一時代の終わり(自分の中で)

フィルムカメラ2台を知人に譲ることにしました。ご存知のようにデジカメ全盛時代、自身もフィルムカメラを使わなくなって5年ほど経ちました。このままケースに保管しておこうかとも思いましたが、出来れば今でもフィルムを使っている方に使ってもらえればと、あちこち貰い手を捜していました。両機ともNikonで、「New FM2」と「F4s」。すでに購入してから25年以上が経過していますが、どちらもまったく問題ナシ。もともと酷使していなかったし、「New FM2」購入後2年足らずで「F4s」を購入したので、「New FM2」に至ってはスレ傷ひとつついていません。露出計が付いている他はピントも最終的な露出もカメラマン自身が判断します。巻き上げも手動(自分はワインダーを追加しましたが)で、シャッター音もメカニカルで今聴くとやけに新鮮に感じます。

「F4s」は当時フラッグシップモデルとして位置づけられていました。ボディも大きく堅牢で存在感は十分。自動露出にオートフォーカスという、自分にとっては夢のようなアイテムでした。このカメラは本当によく使いました。視力の悪い自分にこのオートフォーカスは大きな味方で、列車を撮影する時は重宝しました。ただ、操作が複雑になった分リバーサルでは露出の決め方がかなりシビアで、仕上がり具合を楽しみにカメラ店へ出掛けて行ったものの、打ちのめされて帰ってきたことが何度もありました。
20年ほど前にカナディアンロッキーへ撮影に行った時、「F4s」を見つけた外国の旅行者が歓声を上げて「少しでいいから触らせてくれ」と言い出し、気が付くと人垣が出来てしまったほど外国人にとっては高価で手の出ないカメラだったようです。購入当初は22万円ぐらいだったので、海外ではいくらだったのやら・・・。

再びこれから使ってもらって、第二の人生(?)を歩んで欲しいと思います。

「New FM2」

1307203.jpg  1307204.jpg

「F4s」

1307201.jpg  1307202.jpg

スポンサーサイト

今年も無事に

ようやく土の中からカブトムシが出てきました。今年は8匹を飼育してきましたが、7月5日に1匹目が登場してからは毎日のように続々と土から顔を出しました。現在は5匹が無事に成虫に。逆に残り3匹がまるで音沙汰無いので少し心配しています。

今年のカブトムシはとても大きくて、胴まわりの太いこと。幼虫の頃から大きかったので期待はしていたものの、予想通りの成長に改めてビックリです。ただ、例年夜になると羽をバタバタいわせて大暴れをするんですが、今年はどちらかというと静かで餌のゼリーの減りも遅いです。あまりの暑さで、すでに夏バテかも。

現在で3代目、「累代飼育」はさほど気にしてはいませんが、そろそろ違う血を入れてみようと思っているので、近々採取に行ってみようと思います。

1307152.jpg  1307151.jpg

久々の東京 その2

「東京ビッグサイト」を後にして次に向かったのは、羽田空港に隣接する「城南島海浜公園」。ここは航空機ファンにとってはお馴染みの場所で、南風運用ならばこの公園の上空を通過してRWY22(B滑走路)に着陸します。この日は朝から強い南風だったので、「東京ビッグサイト」に向かう時点でそれを確認済み。

午後1時過ぎに到着しても風向きはそのままで、2~3分間隔で次々と飛行機が降りてきます。しかも頭上スレスレ。大きさと音と排気のニオイがたまりません。200ミリのレンズでもお釣りが来るぐらいですが、ドアップが好きな自分は200-500ミリのズームを使って、あらゆる角度から狙ってみました。カメラは先日購入した「D3S」の初仕事だったんですが、連写機能と使いやすさ、そしてシャッター音は言うことナシでした。

次から次に飛んできてくれるのでまさに「入れ食い」状態ですが、同じような機体が多いので途中からは少し絞り込んで撮影しました。ただ、退役間近の「ジャンボ」ことB-747(ANA)が来た時は、興奮して連写しまくり。他にも復活したB-787や外国機「キャセイパシフィック」のB-777も楽しかったです。気付いたら撮影枚数は800枚を超えてました。頻繁には来れませんが、今度は夏休みに来てみようかと・・・。

13070610.jpg  1307068.jpg  13070616.jpg  1307066.jpg

13070612.jpg  13070615.jpg  13070613.jpg  13070611.jpg

1307067.jpg  13070614.jpg  1307069.jpg  1307065.jpg

上段左から 
B-777(ANA)  B-767(JAL)  B-777(Cathay Pacific)   A330(China Air)

中段左から
B-747(ANA)  B-747(ANA)   B-787(ANA)   空港遠望

下段左から
B-777(JAL HAPPINESS EXPRESS)   B-737(Solaseed Air)  A320(Starflyer)   オマケ(笑)

【撮影データ】(すべて共通)
Nikon D3S TAMRON SP AF200-500mm
1/1600sec   f11   ISO400   White Balance:AUTO





久々の東京 その1

「東京キャンピングカーショー2013」を見に、昨日「東京ビッグサイト」へ行ってきました。毎月雑誌を買って日々研究しているという同僚と2人で、朝6時に沼津を出発。渋滞が当たり前の保土ヶ谷バイパスはスイスイ。ゆっくり休憩を取りましたが、2時間15分で到着しました。

しばし待った後に入場。157台展示という割にはこじんまりとしている印象でした。同僚が注目するのは、軽自動車をカスタマイズしたキャンピングカーで、メーカーの担当者に質問したりカタログを集めたり、とにかくその一生懸命さには脱帽。軽自動車といえど総額で300万円はザラで、「ハイエース」クラスなら上を見れば軽く1千万円を超えるものも。車庫や実用性、予算を考えると軽自動車で十分なんだそうです。

自分はどちらかというと未知の世界で、実車の大きさを見たかったので同行しましたが、とにかく激しくおカネがかかる趣味だと痛感しました。「いずれはキャンピングカーでゆっくりと旅したい」と同僚は言っていましたが、自分はやっぱり歳をとってもスポーツ系のクルマに乗り続けたいなぁ・・・。

1307061.jpg  1307062.jpg  1307064.jpg  1307063.jpg



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。