スマホデビュー

といっても、もう3週間ほど経つが・・・。
2年半使ってきた携帯の電池がどうにも言うことを聞かなくなり、あんまり興味はなかったがこの際スマホに機種変することにした。どうせなら画面が大きくて見やすいものをということで、6月28日に発売された「AQUOS PHONE ISW16SH」に決定。ショップに出掛けたが、品薄で予約してもいつ入荷するかわからないとの返事。特に急ぐ訳でもなかったから、予約をして連絡を待った。

入荷の連絡があったのは3週間後。自分的にはそれほど遅くないじゃん・・・て感じ。店員さんに聞いてみたら、「メーカーから予約を受けないで欲しいと言われてまして・・・」。もしかしたら、このまま製造中止の可能性も有り得るかも。だって、秋冬の新機種発表も多分もうすぐだし。
デザイン、スペック的に人気が高いのに、メーカーに部品が入らないというネット情報もあって、相当な品薄状態のようだ。

「使いやすい」と思えるようになったのは、使い方に慣れたからだろう。メールもネットもストレスなく使うことが出来る。特に発色がイイ。ただ、3Gの状態があまり良くないせいか、ネットはサクサクという感じではない。自宅にキャンペーン中の「HOME SPOT CUBE」を設置して、Wi-Fi接続がようやくまともになった感じ。

50過ぎのオヤヂが、こんなハイスペックなスマホをどこまで使いこなせるかわからないが、それほどややこしい設定も無く、今のところは問題なく使えている(つもり)。

1208152 (2)  1208152 (1)

ケースは「ONE PIECE」(笑)
スポンサーサイト

新しい命

まだまだ元気なカブトムシたちのケースから、ポツリポツリと卵が見つかるようになりました。2週間前に採卵してプリンの容器に移していたんですが・・・今朝になって2匹孵化していたんです!! もうそろそろだろうと事あるごとにチェックしていたので、小さな小さな(2ミリ)幼虫がクネクネしていたのを発見した時は、何と言ってよいやら。「ああ、また始まった」と熱いものがこみ上げてきました(笑)

夕方確認すると、しっかり容器の底まで潜ってジッとしていました。そして、表面には新たな命がもう1匹。ケースの中には何倍もの卵が眠っているはずなので、これから1ヶ月間は密かに「ベビーラッシュ」になるかもしれません。

1208171.jpg
写真はピンボケですが、矢印の先に幼虫が・・・。

夏休みイベント第1弾

2日間有休を取って、一足早い夏休み。1泊で名古屋方面へ小旅行に出掛けてきた。毎年恒例のイベントということで、今回もチビにリクエストを聞いたところ、大きな水族館に行きたいという。8年前に長男を「名古屋港水族館」に連れて行って、親子で楽しんだことを思い出した。待てよ、もしかしたら「リニア鉄道館」も近くにあったはず。これは寄るしかない。以前から自分が行きたかった場所なのだ。1日目はこの2施設、そして昨年チビに好評だった豊橋の「のんほいパーク」を2日目のプランに組み込んだ。宿は名古屋と豊橋の中間に位置する蒲郡温泉「ホテル竹島」を予約した。

快晴の中6時に自宅を出発。東名高速を西へ、豊田JCTから伊勢自動車道へ入り、名港中央ICで下りて一般道へ。後ほど訪れる「リニア鉄道館」を右手に見て20分も北上すれば「名古屋港水族館」に到着だ。所要3時間、2度の休憩を挟んでだからなかなか良いペースで走ることが出来た。
イルカのショーがメインの北館と、水槽での展示がメインの南館とで構成されるため、地元の小さな水族館しか知らないチビは、あまりの建物の大きさにいきなりハイテンションに。北館のゲートの正面がショーに使う巨大プールの水槽になっていて、愛嬌たっぷりのイルカと右手の水槽ではシャチがお出迎えしてくれる。1番人気のベルーガ(白イルカ)は、何でも数時間前に出産したということで、展示はマジックミラー越し。まったく見えなかった。
イルカのショーを見るために3階のステージに上がった。大きなスタンドは5~600名は収容出来そうで、8年ぶりの訪問でも設備の手入れは良く行き届いていた。あまりの暑さにカキ氷を買ったものの、その溶ける速さは半端ではない。こめかみの痛さにビクビクしながら掻き込んだら、体温が下がって海風の心地よいこと。
ショーが始まるとスタンドは満席。よく訓練された8頭のイルカたちが、「どうだ、見てくれ」と言わんばかりにプールを飛び回る。前列のお客にはシャワーのプレゼントをしたり、ステージに上がって愛嬌を振りまいたり、スタンド中を笑いに包んで30分のショーはあっという間に終わってしまった。子供たちには最高のイベントだっただろう。

