地元コミュニティーFM局が・・・

つまらない。
以前は自身がレギュラーに起用していただいたこともあれば、ある番組で鉄道をテーマにしたコーナーを担当させていただいたこともあった。番組に手作り感があって、例えると学校の放送部と民放FM局の中間のような存在だった。決して敷居が高い訳ではなく、それだけにパーソナリティーが身近な存在で、オマケに小回りが利く、「コミュニティー」のメリットを目いっぱい生かしていたFM局だった。

ただ、ここ1~2年の様子がどうもおかしい。いつの間にかパーソナリティーの名前が聞かれなくなり、そして番組も長く続かない。内容もパッとしない。「地域にぴたっと」というキャッチフレーズの真意を問いたくなるぐらい、パーソナリティーとリスナーの距離が離れてしまった。これは「コミュニティー」にとっては致命的のように思うが、局側はそれに気付いているのだろうか。

人が辞めていくのは、会社の最高責任者の方針に同調出来ない、信用してもらえない、扱い方が不公平・・・という理由が多い。コミュニティーとて企業であるから、営利優先で業務を展開するのは決して悪いことではない。ただ、それが必要以上に人件費を圧迫したり、やる気を殺いでしまうことになれば、自身の可能性を生かすために新たな職場を求めることになる。実際他局のコミュニティーに移って番組を担当しているパーソナリティーもいるし、つい最近では最も戦力となる中堅営業マンが退職してしまった。

自身も聴きたいと思える番組がずいぶんと減った。お世話になったパーソナリティーとはたまにメールを交換しているが、首の皮一枚でその距離を繋いでいるとしたら、それはパーソナリティーの人柄のように思う。伝えることをしっかりと伝え、且つリスナーとコミュニケーションを図ることが出来る人の番組は、忙しい時でも何とか聴きたいと思うものだ。リスナーとの窓口を大切にするパーソナリティーを支持したくなるのは当然の成り行きだ。

昨年の「東日本大震災」では、情報提供に地元コミュニティーFM局が大活躍したという。「○○町の△△さんが、□□避難所におります」「本日自衛隊のお風呂サービスがあります」、こんな情報は民放FM局では流れない。スタッフが瓦礫の中を走り回って様々な情報を集め、新鮮なうちにそれを電波に乗せる。被災者にとっては有難い存在だったに違いない。もちろん現在も地域のために東奔西走しているという。
静岡県を大地震が襲うと言われて久しいが、万が一の時にこの局は同じ対応が出来るだろうか。そういう時こそ「コミュニティー」としての真価が問われるが、ここのところの状況から推察すると、何一つ満足に事を運べない姿が容易に想像出来てしまうのだ。

このコミュニティーFM局、いったいどこに向かっているのだろう。

スポンサーサイト

新車を買うことに

ブログもまる5年が経過しました。最近はサボリがちですが、遊びに来ていただいているみなさん、今年もよろしくお願い致します。
年末年始はドタバタ続きで1ヶ月更新が出来ず、あやうく広告が貼り付けられるところでした。この時期に来てようやく更新の体たらく・・・。

さて、いきなりですがクルマを買い換えることにしました。まだまだ先の話と思っていたんですが、トヨタから発売された「アクア」を見に行ったことから、今回の買い替えが話がスタートしました。実は昨年の「東京モーターショー」で、「アクア」をカスタマイズした2台が、関東自動車工業のブースに展示されているのを見て、「これはイケてる!」とビビッときた訳です。普段ハイブリッド車になんか気にも留めないくせに、特に写真のイエローがえらく気に入ってしまって・・・。

明けて5日に近くの「ネッツ」店へ出掛けました。かみさんのヴィッツはここで購入したので、セールスマン氏は当然かみさんの担当者。届いたばかりだという実車(オレンジ)を嘗め回すように見ましたが、何も付いてないと何だか弱々しい。そんな気もありませんでしたが、ぜひとも見積りを!と言われて作ってもらうことにしました。値引きの2万円は、まぁこんなもんだろうと納得でしたが、下取りの36万円にはイスから転げ落ちてしまうほどの衝撃でした。レガシィB4の最上級グレードで購入から7年目、走行距離は7万km、タイヤは昨年替えたばかり。せめて45万円ぐらいはと踏んでいたので、そんな価値しか残ってないのかとショックでした。で、何も付いていない「アクア」にあれこれ付けていったら・・・あらら、260万円を超えてしまったじゃないですか。しかも、今オーダーしても納車は5月中旬と告げられて、このクルマだったらハイブリッド車もありかななんて淡い夢が一気に崩壊です。

1201102 (1)

マイカーは今年6月が車検。定年まであと5年。ローンを組んだとしても、その間に返済を完了しなくてはなりません。「パワーのあるクルマ+4WD」が理想ですが、ハイブリッド車全盛の昨今、いずれそういうクルマは姿を消してしまうかもしれません。そう考えると今しかないのかな、そう思ってスバルへ足を運びました。対象車は「インプレッサWRX
STi A-Line type S」。最大出力300馬力、最大トルク35.7kg/m、4WDのハイスペック車です。時代に逆行している旗艦のような存在ですが、ターボと4WD車の味を知ってしまうと、もうFFやFRには戻れません。
見積りを作ってもらったところ、値引きと査定で62万円。値引き額は公表出来ませんが、正直ここまでいくとは思ってもいませんでした。あとはオプションと細かい詰めをして最終価格を出してもらい、我が家の財務大臣に諮って渋々OKが出ました。在庫があるので、納車は1月下旬とのことです。

昨年発売されたばかりの新型「インプレッサ」の商談があちこちのテーブルで行われている中、最終モデルの「WRX」の商談をしている自分が何となくおかしく感じました。振って沸いた新車購入の顛末でしたが、何を措いてもひたすらかみさんには感謝です。

1201102 (2)
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。