過ごしていたようだった。自分はといえば、ガソリンを使わないように外出を避け、小遣いも減らさないようにと読書やギターに没頭(やや大袈裟か)。

実は12月19日の会社帰り、雨の国1バイパスを走行中に右フロントで何か硬いモノを踏んでしまい、5センチほどタイヤが切れてしまうハプニングに遭遇。修理不可能と判断してそのまま近所のスタンドまで自走した。スペアに交換して新品タイヤの値段を聞いてみたところ、何と4万6千円ナリ。あくまでも1本の価格だ。太さとサイズで覚悟はしていたものの、いざ現実を突きつけられると腰が砕けるほどのショックだった。少しでも安くと思い、いつもクルマの面倒を見てもらっているショップへ連絡したところ、3年前に製造した新品タイヤを中古価格の1万3千円で出してくれるとのこと。メーカーはイタリアのピレリー。しかも「P ZERO ROSSO」というスポーツタイヤだった。オリジナルはブリヂストンの「ポテンザ」だが、十分にヤマが残っているのでバランス的にはまったく問題はない。担当の親父さんのお蔭で事なきを得た。ホイールが無傷だったのが本当にラッキー。

とまぁこんな状態で新年を迎えたので、イヤでも大人しくしていないと財布が空になってしまうのだ。ただ、読書三昧だった反動で、今度は「電子書籍端末」が便利だなあと思い始めてしまった。本を買えばそれだけ置き場所が無くなってくる。「電子書籍端末」ならその心配もないし持ち歩きにも都合が良い。でも、春まではじっとガマンして、その間に機種を選ぶのが無難なようだ。オヤヂの年初めは、こんな感じでスタートしたのだった。

謹賀新年

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します

どうということもなく、いつもどおりの年始となりました。まったくもって正月という気がしないのは年齢のせいでしょうか? 本当にあっという間の2013年でしたが、きっと今年もいつの間にか終わってしまうんだろうなぁ・・・。

定年まで3年強、もうガツガツやらずに任せるところは任せて、体や足の状態を見ながらゆっくりやっていこうかと思っています。こんなオヤヂですが、今年もよろしくお願いします。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。