次は南館。こちらは「南極」「熱帯」「深海」といったさまざまな地域に生息する生き物を、大小織り交ぜた数多くの水槽で展示している。広々とした北館と違い、南館は通路が少し狭くエリアによっては薄暗いために、人の流れがスムーズにいかない。ベビーカーも多くて、何度もぶつかってしまったほど。
小さいサカナには関心を示さなかったチビも、タカアシガニやエイ、ゾウガメはガン見していた。それにしても、どの水槽もキレイでピカピカだ。水の浄化とガラスの手入れには、相当力を入れているように感じた。最後に磯遊びが出来るエリアがあり、ヒトデやウニを触ることが出来る。夏休みだからか2名のボランティアがついて、親切に扱い方や特長を子供たちにレクチャーしていた。
昼食を済ませて、次はオヤジもワクワクの「リニア鉄道館」へ。JR東日本の「鉄道博物館」を意識しているかはどうかはわからないが、昨年の3月にオープンしてから多くの来場者で賑わっているという。14時を少し回ってからの到着だったせいか、チケットを購入するフロアーはガラガラ。国内最大のSL「C62」、新幹線試作車「300X」らが鎮座するエントランスも人影はまばら。歴代新幹線が並ぶメインフロアーで、ようやく子供たちの元気な声が耳に飛び込んできた。1階は大正~昭和を走り抜いた新幹線や特急、機関車が整然と展示されている。「佐久間レイルパーク」から引っ越してきた車両も、メンテナンスが施されてピカピカだった。
このホールの右手には、もうひとつのウリである運転台シミュレーターやHOゲージの巨大ジオラマがある。シミュレーターは抽選で、かなりの競争率だ。ジオラマは「鉄道博物館」よりひとまわり小ぶり。目線が若干高めなので、おチビさんたちは抱っこをしてもらわないと全体を見ることは出来ない。ただ、ひとたび運転が始まると大人も子供も釘付けで、JR名古屋駅を中心としたレイアウトにJR東海の車両が走り、24時間を演出するライティングも絶妙だ。気になったのは、右隅に東京スカイツリーと東京タワー、レインボーブリッジといった東京の景色が点在したこと。無理して入れることもなかったという気もするが・・・。
入館当初は元気だったかみさんとチビも次第に飽きてきたようで、ぱったりと口数が減った。時計を見れば16時半。まだまだ見ていたかったオヤジだけ後ろ髪を引かれる思いで、シブシブ土産を買って蒲郡へ向かうことにした。

再び伊勢自動車道と東名を使ったが、下り線の大渋滞を尻目に、およそ50分で「ホテル竹島」に到着。全室オーシャンビューで、三河湾が一望出来る。今回は「夏のバイキングプラン」を予約し、家族3人でも3万円ちょっと。子供にはアイスクリームの無料券と花火、大人には夕食時には生ビール(中ジョッキ)がプレゼントされた。しかも21時に宿泊客が大広間に集まり、ビンゴ大会を開催。70名ほどが参加する盛況ぶりで、20名まで商品がもらえる中に、チビがちゃっかりと入っておもちゃをゲット。風呂上りにアイスも食べてご満悦だった。
新しいホテルではなかったが、きれいでバイキングも美味しかった。この料金ならもう一度泊まっても良いかな。

2日目も快晴。外へ出た途端あまりの暑さに軽い眩暈を覚えた。昨日は屋内で過ごす時間がほとんどだったが、今日は9割方屋外。熱中症に気をつけなくては。
出発が9時だったことで道路は渋滞ナシ。豊橋港を横目に約50分で「のんほいパーク」に到着した。正式名称は「豊橋市立動植物公園」で、動物園・植物園・遊園地・自然史博物館の4ゾーンから構成され、全国的にも珍しい動植物公園でもある。 因みに、「のん」と「ほい」は東三河地方の方言で、「ねえ、ちょっと」という意味なんだそうだ。
昨年夏に初めて訪れ、自然史博物館に展示してあった多くの恐竜の骨格標本に心酔してしまったチビ。今回も1番に訪れて真剣に見て回っていた。エアコンが効いているので、親はしばしの休息。外は36度だもの・・・。

平日で園内はガラガラ。昨年も平日だったが、もう少し人がいたような気がする。遊具は休止しているものもあるし、ゴーカートは係員が整備をしていたりと、遊園地のイメージは微塵もない。反面、動物はゆっくり見られるし、レストランにしても売店にしてもすぐに用を足せるのが助かる。特にこの暑さでは重要なポイントだ。
グッタリの動物たちをダラダラと見ていたらすでに16時半。着替えをしてエアコンの効いた車内に入ると、お約束のごとくかみさんとチビはすぐに睡魔の餌食に。今日もよく遊んだなぁ。

帰りは東名三ケ日ICを一旦逆方向へ向かい、三ケ日JCTから新東名へ入った。県内に住んでいながらこんな機会でもないと通行することがないので、最初から計画に織り込み済みだ。さすがに開通間もないと揺れもなく滑るように進むので、気がつくととんでもなく速度に達している時があった。カーブの曲線を緩くしてある代わりにトンネルが多いが、LEDを使用しているのでとにかく明るいのだ。これほど快適なのだから後席の2人が目を醒ます訳も無く、「NEOPASA静岡」までノンストップ。次の「NEOPASA駿河湾沼津」で夕食をとり、20時に自宅に到着した。2日間の走行距離は540km。インプレッサが運転しやすいためか疲れはほとんど無かったし、またすぐにでも遠出をしたい気持ちになった。チビは千葉・幕張メッセで開催中の「大恐竜展」に行きたいと言ってるし、かみさんは川崎の「コストコ」で買い物したいそうだし・・・。さてさて、どうなることやら。

1208149.jpg  1208141.jpg  1208142.jpg

1208145.jpg  1208143.jpg  1208144.jpg

1208146.jpg  1208147.jpg  1208148.jpg

12081410.jpg
 


  





GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。